秋の装いは足元から!ハイカットシューズで暖かさとおしゃれさを楽しもう

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

これから寒くなる一方ですので、足元も暖かさをキープできるアイテムが恋しくなりますよね。秋冬に活躍するシューズと言えば、ハイカットモデルがメインとなります。ローカットシューズと比較して、足元をしっかりとフォローしてくれるのが魅力的で、体感的にも暖かさが全く異なるものです。ちょっと履きにくいというイメージもありますが、サイドジップ仕様のものも多くあり、実際にはさほど気にする必要はありません。

ハイカットシューズにもいくつか種類がありますが、代表的なものとしてはスニーカーとブーツに分類できます。特にスニーカーの場合は、最近トレンドアイテムになっていますし、ハイカットモデルでありながらも比較的軽く歩きやすさもキープしています。ブーツの場合も、頑丈さがポイントでソール交換すればずっと履き続けることができるのが魅力的です。

そこで今回は、今シーズンおすすめのハイカットシューズについて紹介します。

足元から暖かさを感じることができる!ハイカットシューズを履きこなそう

スニーカー×ジップで更に履きやすく!

スニーカー×ジップで更に履きやすく!スニーカー×ジップで更に履きやすく!

出典:でらでら

ハイカットシューズの弱点である履きにくさを徹底的に排除して、更にファッション性を高めているものとしておすすめできるのが、こちらのDIESEL(ディーゼル)のハイカットスニーカーです。踵にジップを配しているので、用意に脱着が可能となっているだけでなく、ジップテープを用いるなどおしゃれ度も高いのが魅力的です。
(DIESELの詳しい解説はこちら)

ダーティーホワイトと命名されている、独特のアイボリーカラーが落ち着いた大人のイメージを強調していますし、エナメル質のパーツを所々に配して良いアクセントとなっています。内面にはキャメルブラウンのレザーを使用して、強度を高めているので一般的なスニーカーよりも頑丈で長持ちさせやすくなっています。トゥから細身になるデザインにより、ドレスシューズのような格式の高さも感じられますよね!

このコーディネートでは、STONE ISLAND(ストーンアイランド)のスウェットと合わせてスポーティーな着こなしを実践しています。ブーツインで履くことで、よりスニーカーの美しさをアピールしていますね。
(STONE ISLANDの詳しい解説はこちら)


ミリタリー系アイテムと相性の良いシューズ!

ミリタリー系アイテムと相性の良いシューズ!

出典:でらでら

今シーズンも大注目なのがミリタリーテイストのアイテムです。特にジャケットが人気アイテムとなりますが、このdiadora(ディアドラ)のハイカットスニーカーもグレープリーフと呼んでいるカーキグリーンをワンポイントで入れて、このスニーカー自身にもミリタリーテイストを実感できます。また、このスニーカーは元々は1984年にミラノのバスケットチームスポンサーとなったことが縁となり、バスケットシューズの良い点を存分に取り入れているのが特徴です。
(diadoraの詳しい解説はこちら)

すでに履き慣らしたかのようなフルグレインレザーを使用し、更にカラーもくすんだ白をベースとすることで更にユーズド感を強調しています。インソールのかかと部分にはクッション性が高く柔らかい素材を使用しているので、フィット感を高めて足入れの良さが魅力的となっています。カップ式インソールにはリムーバブルインソールを採用し、抜群のクッション性となっています。

このコーディネートでは、 TATRAS(タトラス)のダウンジャケットとともに、OROBIANCO(オロビアンコ)の迷彩柄のバッグを持っていて、全身にミリタリーアイテムを取り入れてトレンドを意識していますね。
(TATRASの詳しい解説はこちら)
(OROBIANCOの詳しい解説はこちら)

ちょいワル感を演出できる!スタッズスニーカー

ちょいワル感を演出できる!スタッズスニーカー

出典:でらでら

ありきたりなハイカットスニーカーではなく、ちょっと攻めたものを履きたい!と思っている方におすすめなのが、こちらのHYDROGEN(ハイドロゲン) のスニーカーです。ファーストインプレッションとして、やはり側面に大胆に配したスタッズに目が行きます!一見すると派手目に見えますが、全体的なイメージとしては意外と落ち着いて見えて、大人の男性でもぜひ履きたくなるデザインとなっています。
(HYDROGENの詳しい解説はこちら)

ブラックをべースとしたカラーリングとなっていて、タンとスタッズはシルバーで上手くバランスが取れているのが印象的です。外見ばかり目が行きがちですが、柔らかで薄いキャンバスコットンの裏地であり、インライニングの一部はパイルを採用しているので、実は素足でもすんなり履くことができるのです!厚めのソックスを履けば、真冬のシーンでも活躍させることができますよ。サイドジップにより脱着しやすさも確保しています。

このコーディネートでは、 MUSHER(マーシャー)のレザージャケットとのコンビネーションで、ちょいワル感を更に強調しています。デイリーユースは難しいですが、休日にちょっと攻めたファッションを実践したい際におすすめのスニーカーです。
(MUSHERの詳しい解説はこちら)

圧倒的な暖かさと歩きやすさを確保したブーツ!

圧倒的な暖かさと歩きやすさを確保したブーツ!

出典:Tokyo Motorist

このブーツは、Max Fritz(マックスフリッツ)のアイテムとなります。Max Fritz(マックスフリッツ)は2000年に佐藤義幸氏によって立ち上げられたブランドです。代表でありデザイナーでもある佐藤氏の趣味がバイクのツーリングであり、ツーリングに最適なブーツを自らデザインし、発表したのがこのブーツなのです。よって、バイカーにとってかゆいところに手が届くものとなっているのが特徴です。

ライニング内側では断熱素材を使用し、バイクのエンジンからの排熱から足をカバーしてくれます。同時に、足首全体を優しく確実にホールドするデザインなので、冷気をシャットアウトして内部を保温する効果に優れています。カウレザーを使用しマッドなイメージをもたせ、ラグジュアリー感を強調しています。中太の靴紐とすることで、ブーツらしさを強調しているのも良いですね。Vibram社製のタンクソールを採用して、ストリート履きでも履きやすいように工夫されている点にも注目です。

このコーディネートでは、カーゴパンツと合わせてアウトドアなイメージを強調しています。


マウンテンブーツでもビジネス使いできる!

マウンテンブーツでもビジネス使いできる!マウンテンブーツでもビジネス使いできる!

出典:BEKKU HOMME

マウンテンブーツはアウトドアなイメージが強い中で、このDE MARCHI CALZATUREのブーツはビジネス使いできるものに仕上がっています。 DE MARCHI CALZATUREはトルコで誕生したブランドで、イタリアのデザイナーが担当したシューズは、ハイクオリティで魅力的なものばかりです。日本ではまだまだトルコのブランドはメジャーな存在ではありませんが、今後確実に流行するであろうブランドであり、注目すべき存在です。

このマウンテンシューズも、ワークブーツほどカジュアルさはない中で、上品さを兼ね備えたアイテムになっています。全体な印象としては重厚でありつつも、細身なシルエットと滑らかな革質のキップレザーが魅力的です。このコーディネートのようにスラックスとの相性も抜群ですし、カジュアルなスタイルでも合わせやすいのでオンオフ両方でぜひ活用したいアイテムとなっています。

最後に

いかがでしたでしょうか?ハイカットシューズが注目を集めるシーズンになった中で、各ブランドが独自性を打ち出して魅力的なアイテムを提供しています。使用するシーンを明確にして、履きやすくおしゃれなシューズを探してみましょう!

Pocket
LINEで送る