冬コートの準備は秋のうちに!冬向けコート着こなし特集!!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

まだ冬は先と高をくくっていると、あっという間に季節が進行して冬の寒さが訪れるものです。よって、今のうちからしっかりと準備をしておき、いざ寒くなっても対応しているかが重要です。冬は特にアウターを重視しなければならず、コートの準備は欠かさず行いましょう!もしどんなコートを選べばよいか、またコートを新調したいと考えている方にとっては、最新トレンドをしっかりと押さえておきたいものです。

今シーズンも、昨今ブームとなっているトレンチコートが流行すると見られていて、各ブランドから多くのアイテムがラインナップしています。他にも、モッズコートのようなミリタリーテイストを感じさせるコートもおすすめで、暖かさもあるので重宝すること間違いありません。ただアイテムのデザインだけでなく、カラーリングも意識して選ぶことも重要ですよね。

そこで今回は、今シーズン流行しそうなコートと、その着こなしテクニックを厳選して紹介します!

今年の冬はこんなコートを着こなそう!おすすめコーディネート

定番のピーコートにマフラーを華麗に合わせる!

定番のピーコートにマフラーを華麗に合わせる!

出典:でらでら

コートの中でも定番のデザインと言えば、ピーコートがあります。重厚感があって、きちっとしている感じが最高ですし、どんなスタイルにもバッチリハマるというのも良いですよね。学生から大人の男性まで、幅広い年代に愛されているピーコートですが、若干首元が寂しくなりがちですので、このコーディネートではマフラーを巻いてカジュアルさを引き出しつつ、首元をフォローしています。あえてPierre-Louis Mascia(ピエール・ルイ・マシア)の派手めなチェックのマフラーをチョイスしているのがミソですね。
(Pierre-Louis Masciaの詳しい解説はこちら)

このMACKINTOSH(マッキントッシュ)のピーコートは、ジャケットと同じ丈となっているので、更にどんなスタイルにも合わせやすく工夫しています。スタイリッシュに見えるので、細めのパンツなどとコーディネートするのも良いですね。通常、ピーコートは分厚めのメルトンウール地を使用することが多いのですが、このアイテムは軽いウールクロスで仕立てていて、軽さも上手く演出しています。
(MACKINTOSHの詳しい解説はこちら)

このコーディネートでは、JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)のコーデュロイパンツを合わせることで、ピーコートと合わせてスリムで軽やかな印象も与えています。
(JACOB COHENの詳しい解説はこちら)


美しいコートはただ羽織るだけでもおしゃれ!

定番のピーコートにマフラーを華麗に合わせる!定番のピーコートにマフラーを華麗に合わせる!

出典:でらでら

仕立てがよく綺麗なフォルムのコートの場合、下手な小細工をせずただスーツの上から着用するだけでも非常にかっこいいですよね!このコーディネートでは、MACKINTOSH(マッキントッシュ)のロロピアーナ社製のウール生地を使用したラグジュアリーなコートをチョイスしています。Iラインでスタイリッシュなデザインが秀逸で、さまになっていますよね。

真冬にボタンも留めずに着用するのは寒くて無理!と思うかもしれませんが、このコートではSTORM STYSTEM(ストームシステム)というものを採用しています。裏側に透湿と防風機能を備えたシート状の樹脂を貼り付けています。更に表地表面にレインシステムと呼んでいる独自の撥水加工が施されることで、どんなコンディションでも耐えることができる機能性の高さが魅力的です。チンストラップも付いているので、もちろん絞って着用することも可能です。

このコーディネートでは、ラグジュアリーでありながらナチュラルさを内包させるのが得意なLuigi Bianchi Mantova(ルイジ・ビアンキ・マントヴァ)のスーツを着用しているというのも、より優雅な印象を与えることに寄与していますね。

明るめのチェスターコートとダークトーンとでモダンな印象を!

明るめのチェスターコートとダークトーンとでモダンな印象を!

出典:でらでら

流行しているチェスターコートは、カラーリング的には明るめのものの方が人気となっています。これは、冬場はダークトーンなアイテムが多いので、重くなりすぎないように明るめのアウターを着用するとバランスが上手く取れてよりモダンなスタイルを実践できるためです。このコーディネートでも、 HUGO BOSS(ヒューゴボス)のキャメルベージュのチェスターコートに、インナーはダークトーンなアイテムで統一して、モダンに見せることに成功しています。
(HUGO BOSSの詳しい解説はこちら)

このコートの最大の特徴は、スーツの上から着用できる余裕のあるサイズ感ながら、スマートに見せることができる点です。膝上丈のミドルロングなサイズ感が絶妙で、綺麗なIラインを出していますね。厳選されたカシミアと軽くて暖かなメルトンクロスを使用しているので、見た目も美しいだけでなく肌触りという面でも最高です!

あえてサイズアップしたものをチョイスして、スポーティーな着こなしをするのも良いですし、ビジネスシーンだけでなくオフスタイルでも活用したくなる魅力あるコートです。

クラシカルとモダンさをミックス!

クラシカルとモダンさをミックス!クラシカルとモダンさをミックス!

出典:でらでら

このコーディネートでは、PT01(ピーティーゼロウーノ)のチェック柄のパンツとPREDIBINO(プレディビーノ)のレザーシューズで英国的なクラシカルさを印象つけつつも、HERNO(ヘルノ)の綿ライナーを配した個性的なコートを合わせています。これにより、過度に堅苦しくなりすぎずに、かつビジネスシーンでも使用できるバランスの取れたモダンなスタイルを実践できています。
(PT01の詳しい解説はこちら)
(PREDIBINOの詳しい解説はこちら)
(HERNOの詳しい解説はこちら)

HERNO(ヘルノ)のメルトンウールをメインに仕立てたロングコートですが、裏面にびっしりと中綿キルティングを使用しており、まるでダウンベストを着用しているかのような不思議なデザインとなっています。これが、単に奇抜というわけではなく、上手くカジュアルさを演出しており、ハイセンスな逸品となっています。シーンに応じて中綿キルティング部分は取り外しができる2way仕様と言うのも良いですね。抜群の暖かさを誇っており、真冬の外出もこのコートなら楽しくなることでしょう!


トレンチコートとチェックパンツのコンビネーション!

トレンチコートとチェックパンツのコンビネーション!

出典:zozo

最後に紹介したいのが、大きめなトレンチコートを羽織るように着用して、ボトムスには明るめのチェックパンツをコーディネートしているこのスタイルです。更に、ソックスにさり気なく明るめのものをチョイスして、明るさをアピールしているのがユニークですよね。また、トレンチコート自体に光沢があって、他にはない魅力を感じさせます。

このコートはUNITED TOKYOのアイテムですが、高密度に糸を打ち込んだギャバジンを使用しており、表素材は高級感のあるハイカウントギャバジンと透湿防風フィルムを重ねてデザインしています。通常、この加工を行うとシワが付きやすいという弱点がありますが、ソフトな風合いに仕上がっており、シワにもなり難くいのが良いですね。独特なベージュを基本としたチェックも印象に残ります。

最後に

いかがでしたでしょうか?今シーズンのコートのトレンドとしては、ヒップがちょうど隠れるレベルのサイズのものが多く見られますね。また、ベージュ系の明るめのカラーリングもおすすめであり、ボトムスなどに重厚なものをチョイスして、上手くバランスを取ってコーディネートすると、よりおしゃれに見せることができますよ!

Pocket
LINEで送る