ダウンベストはこう着こなせ!魅力的になるダウンベストコーデ特集

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

寒い日にしっかりと寒さ対策をしたいものですが、一方で厚いものを着用するとシルエットが気になるものです。なるべくスリムさをキープしつつ、それでも防寒対策がとれたものをお好みな場合、そして真冬ではなくても秋に軽く防寒したい場合でもダウンベストはとても役に立つアイテムです。袖がないので着やすいという点も魅力的ですし、昨今はジレのようにインナーで着こなすことを前提としたデザインのダウンベストも増えています。

気軽に着用できるのがダウンベストの魅力ですが、せっかくお洒落なアイテムなのに具体的にどのように着こなせばよいのか悩んでいる方が多いのも事実です。結局はアウターとして着用するだけで終わらせるにはもったいない話で、ダウンベストは様々な着こなしができるのでもっと活用してほしいものです!では、ダウンベストの着こなし術にはどのような方法があるのでしょうか?

今回は、実は奥が深いダウンベストのコーディネート術を紹介すると共に、最新のおすすめアイテムについても言及していきます。

これからが本番!ダウンベストの着こなし術を紹介

季節感を出すコーディネート!

季節感を出すコーディネート!

出典:でらでら

最初に紹介するのは、最も簡単なコーディネート方法から伝授します。純粋に何も考えず、アウターとして着用する方法で、ちょっと羽織る感じでコーディネートにただダウンベストを着用でしています。何も考えていないように見えますが、実はカラーリング的に少し違うものを取り入れてアクセントを付けているのです。この例では、OFF-WHITE(オフホワイト)のブルーシャツとDSQUARED2(ディースクエアード)のデニムパンツで、カラーリング的に暗くなりがちな秋冬でいい意味で目立つことができます。
(OFF-WHITEの詳しい解説はこちら)
(DSQUARED2の詳しい解説はこちら)

そこに、TATRAS(タトラス)の重厚感のあるダウンベストを合わせています。POSEIDON(ポセイドン)というモデルになりますが、ヒップを半分隠れるように後ろ丈のみ長くしたデザインとなっています。イメージとしては、シャツの形を意識したデザインとなっていて、身幅もスリムです。それでも、ダウン充填はしっかりと行っており、保温性が高いのが魅力的です。フードを着脱できる2way仕様なので、その日のスタイルに応じて使い分けが可能です。
(TATRASの詳しい解説はこちら)

しっかりとジップを留めて着用するのも良いですが、このコーディネートのように羽織るようにして着ると、シャツの良さも活かしたコーディネートが可能です。


リラックススタイルのアウターとして活用!

リラックススタイルのアウターとして活用!

出典:でらでら

ダウンベストの魅力の一つに、レイヤードスタイルを楽しめる点があります。全く違うトーンのアイテムを重ね着するのも良いですが、ワントーンでまとめるのも悪くありません。この例では、MONCLER(モンクレール)のダウンベストのインナーとして、同じくMONCLER(モンクレール)のスウェットを上手くレイヤードして、リラックスしたスタイルを実践できています。

このダウンベストは、モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)という新たなプロジェクトにより多くのアイテムが登場していますが、こちらはレギュラーラインの逸品です。ボタンフロントでハイネックなデザインで、定番でありつつも飽きの来ない安定感あるデザインが魅力的です。このシーズンからミニワッペンへ変更となっていますが、軽量性、防寒性に優れた高機能ポリアミドシェルを採用したり、中綿には90%グースダウン、10%のフェザーという黄金比率により、抜群の保温性を確保しています。
(モンクレール ジーニアスの詳しい解説はこちら)

ボトムスにはブラック系でまとめていて、秋冬の休日に是非取り入れたいストレスフリーなコーディネートとなっています。

シンプルイズベスト!ホワイトシャツとブラックダウンベストの組み合わせ

シンプルイズベスト!ホワイトシャツとブラックダウンベストの組み合わせ

出典:でらでら

普段ビジネスシーンで使用しているホワイトのシャツを活かしたオフシーンのスタイルとしておすすめしたいのが、ホワイトシャツとブラックのダウンベストのコンビネーションです。モノトーンで綺麗にまとまる組み合わせであり、休日ファッションにも格式の高さを取り入れることができるとあって、シンプルながらも実用性の高いコンビとなります。

このダウンベストはTATRAS(タトラス)のアイテムですが、ウール100%シェルによる SOVER(ソヴェール) と命名されたモデルとなります。軽くて薄いタイプのツイード調の生地であるサキソニーを使用しており、まるでフランネルのようにキレイめなファッションでも通用する見栄えとなっています。ダウンの膨らみを極限まで抑えることで、サイズ感を気にする方でも着やすいのが良いですね。そんな中でも、800フィルパワーのダウンボールを使用しているので、軽くて保温性が高くなっています。

このコーディネートでは、 Finamore(フィナモレ)の ワッフル織りシャツを合わせて、見た目以上に暖かいスタイルとなっています。ボトムスにはデニムを合わせて、固くなりすぎないようにバランスをとっていますね。
(Finamoreの詳しい解説はこちら)

タートルネックやパーカーとのコンビもおすすめ!

タートルネックやパーカーとのコンビもおすすめ!

出典:jedia

ダウンベストと相性が良いアイテムの一つに、タートルネックがあります。特に、タートルネックのニットが好相性でおしゃれに見せることができます。このコーディネートでは、MOORER(ムーレー)のラグジュアリー感が強いダウンジャケットをメインとしています。

OLIVER-Lというモデルなのですが、高級服地メーカーとして名高いLoro Piana(ロロ・ピアーナ)社のオリジナル高機能加工であるストームシステムを採用しています。これにより、他のダウンベストではないハイセンスな仕上がりとなっています。ヴァージンウールとカシミア素材のコンビネーションも絶妙で、頑丈さもあり長い間楽しめるアイテムです。

このコーディネートでは、その下にZANONE(ザノーネ)5ゲージニットを合わせています。ミドルゲージらしく模様がしっかりしており、更に首元の長さが絶妙でとてもかっこよく着こなしています。
(ZANONEの詳しい解説はこちら)


コートのインナーでも活用!

コートのインナーでも活用!

出典:でらでら

最後に紹介するのが、アウターのインナーとして着用するコーディネート術です。薄型のダウンジャケットが増えているので、インナーとしても着用しやすくなっている中で、JOTT(ジョット) のこのダウンジャケットはベーシックであることを強調したアイテムとなっています。スタンドネック型で細いキルティングステッチを採用しており、更にコンパクトなのでインナーとしても存在感を示すことが可能です。

シングルジップ式フロントを採用しているのですが、ジップを留めるとキルティングステッチに埋もれるようにデザインされているので、ジップが目立たないように工夫されている点に注目です。215gという超軽量で、かつポリアミド素材も柔らかく着やすいものとなっていて、擦れる音も気になりません。

このコーディネートでは、MONOBI(モノビ)の中綿入りロングコートをチョイスしていますが、このコート自体がラグジュアリースポーツを意識してデザインされており、ダウンベストとの相性がとても良い点に注目ですね。
(MONOBIの詳しい解説はこちら)

最後に

いかがでしたでしょうか?今回紹介したダウンベストの着こなしは、ほんの一例でありまだまだイケてる着こなし方法はあります。着回しが効くアイテムの一つですので、早めに入手して快適に秋冬を乗り切りましょう!

Pocket
LINEで送る