冬ファッションの準備は秋にスタート!!スヌード&マフラーコーデ特集

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

寒い日を暖かく過ごすために重要なアイテムとして、スヌードやマフラーがありますよね。首に何かを巻いているだけで、体感温度が全く違ってくるので、寒さしのぎに最適ですしファッション性も高いのでちょっとしたアクセントを付けるのにはとても便利なアイテムです。誰でも絶対に身に着けるアイテムではなく、人によっては一生縁のないままの可能性もあります。ただ、ファッショニスタなら是非ともコーディネートに取り入れたいですよね!

スヌードやマフラーにもトレンドがあり、そのシーズンにマッチしたアイテムをチョイスすることが重要です。例えば、カラーリングだけでなくサイズ感や素材にも微妙に違いがあり、トレンドの流れを掴むことが重要です。また、自分が巻いていて如何にフィットするかも考えつつ選ばないと、せっかく購入しても無駄になってしまいます。

そこで今回は、冬ファッションの準備をする上でこだわりたい、スヌードやマフラーのおすすめアイテムと共に、コーディネートテクニックも合わせて紹介します。

スヌーズやマフラーで冬ファッションをワンランクアップさせよう!

ビジネスシーンの本命マフラー!

ビジネスシーンの本命マフラー!

出典:でらでら

ビジネスシーンでもマフラーは必須なアイテムですよね。特に、営業職などの外回りをする仕事をされている場合、外出してなんぼですので寒い日でも暖かくおしゃれに着飾って良い仕事をとってきたいものです。そんなできるビジネスマンを演出できるマフラーが、こちらのHUGO BOSS(ヒューゴボス)のマフラーです。
(HUGO BOSSの詳しい解説はこちら)

25cmの細幅であり、マフラーとしては細身でありマフラータオルをイメージしたサイズ感となっています。メインカラーはブラックでそこにチャコールグレーを混ぜていて、ニットのイメージを強調しています。ボーダーラインが秀逸で、単色のマフラーにはないカジュアルさも見られます!ウール100%クロスは、フカフカと厚みがあり首元をしっかりと暖めてくれます。

このコーディネートでは、同じくHUGO BOSS(ヒューゴボス)のチェスターコートの中に入れて使用しています。あえてスポーティーなデザインとなっていて、ハズシの要素がともてかっこよく見えます。


コートの外から出してもかっこいい!

コートの外から出してもかっこいい!

出典:でらでら

先程のコーディネートはコートの中に収納して、首元だけ見せている巻き方を実践していましたが、この例のようにシンプルに巻くのもおしゃれです。このマフラーはDAKS(ダックス)というイギリスのブランドのアイテムですが、クラシカルなデザインが印象的です。DAKS(ダックス)はすでに1900年前後には世界市場にアイテムを提供しているブランドであり、日本でもコストパフォーマンスの高いアイテムが多く手に入ります。それでありながら、3つのロイヤルワラントを獲得しているのですから驚きですね!

このアイテムを一言で表現すると、シンプルの一言に尽きます。コートとの相性も抜群で、全く邪魔することなくすんなりと適合しています。サイズ感も手頃で、様々な巻き方を実践できるのも魅力で、持っていると使いまわしが効くので便利です。ふわふわのウール素材により、保温性も高く真冬でも大活躍間違いありません!

スカートのようにジャケットの裾から見せる高等テクニック!

スカートのようにジャケットの裾から見せる高等テクニック!

出典:でらでら

様々なマフラーやスヌードの巻き方がありますが、このマフラーのコーディネート方法はとてもめずらしいですが、個性的でかっこいいですよね!まるで女性のスカートのようにひらひらとマフラーが見えるのが特徴的ですが、その個性的な巻き方を上手く引き出しているのがPierre-Louis Mascia(ピエール・ルイ・マシア)のストールです。
(Pierre-Louis Masciaの詳しい解説はこちら)

今シーズンのPierre-Louis Mascia(ピエール・ルイ・マシア)は、Athleisure(アスリージャー)を意識したデザインを心がけています。アスリージャーとは、「Athletic(アスレチック)」と「Leisure(リージャー)」をミックスさせた造語で、スタリッシュながらも普段着感覚で着用できるものを理想としています。このストールではエスニックなテイストを入れて、ブランドの特徴である複数のチェックパターンを取り入れて構成しています。柔らかなレーヨンとカシミア混紡クロスで薄手のデザインなので、ジャケットの中に入れてもボリュームを抑えることができます。

このコーディネートのように、軽やかなファッションで使用しても良いですし、重厚なコートなどで合わすと、上手くカジュアルさを出すことができますよ。

ボリュームをよりアピールした巻き方で暖かさを!

ボリュームをよりアピールした巻き方で暖かさを!

出典:でらでら

マフラーの巻き方も様々ありますが、このコーディネートのように何重にも巻いて首元にボリュームを持たせると、より暖かいですしカジュアルな着こなしを実践できます。こちらもPierre-Louis Mascia(ピエール・ルイ・マシア)のストールになりますが、ブラウンとオレンジカラーを基調としていますので冬場の落ち着いたカラーリングが多い中で上手く目立つことができます。

Pierre-Louis Mascia(ピエール・ルイ・マシア)のアイテムは、芸術性が高いアイテムが多く、一見すると奇抜に見えるのですが、絶妙なバランスでデザインされていて、いざコーディネートしてみると実におしゃれでイケてるスタイルを実践できます。滑らかで薄手なシルクの表面と薄手のカシミアを使用した裏面により、見た目以上に暖かさを感じることができます。

このコーディネートでは、CIRCOLO 1901(チルコロ1901)のミドル丈コートと合わせていますが、スポーティーさもミックスして非常にバランスの良い着こなしを実践しています。
(CIRCOLO 1901の詳しい解説はこちら)


カシミアにこだわった逸品をチョイス!

カシミアにこだわった逸品をチョイス!

出典:jedia

最後に紹介するのは、カシミアに強いこだわりを見せているJoshua Ellis(ジョシュア エリス)というブランドのアイテムです。まだ日本では知名度が高いとは言えないブランドですが、なんと250年以上もの歴史があるブランドとして名を馳せています。ヨークシャー地方のカシミア生地は世界でも高く評価されていますが、それには理由があり羊が食べる草からこだわるなど、徹底したこだわりがあるからこそ評価されているのです!

このアイテムでも、イギリスのチェック柄の代表ともいえるブラックウォッチ柄を採用していますが、決して古臭さがなく配色や柄のパターンをこだわることで最新トレンドにも十二分に対応しています。カジュアルライクな着こなしが可能ですが、スーツスタイルなどでも使用できるような許容力の高さも魅力となっています。

このコーディネートのように、ボリュームをもたせて着用しても良いですし、ただ首に引っ掛けるだけの着こなしもおすすめできます。

最後に

いかがでしたでしょうか?スヌードやマフラーの着こなしテクニックは様々ありますが、まずはアイテム選びが重要となります。可能であれば、1種類だけでなく何種類も用意して使い回すと、より幅広いコーディネートを楽しめますよ!

Pocket
LINEで送る