男だって脚のラインは美しい方がいい!JACOB COHEN(ヤコブコーエン)の美シルエットジーンズ5選!

出典:JACOB COHEN(ヤコブコーエン)

Pocket
LINEで送る

ファッションアイテム単体がかっこよくても、着ている方の体型によっては残念ながらおしゃれに見えない事が多々ありますよね。特に、日本人の場合は欧米人と比較して足が短いのは周知の事実であり、せっかくイケてるアイテムを購入しても裾上げするとそのアイテムが持つ魅力を失うこともあります。よって、実際に履いてみてどれだけかっこよく見せることができるかが重要なのです!

その意味で、JACOB COHEN(ヤコブコーエン)のジーンズは履いていてもとてもかっこよく見せることができます!特に、脚長効果がありしかもシルエットが美しいのが特徴です。また、ジーンズの常識を覆すように、ジャケットにコーディネートすることを意識したテーラードデニムという新定義を作り出したことでも有名です。イタリアから発信される、大人のデニムパンツが今シーズンもストリートを席巻することは間違いありません!

そこで今回は、JACOB COHEN(ヤコブコーエン)が提供しているかっこいいジーンズについて紹介します。

美シルエットを手に入れろ!JACOB COHEN(ヤコブコーエン)のスタイリッシュなジーンズ5選

正統派なデザイン!688

正統派なデザイン!688

出典:でらでら

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)の中では、スタンダードな位置づけとなっているのが、この688というモデルです。ジーンズらしいインディゴカラーが印象的なアイテムとなっていますが、ステッチカラーも同様に普遍的なものとなっています。その中でノンウォッシュに近いカラーリングに仕立てているのが印象に残ります。ちなみに、JACOB COHEN(ヤコブコーエン)ではウォッシュレベルをランク付けしており、このアイテムはLav.1となり最も軽い色落ちレベルとなっています。

股上を24cm確保しているドレスジーンズとも呼ばれるモデルであり、従来のデザインより1.5cmほど股上を長くしており、ヒップを優しく包み込むようになっています。また、後ろのポケットを小さめにデザインすることで、小尻効果を発揮することに成功しています。股上を長くするメリットとして、シャツをタックインさせやすいという点もあり、ジャケットとのコーディネートを意識している現れでもあります!若干細身のシルエットであり、カジュアルシーンでも活用できるのが良いですね。

このコーディネートでは、TATRAS(タトラス)のオーバーサイズなライトダウンコートをチョイスしていますが、ややスリムなジーンズと上手くバランスが取れていて、シルエットを意識した良コーディネートとなっています。
(TATRASの詳しい解説はこちら)


他のモデルのベースとなっている!622

他のモデルのベースとなっている!622他のモデルのベースとなっている!622

出典:でらでら

622というモデルは、JACOB COHEN(ヤコブコーエン)の様々なジーンズのベースとなっています。脚に張り付くようにフィットするのが特徴で、膝下からテーパードすることで、美脚効果が高くなっています。脚に張り付くとなると、どうしてもスキニーパンツを連想してしまいますが、このパンツは脚のラインを露骨に見せることはなく、ナチュラルに履くことができます。先に紹介した688モデルより股上を1.5cm浅くデザインしているのですが、無理している感じはなくヒップもしっかりとフォローして綺麗に履着こなしが可能です。

素材に目を向けると、コットンにストレッチを1%混合しているという、絶妙な配合で構成しています。Vヨークを深めにして、後ろポケットの上端もヒップラインにマッチさせてカーブを描くなど、立体的なデザインも魅力となっています。ベルトループが長いものを採用しているので、幅広ベルトも付けることができる点も評価できます。

このコーディネートでは、マーシャ―(MUSHER)の大人の男性を連想させるMA-1型レザージャケットと合わせていますが、ジャケットにもマッチさせやすいジーンズらしく、何ら違和感なくおしゃれな着こなしを実践できていますね。
(マーシャーの詳しい解説はこちら)

