冬のスタイルはYラインで決まり!膨れがちなトップスを活かしたスタイルを確立しよう!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

どの季節でも、シルエットに重きを置いてコーディネートを構築していますよね!アイテム自身がおしゃれでかっこよくても、トータルバランスが悪いとせっかくおしゃれな雰囲気があっても台無しになってしまいます。他にも、細身のシルエットがスマートに見えたり、ブカブカなシルエットだとだらしなく見えたりするので、シルエットにもしっかりと意識しておくことが重要です。

シルエットという観点では、冬が特に寒さを凌ぐために厚手のトップスを着込んだりと、上半身のシルエットが着ぶくれしてシルエットが崩れることが多々あります。そんなときに意識すべきシルエットが「Yライン」です。YラインはY字のように、上半身が大きく下半身がスマートなシルエットのことを指します。冬のファッションの基本的なシルエットとも言えますが、基礎を抑えておかないとダサさを強調してしまいます!

そこで、今回はYラインシルエットで美しく見せるコーディネートテクニックを紹介します。おすすめのアイテムについも合わせて紹介しますので、最新トレンドをこの記事でチェックできますよ!

冬ファッションはYシルエットを意識!こんなテクニックがある

ダウンジャケットを羽織るようにしてシルエットを強くアピール!

ダウンジャケットを羽織るようにしてシルエットを強くアピール!

出典:でらでら

最も手軽にYラインを出すことができるテクニックとしては、ボリュームのあるコートを羽織るようにして着用する方法があります。たとえそのコート自体が細身であっても、ボタンを留めないことで幅広さをアピールすることができ、ボトムスとのギャップで綺麗なラインを出すことができます。その点で、このコーディネートのようにダウンジャケットをコーディネートするのが有効的です。

このダウンジャケットは、MONCLER(モンクレール)のアイテムです。アウトドアをイメージしつつ、時代とシーンを限定しない定番モデルですので、持っておくと絶対に便利ですよね!ベースはアルピニストのために開発されたものをタウンユースに改良していますので、抜群の保温性を確保しながら、若干細身に仕立てています。それでも、ダウンジャケットらしいボリューム感はしっかりと感じさせてくれます。
(MONCLERの詳しい解説はこちら)

その存在感抜群なダウンジャケットに対し、JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)のローライズのスリムシルエットデニムパンツを合わせて、綺麗なラインを形成しています。この、ボリュームがあるアウターとスリムなボトムスのセットが基本となりますので、要チェックです!
(JACOB COHENの詳しい解説はこちら)


ちょっとしたお出かけに最適なパーカー中心のスタイル!

ちょっとしたお出かけに最適なパーカー中心のスタイル!

出典:でらでら

秋冬ファッションに欠かせないアイテムとして、パーカーがありますよね。スポーツミックススタイルでも重要視されているものですが、実はYラインを形成するにも有効的なアイテムとしておすすめです。この例でも、STONE ISLAND(ストーンアイランド)のホワイトのパーカーをメインとしたコーディネートを実践して、シンプルながらも上手くラインを形成しています。
(STONE ISLANDの詳しい解説はこちら)

このパーカーの特徴としては、柔らかく加工されたコットンスウェット生地を使用している点があります。これにより、独特なフードの厚みやボリューム感を作り出しています。要所はスリムに仕立てていつつも、ポケットが大型で収納力が大きく、ものを収納するとまた違ったシルエットを見せることができますよ。実用性が高いという点も魅力的ですね!

このコーディネートでは、 CIRCOLO 1901(チルコロ1901)のジャージーシリーズのパンツを合わせています。スウェット素材で実に動きやすく、それでいてスリムなのでボリュームのあるトップスとも上手く合わせることができます。
(CIRCOLO 1901の詳しい解説はこちら)

ライダースジャケットもおすすめ!

ライダースジャケットもおすすめ!

出典:wear

特にバイカースタイルを好んでいる方にとっておすすめなアイテムとして、ライダースジャケットがあります。レザーの質感が実にかっこよく、それでいてちょいワル感を演出できますので、きれい目なファッションに飽きた方には絶対におすすめしたいアイテムです。ボリューム感を出すにも最適なものであり、このコーディネートのようにベルトなどを締めずに着用するのも良いですね。

このコーディネートでは、NOISE MAKER(ノイズメーカー)のライダースジャケットを着用しています。メイドインジャパンに強いこだわりのあるブランドで、縫製は世界中の有名ビックメゾンから熱い視線を集めている日本国内トップクラスの革工房が担当しています。背中にはアクションプリーツを入れているので、非常に着心地が良く窮屈感が軽減されています。

そこに、DIET BUTCHER SLIM SKINのウール2タックテーパードパンツを合わせています。テーパードシルエットのパンツもYラインを形成するには最適なアイテムですし、このパンツは更に強めのテーパードがかかっていますので、ライダースジャケットのボリューム感を上手く抑えていますね。

パーカーとステンカラーコートのコンビネーションでボリューム感を!

パーカーとステンカラーコートのコンビネーションでボリューム感を!

出典:wear

トップスでボリューム感を出す方法としては、厚手のアウターを一つ着用する方法もあれば、2つのアイテムをミックスする方法もあります。このコーディネートでは、後者を選択してボリューム感のあるBOYCOTTのパーカーの上にGGDのステンカラーコートをレイヤードするように着用して、ボリューム感を引き立てています。

ステンカラーコートですが、着丈は短めでスタイリッシュさもアピールすることができていますね。そこにSTUDIOUSのストレッチスキニーパンツをコーディネートしています。スキニーパンツは足のラインが顕になって抵抗があるという方も多いですが、上手くバランスを保ってデザインされているので、窮屈さもなくすんなり履くことが可能です。

シューズにもコンバースの オールスターハイカットをチョイスして、足元を綺麗に見せることができています。トータルバランスとして、上手くYラインを形成できていますね。


ビッグサイズシルエットで手軽にYラインを!

ビッグサイズシルエットで手軽にYラインを!

出典:wear

最後に紹介するのは、最も手軽にYラインを形成したい時におすすめしたいアウターである、ビッグサイズシルエットのアイテムです。ビッグサイズシルエットはここ数シーズン流行しているものであり、ワンサイズ以上着丈が長いアイテムを使用するテクニックです。このコーディネートでは、BershkaのMA-1をメインとしています。

今シーズンも流行しているミリタリーテイストのアイテムであり、膝丈まであるサイズ感が絶妙ですし、全体的なシルエットはスッキリして見せることができます。そこにブラックのスウェットパンツを合わせていますが、ブラック系のカラーリングは実物よりも細めに見せることができるので、Yラインを作り出す時にはボトムスにチョイスするのも良いですよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?シルエットを作り出すのは実に難しいイメージがありますが、今回紹介したテクニックを駆使すれば、意外と簡単にできるものです。今所有しているアイテム同士での組み合わせも実践できますので、ぜひ明日から早速Yラインをチャレンジしてみませんか?

Pocket
LINEで送る