肌寒い秋はダウンベストでスマートな大人のカジュアルスタイルを!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

秋になると肌寒い日もあるので、体調管理には細心の注意を払う必要がありますよね。日中は暑いような日差しも照りつけることがあるのですが、朝晩は寒いと感じてしまう場合もありますし、寒暖の差が激しいほど体にとって負荷がかかります。よって、朝晩の寒さを手軽に凌ぐことができるアウターがあるととても便利ですよね!

そんな秋向けのアウターとして、特におすすめなのがダウンベストです。ダウン系のアウターは人気が高いわけですが、腕の部分がなく動きやすく、適度な保温性のダウンベストが秋向けに特に重宝します。最近ではインナーに着ることができる、超薄手のダウンベストも数多く登場しており、年中着ることができるアイテムという側面も人気の所以です。では、今シーズンはどんなダウンベストがおすすめできるのでしょうか?

今回は、肌寒い秋の気候で重宝する、ダウンベストについて即戦力となるアイテムを中心に紹介します。

気軽に着ることができる!ダウンベストをコーディネートに取り入れよう

ストレッチ感の強いダウンベストで着やすさ満点!

ストレッチ感の強いダウンベストで着やすさ満点!

出典:でらでら

ダウンベストはボリューミーな物が多く、それでいて可動域が広めに取られたデザインのものが多いのが特徴です。ただ、なかなかストレッチが効いたアイテムというのは数少ないのが実情です!あえてボリュームを抑えてストレッチを利かせたアイテムとして、このTATRAS(タトラス)のダウンベストがおすすめです。
(TATRASの詳しい解説はこちら)

プレミアムダウンウェアブランドとしての側面も持ち合わせているTATRAS(タトラス)のアイテムらしく、第一印象としても上品でラグジュアリー感溢れるものに仕上がっています。単に細みなだけでなく、スリムに見えるようにシェイプなステッチとストレッチ生地を採用しています。また、熱と圧力をうまく使い分けているシレー加工を使用し、ロウ引きに似た濡れたようなザラリとした独特な質感を表現しています。脇ジップポケットは、上下のどちらからも開け閉めできるようダブルジップ式で長めに取られているので、収納力も抜群です!

このコーディネートでは、ダウンベストと相性抜群なSOLIDO(ソリード)のパーカーと合わせています。明るめのスニーカーでカラーバランスを取ると共に、スポーティーなスタイルを上手く表現することに成功しています!
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)


Iラインで綺麗なシルエットのダウンベスト!

 Iラインで綺麗なシルエットなダウンベスト!

出典:でらでら

ファッション界にも多くの理想的なシルエットがありますよね。その中で、 Iラインはアルファベットの「I」文字の様に細く・長くを演出できる、全身で縦に長い長方形のシルエットのことを指します。着こなし方も重要ですが、着用するアイテム選ぶも重要な要素となる中で、このASPESI(アスペジ)のダウンベストは綺麗に Iラインを作り出せるものとしておすすめです。
(ASPESIの詳しい解説はこちら)

クラシックなボーダーキルティングを採用したダウンベストであり、一見するとスリムに見えるのですが、フィット感がレギュラー寄りで適度なフィット感となっています。スタンドネックで短丈であるルックスを採用することで、アイテム単体で見ても背筋が伸びて姿勢が良いイメージを強調することができるデザインとなっています。襟先までしっかりダウン&フェザーを充填していますので、保温性の高さは抜群なのも良いですね!

このコーディネートでは、全身をダークトーンで統一している中で、ダウンベストが持つ上品な光沢がより際立って見えますね。また、EA7(エ・ア・セッテ)のパーカーをインナーに着用していますが、フード部分のカラーリングが良いアクセントとなっています!

ミリタリーテイスト満載のダウンベスト!

ミリタリーテイスト満載のダウンベスト!

出典:でらでら

今シーズンも欠かせないスタイルの一つに、ミリタリーテイストのアイテムがあります。トップスではM-65が主流となりますが、柄で言えばカモフラージュ柄の人気も絶大です。ダウンベストでもカモフラージュ柄を上手く取り入れたアイテムが多くあり、その代表例としてTATRAS(タトラス)のオセロというモデルが挙げられます。

ダウン&フェザーの充填を抑え気味にして、軽さに重点を置いているのが特徴です。カーキグリーンのカモフラージュ柄が表側となり、艶消しでパウダータッチのブラックナイロン地が裏側でリバーシブルモデルとなっていて、それをオセロというモデル名に込めています。グリーンのモダンな迷彩柄プリントが、上品さすら感じさせますよね!

このコーディネートでは、roberto collina(ロベルトコリーナ)のバイカラータートルネックセーターをチョイスしています。首元のボリューム感があるので、ダウンベストでありながらも真冬でも活躍間違い無しのスタイルとなっています。
(roberto collinaの詳しい解説はこちら)

HYDROGEN(ハイドロゲン)とDUVETICAのコラボダウンベスト!

HYDROGEN(ハイドロゲン)とDUVETICAのコラボダウンベスト!

出典:でらでら

ラグジュアリーかつスポーティーなアイテムを多く提供しているHYDROGEN(ハイドロゲン)は、日本でも人気急上昇中ですよね。そのHYDROGEN(ハイドロゲン)が、ダウン系のアイテムを手がけているDUVETICA(デュベチカ)とのダブルネームでデザインしたのが、このアイテムです。
(HYDROGENの詳しい解説はこちら)

このダウンベスト最大の特徴として、ダウンにフランスのペリゴールを中心とした、南仏地方最高級のフォアグラ用に飼育されているグレイグースのダウンを使用している点です。単に食材として重宝されているだけでなく、ファッション素材としても高級でなかなか手に入らないものを大胆に使用しているのです。レトロな雰囲気があるボリューム感を誇りますが、短丈でスリムフィットなので決して古臭さはなくモダンさをアピールできます。

このコーディネートでは、HYDROGEN(ハイドロゲン) らしいスカルやサンダー柄の入ったスウェット素材のトップスとパンツをチョイスしています。ダウンベストを羽織って、堅苦しさを排除して休日にリラックスしたい時におすすめなスタイルですね。


ウールカシミアを余すところなく使用!

ウールカシミアを余すところなく使用!

出典:jedia

日本ではまだ未知のブランドですが、MOORER(ムーレー)というイタリアのヴェローナで誕生したブランドのアイテムは、最高級アウターブランドして本国イタリアでは絶大な評価を集めています。そのMOORER(ムーレー)のOLIVER-Lというもでるのダウンベストにも、そのクオリティの高さを存分に感じられます。

徹底的にMade in Italyを貫いているブランドで、高級服地メーカーとして名高いLoro Piana(ロロ・ピアーナ)のストームシステムと呼ばれるオリジナルの加工を採用しており、細かなところまで精巧に仕立てられています。生地には繊細でいて柔らかい上質なヴァージンウールとカシミア素材を使用しているので、軽量かつ長持ちするのが特徴です。

このコーディネートでは、ZANONE(ザノーネ)のタートルニックと合わせていますが、お互いの良さを上手く引き出して、かつ寒い日でも寒さをシャットアウトできそうですね。カジュアルなスタイルでは絶対的な存在感を示すダウンベストとしておすすめです。
(ZANONEの詳しい解説はこちら)

最後に

いかがでしたでしょうか?ダウンベストの魅力は、やはり気軽に着用できるという点が大きいですよね。中にはパッカブルなアイテムもあり、バッグにスマートに収納しておき、いざという時に着用するというのも有効です。この秋冬から、ぜひコーディネートとしてダウンベストも取り入れましょう!

Pocket
LINEで送る