よりスラックスのテイストを取り入れたジーンズ!626

よりスラックスのテイストを取り入れたジーンズ!626

出典:でらでら

ジャケットスタイルにも合わせやすいジーンズを目指すJACOB COHEN(ヤコブコーエン)の中で、最もキレイめを意識してデザインされているのが626というモデルです。スラックスを強く意識して、ジーンズらしい実用性の高さも取り入れているので、持っておくととても便利なアイテムとなっています!センタークリースを入れているのですが、ヒゲなどの色落ち加工も程よく入れて、スラックスとジーンズのいいとこ取りなデザインとなっています。

色合いはクールな印象が強いブルーウォッシュを採用しています。デニムクロスは秋冬を意識したヘビーオンス系であり、履き始めは少しごわつきも気になりますが、履き続ければ自分の脚にフィットしてより魅力的なパンツに変化します。ローライズでスリムなデザインであり、テーパードシルエットも適度に効かせ、美脚効果も抜群です。デフォルトで3cm幅ダブル仕上げの様な裾となっているのもかっこいいですね。

こちらのコーディネートでは、TATRAS(タトラス)のミリタリーテイストに溢れたナイロンジャケットを合わせています。カジュアルなジャケットである分だけ、このジーンズとGIANNETTO(ジャンネット)のシャツで、きちっとした印象を持たせてバランスを保っていますね。
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)

世界で244本限定の激レアジーンズ!

世界で244本限定の激レアジーンズ!

出典:でらでら

世界中にファンを持つJACOB COHEN(ヤコブコーエン)ですが、このアイテムはファン必見の限定モデルとなっています。ベースは622シリーズのアイテムとなりますが、世界で244本限定で販売されているものとなります!シリアルナンバーも当然刻印されていますので、持っているだけでも自慢できます。もちろん、その出来栄えも限定モデルという名に恥じないレベルとなっています。

薄いライトカラーで、色の濃淡がハッキリと表現されています。また、運針も広く、縫い糸も太く仕立てているので、無骨なイメージも持ち合わせています。グリーンとレッドのステッチ装飾となっていますが、これはイタリア国旗のトリコロールをモチーフとしています。マーベルト裏での滑り止めとして、織りタグを多く設置することで、シャツをタックインしても綺麗に決まりやすいように工夫されています。

このコーディネートでは、 LARDINI(ラルディーニ) の明るめのジャケットと合わせていますが、カラーリング的に薄めなのでちょうど良いバランスを保っています。そこに、CIRCOLO 1901(チルコロ1901)のネイビーカラーのカットソーを入れて、きちっとしたイメージを強調していますね。
(LARDINIの詳しい解説はこちら)
(CIRCOLO 1901の詳しい解説はこちら)


あらゆるコーディネートにマッチするブラックデニム!

ジャケットももちろんの事、様々なスタイルに合わせやすいデニムパンツが、このPW622というモデルのブラックデニムパンツです。コンパクトなヒップラインとテーパードで美しいシルエットを手に入れることができます。また、他のモデルと比較して付属品を極力カットして、コストを低下させていますが、オリジナルのハンカチーフだけはしっかりと付属しています!

JACOB COHEN(ヤコブコーエン)では、このアイテムに限った話ではないですが、独特の良い香りがするジーンズとなっているのも特徴です。ヤコブ・フレグランスとも呼ばれているこの香りは、企業秘密となっていますがこの香りに魅了されているファンが続出中です!このコーディネートでは、ホワイトのTシャツをシンプルに合わせているだけですが、よりジーンズの綺麗さが際立っていますね!

最後に

いかがでしたでしょうか?今の季節、ジャケットを着ることも増えてきていますが、JACOB COHEN(ヤコブコーエン)のようなジャケットにもマッチするジーンズがあるととても便利ですよね!よりスタイルをよく見せることができるのも特徴で、上手く取り入れて美シルエットも楽しみましょう!

Pocket
LINEで送る