ファッションのプロも愛する美シルエットボトムスのSOLIDO(ソリード)特集!

出典:STRADA EST

Pocket
LINEで送る

昔から、ボトムスのシルエットに拘りを見せているブランドはありましたが、特にここ数年で様々なシルエットが誕生したイメージがあります。例えば、テーパードシルエットのボトムスが登場して以降、ただ履いているだけでもスタイルをよく見せる事ができるものが増えています。これも、新しい素材を取り入れたり裁縫技術の向上が要因となって、年々進化を遂げているのです。

そんなシルエットに拘ったボトムスを多く手がけているブランドとして、SOLIDO(ソリード)がありますよね。イタリアと日本とのコラボレーションにより誕生したボトムス専門のブランドとして有名で、ヨーロッパの素材や染色、紡績技術を活用し、大量生産ではなしえない加工や技術が惜しみなく注入されているボトムスは美シルエットボトムスとして人気を博しています。日本人の体型を強く意識して、履きやすいボトムスが多いというのも魅力的ですね!

そこで、ファッショニスタも愛用しているブランドであるSOLIDO(ソリード)の、かっこいいボトムスを余すところなく紹介していきます!

日本人にマッチしやすいボトムスが魅力的!SOLIDO(ソリード)のボトムスに注目

ゴムウエストとリブ裾のコンビネーションが最高!

ゴムウエストとリブ裾のコンビネーションが最高!出典:でらでら

SOLIDO(ソリード)と言えば、ジャージー素材で履きやすいボトムスが多い印象です。更に、その中でも美シルエットを作り出しているのですから、すごいの一言ですね!このボトムスは、ゴムウエストとリブ裾を組み合わせて、更に鹿の子によりスポーティーさを強調しているアイテムとしておすすめです。

素材にポリエステルをミックスさせているので、ストレッチ性が高いのが魅力的です。屈伸してもきつさを感じさせないのは良いですね。厚めの素材により、真冬でも快適に過ごすことができるようなデザインであるのも嬉しいですね。素材としてはスポーティーなものを中心に構成していますが、デザインとしてはスラックスと同様のスラントポケットを配し、ジップ式のサブポケットを付けることで利便性をアップさせています。

このコーディネートでは、姉妹ブランドである TATRAS(タトラス)のダウンジャケットを着込んで、真冬の過酷な環境でも快適さを手に入れることができるスタイルとなっていますね。ダウンジャケット自体のボリューム感はあまりありませんし、ボトムスでスッキリした印象を強調して、上手くラグスポスタイルを実践できています。
(TATRASの詳しい解説はこちら)


独特な質感が魅力的!

独特な質感が魅力的!独特な質感が魅力的!独特な質感が魅力的!出典:でらでら

このアイテムでは、張り感が強く独特な質感が印象に残りますよね。ジャージ素材には到底見えない、複雑性のある織りクロスで仕立てているのが特徴的ですが、SOLIDO(ソリード)ではこのアイテムに中空ナイロンストレッチと命名しています。秋冬向けに厚手タイプの素材を採用していますが、通気性のよさを確保しているので、厚手であることによる蒸れも軽減しています。細やかな凸凹が確認でき、上品な光沢が素晴らしいですね。

ドローコードが付属しているので、ベルトフリーで気軽に履くことができますし、ベルトを装着して履いてもおしゃれに見せることができます。アイコンとなっているDリングや右側のジップポケットなど、SOLIDO(ソリード)らしい個性的なテイストを入れているのも良いですね。

このコーディネートでは、トップスに同素材で仕立てられたジャケットを着て、セットアップスタイルとなっていますね。そのインナーにJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のウールニットを着込んで、上手くカラーバランスを取ると共に暖かさを確保しています。
(JOHN SMEDLEYの詳しい解説はこちら)

適度なカジュアルさが良い!

適度なカジュアルさが良い!出典:でらでら

細めのボトムスを履くのには抵抗がある…という方は、結構多いですよね。特に脚のラインが露出するようなスキニータイプのボトムスは、好き嫌いがはっきりと分かれるものですが、SOLIDO (ソリード)の場合はそんな苦手意識を解消するような絶妙なサイズ感を採用したものが多く、好評を博しています。その代表例として、このスウェットクロスである事が一目瞭然なスリムテーパードラインのボトムスがあります。

テーパードシルエットにより、まるで逆三角形を描いているようなシルエットがとてもかっこよく見えます。ウエストと裾には厚手で柔らかなリブを採用しているので、履きやすさと同時にスポーティーなイメージもアピールしています。霜降りが入っているかのようなチャコールグレーのカラーリングも絶妙ですよね!

このコーディネートでは、MONOBI(モノビ)の艶消しナイロンとメルトンウールをミックスしたハイテクなダウンジャケットと合わせていますが、違和感なくマッチングしているあたりに、このボトムスの持つ許容力の高さが伺えますね。
(MONOBIの詳しい解説はこちら)

ストライプ柄ジャージパンツでカジュアルさもアップ!

ストライプ柄ジャージパンツでカジュアルさもアップ!ストライプ柄ジャージパンツでカジュアルさもアップ!出典:でらでら

SOLIDO(ソリード)では様々な素材を取り入れて、常に進化している印象があります。このCOLTELLO(コルテロ)というモデルにおいても、ウールジャガードを取り入れてまた新しい可能性にチャレンジしています。まるでニットのような雰囲気がありますし、縦縞があるので視覚効果により細身を更にホッソリと見せる事が可能です。素材の持つキックバック性も魅力的で、歩きやすい点も評価できますし、皺に強いので日々の手入れも簡単です。

デザインのベースはスラックスを採用しているので、ジャケットとの相性が良い点も魅力的です。テーパードのかかり方も絶妙で、履きやすさをキープしています。何より、過度にスポーティーになり過ぎていないので、幅広いジャンルのアイテムとコーディネートでき、ヘビーローテーションしたくなる魅力を感じさせてくれます。

このコーディネートでは、 TATRAS(タトラス)のダウンジャケットと合わせて、ラグスポを実践していますね。また、シャツなどと合わせてビジネスシーンでも是非活用してほしいアイテムでもあります。


スキニーパンツもお手の物!

スキニーパンツもお手の物!出典:jedia

スキニーパンツをSOLIDO(ソリード)が手がけると、こんなにおしゃれに見せることができるという典型例が、このアイテムからも感じられます。これだけ細身であっても履きやすいのは、コットン×ポリエステルをデニムのように編んでいるデニットという手法を採用しているためです。見た目はデニムパンツそのものですが、高いストレッチを誇っているので、実に履きやすいボトムスに仕上がっています。

ヒザから裾に向けての極細テーパードラインを採用して、腰回りには適度なゆとりがあるのでとても履きやすいのが特徴です。このコーディネートでは、EMMETI(エンメティ)のライダースジャケットを合わせていますが、レザーとコーディネートしても違和感なく適合できているのがすごいですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回紹介したSOLIDO(ソリード)のどのアイテムからも、美シルエットで履きやすさを感じることが出来ますよね。これは、製法技術だけでなく素材選びが秀逸である証拠です。SOLIDO(ソリード)のボトムスをチョイスして、冬のファッションにも軽やかさをもたらしましょう!

Pocket
LINEで送る