冬の胸元を彩るならPierre-Louis Mascia( ピエール ルイ マシア)のストールがおすすめ!

出典:Pierre-Louis Mascia( ピエール ルイ マシア) Facebook

Pocket
LINEで送る

冬のファッションはどうしても重めのカラーリングのものが多くなりますので、物悲しく感じてしまいますよね。逆に、派手なカラーリングのアイテムをコーディネートすると、浮いてしまうのでバランスが非常に難しいものです。そんな中で、小物でちょっとした彩りを与えるというテクニックが有効になりますよね。

そこでおすすめしたいのが、Pierre-Louis Mascia( ピエール ルイ マシア)のストールです。Pierre-Louis Mascia( ピエール ルイ マシア)は、イラストレーターとして活躍しているデザイナーのピエール=ルイ・マシア氏が立ち上げたブランドです。プリントスカーフを中心としたファッションアクセサリーを多く提供していて、イラストレーターらしい斬新かつビビッドな色使いなどが魅力となっています。

今回は、冬ファッションに彩りを与えてくれるPierre-Louis Mascia( ピエール ルイ マシア)のおしゃれなストールを紹介します。

アクセントを付けるのに最適!Pierre-Louis Mascia( ピエール ルイ マシア)のストールを紹介

様々なテイストを取り入れたストール!

様々なテイストを取り入れたストール!

出典:でらでら

Pierre-Louis Mascia( ピエール ルイ マシア)の特徴の一つに、様々なテイストをストールの中に盛り込んで構成するという点があります。一見するとごった煮のようになって何を表現したいのかがブレるように思えるのですが、絶妙なバランスによりおしゃれなアイテムに仕立てるのが得意なブランドです。その代表例として、このストールが挙げられます。

曼荼羅(マンダラ)をテーマとして、日本の伝統的な和紙の製紙もイメージしつつ、あらゆる国々の信仰や趣をイラストのようにカラフルに描いて構成しています。ブラウンとオレンジカラーをベースとして、差し込んだ色彩はダークトーンもあればビビットもあり、奥深いカラーリングに仕上がっているのが印象的です。幅が細長く、長さは2mもある細長いタイプですので、この例のように巻いて着用するのも良いですね。表面は薄手なシルクで、裏面では薄手のカシミアを使用して、肌触りも抜群です。

このコーディネートでは、冬っぽいグレーのロングコートを着用して、そこに彩りを与えるようにストールを巻いています。


ボーダー柄が印象的なシルクストール!

ボーダ柄が印象的なシルクストール!ボーダ柄が印象的なシルクストール!

出典:でらでら

このストールは、ボーダー柄をメインとしてデザインしています。ただのボーダーだけでなく、様々なカラーリングとボーダーの幅を微妙に変化させるなど、他とは違う雰囲気をひしひしと感じます。巻き方次第ではボーダーではなくストライプ柄に見せることができるなど、様々なテイストをこのストール一枚で楽しめるという点も評価できます。

デザイナーのピエール=ルイ・マシア氏は、幼少期の頃からコラージュ好きとして知られており、切ったり貼ったりして様々なものを組み合わせてこのストールをデザインしています。正しく、出来上がりもパッチワークをうまく取り入れてバランスが非常に良いストールになっているのが印象的ですね。レーヨンニットクロスを用いることで、シルクのなめらかさを兼ね備えつつも滑りにくくずっと形状をキープすることも可能となっています。

このコーディネートでは、ジャケットにさり気なく合わせていますが、決して派手さはなく彩りをプラスしているのが良いですね。

金箔の雰囲気もプリントで表現!

金箔の雰囲気もプリントで表現!

出典:farfetch

Pierre-Louis Mascia( ピエール ルイ マシア)では、様々な柄などをプリントで表現することが得意なブランドです。例えば、一見するとデコボコして見えるデザインでも、実はプリントなので触ってみてもスルッとしているという事が多々あります。そのプリント技術の高さが垣間見えるアイテムとして、このストールがあります。

コラージュされている5種類以上のパターンを見ると、花柄や敷物を連想させる模様があったり、エスニックテイストもあり、リバティっぽさも混在しています。更に注目は、金箔を貼り付けた和柄を連想させるデザインもありますが、これもプリントによって表現しているのには驚きですよね!シルクのツルっした質感で、微光沢を帯びていますので、見ていてもゴージャス感を与えることができます。カシミアニットを混合することにより、ほのかな温もりを兼ね備えているのも良いですね。

このコーディネートでは、全身をモノトーンで統一させた中で、ゴージャス感を与えるように柄をしっかりと見せてストールを巻いているのが印象的です。

落ち着いたカラーリングも得意!

落ち着いたカラーリングも得意!落ち着いたカラーリングも得意!

出典:でらでら

Pierre-Louis Mascia( ピエール ルイ マシア)のストールは、派手さが先行しているイメージがありますが、実際には落ち着いたデザインのものもあり、非常にバランスが取れている印象があります。落ち着いたアイテムの代表例がこちらで、Athleisure(アスリージャー)をテーマとしてデザインされています。Athleisure(アスリージャー)とは、Athletic(アスレチック)とLeisure(リージャー)を組み合わせた造語で、スタイリッシュなアスレチックウェアをイメージしてデザインしています。

グレーとライトベージュをメインとして、格式高い英国チェックをモチーフとした柄を採用しています。ウールやフランネルなどの生地で見られる、毛羽立ちや布地の奥行をプリントで表現しているのには驚きですね!遊牧民やシャーマンなどのエスニック部分を適度に取り入れて、オリエンタルな雰囲気が良いですよね。

このコーディネートでは、MACKINTOSH(マッキントッシュ)のピーコートの首元にさり気なく巻いていますが、全体のイメージを崩すことなく大人っぽさをアピールできています。
(MACKINTOSHの詳しい解説はこちら)


ネクタイのような質感が印象的!

ネクタイのような質感が印象的!ネクタイのような質感が印象的!

出典:BEAMS

このストールは、まるでネクタイのような柄が印象的なアイテムとなっています。シルクの上品さを全面に押し出していて、ラグジュアリー感ある光沢がインパクト大ですね。全体的には落ち着いたカラーリングを用いていますが、明るめのカラーリングも混在していて巻き方次第で様々なテイストのファッションで使えそうです。

ドレープシルエットをうまく引き出せるアイテムでもあり、これを実現しているのも良質な素材とエレガントなグラフィックデザインによるところが大きいですね。巻き方としても、このコーディネートのようにコートの中に入れて首元でネクタイのように巻いて、裾をコートの外に出して着用するとオシャレ度がアップしますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?Pierre-Louis Mascia( ピエール ルイ マシア)のストールは、様々なテイストをバランスよく混在させていますので、巻き方次第でオンでもオフでも使用できるものが多いのが嬉しいですよね。防寒性の高さもありますので、この冬のお供としてぜひ取り入れてみませんか?

Pocket
LINEで送る