秋冬のトレンドカラーはブラウン系!!コーディネートしやすいカラーで秋冬にマッチしたスタイルを!

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

秋冬に着こなしたいファッションのカラーリングとしては、ダークトーンが中心になりますよね。特に冬は寒色が映えるので、どうしても色合い的に寂しいものが多くなります。その中で、比較的明るめのトーンでおしゃれに見せることができるカラーリングとしてブラウン系があります。どんなスタイルにもコーディネートしやすいのが魅力的で、使い回しが効きやすいカラーリングでもあります。

ブラウン系と一口に言っても、ベージュからチョコレートまで様々な種類があります。大人っぽさをアピールするならトーンが暗めのブラウンを選ぶのが有効的ですし、ちょっと明るさをもたせたい場合はベージュがおすすめです。着用するシーンに応じて使い分けるというのも有効的ですし、若々しさをアピールするためにちょっと明るめのブラウン系カラーリングにチャレンジするのもありです!

今回は、今シーズン特に注目したいブラウン系のカラーリングを上手く取り入れたコーディネートを紹介します。

再注目!ブラウン系のカラーリングを上手く取り入れよう!

深みのあるカラーリングが魅力的!

深みのあるカラーリングが魅力的!

出典:でらでら

秋冬でも、シャツはアウターとしてだけでなくインナーとして使えますよね。使い回しが効きやすいシャツに、どんなアイテムにも合わせやすいブラウン系のセットは、秋冬でも重宝すること間違いありません!そこでおすすめなのが、GIANNETTO(ジャンネット)のこのシャツです。赤みの強いマロンブラウン系を主体に、ベージュをミックスしたとても深みがあるカラーリングで、落ち着いた雰囲気を出すことができます。
(GIANNETTOの詳しい解説はこちら)

季節感をしっかり分けられる、ふっくらとして厚手であることを追求して、肌に優しく少し毛羽立ち、暖かな質感が特徴となっているコットンネル地を採用しています。見た目も温かみがあり、さらにヘリンボン模様の織りを採用しているので、ニットシャツに近い生地となっています。スリムフィット型として、あくまでも美しくあるエレガント系なスタイルは、着ているだけでもスタイルをよく見せることが可能です!

このコーディネートでは、L.B.M.1911(エルビーエム)のジャケットとチェック柄のジレを着ていますが胸元からちらりと覗くシャツがとても目立っていますね。全体的に落ち着いたトーンでまとめていて、大人の男性をアピールしていますね。
(L.B.M.1911の詳しい解説はこちら)


メインアイテムとしても使える!ジレ

メインアイテムとしても使える!ジレ

出典:でらでら

秋から徐々にジレもコーディネートに取り入れたいですよね。ジレはどちらかと言えばインナーに着用する事が多いアイテムですが、その中でも光るものをチョイスしてメインアイテムとしてコーディネートしてもかっこいいですよね。その願望を叶えてくれるジレとして、LARDINI(ラルディーニ)のこのアイテムが挙げられます!
(LARDINIの詳しい解説はこちら)

LARDINI(ラルディーニ)と言えば、ハイクオリティなスーツやジャケットを多く手がけていますが、ジレも得意としています。Vゾーンが浅めで、腕まわりは狭くタイトフィットである6つ釦のスタイルを採用しています。ぽってりとした印象のある前立てのトリミングステッチや厚みのある釦を採用することで、カットソーなどにも合わせやすいデザインというのがユニークですね。ブラウンの濃さが和らいだ霜降りタイプであり、ベージュ系の明るさを強めにミックスしているので、カラーリング的にも目立ちやすいアイテムでもあります。

このコーディネートのように、ミリタリーやアウトドア系のアイテムを中心としている中で、ジレが異彩を放っていてとてもかっこよく見えます。

ダウンベストで暖かさをキープ!

ダウンベストで暖かさをキープ!

出典:でらでら

ジレのようにアウターで着用できて、インナーでも使えるダウンベストは注目を集める存在ですよね!特にこのHERNO(ヘルノ)のキルティングインナーダウンベストのように、非常に薄手でインナーとして着ても着ぶくれせず、さらに保温性の高いアイテムがおすすめです。このダウンベストはジレをモチーフとしてとにかく薄さを追求しています。
(HERNOの詳しい解説はこちら)

ナイロン素材でスポーティーさも持ち合わせているので、どんなスタイルにも合わせやすいのが特徴です。また、撥水コーティングを施しているポリアミドクロスを採用しているので、多少な雨などは弾きますし、耐久性も高いのでヘビーローテーションしたくなりますね。秋冬らしいブラウンカラーも取り入れて、トレンドも意識したアイテムとなっています。

このコーディネートのように、LARDINI(ラルディーニ) のジャケットやSOLIDO(ソリード)のパンツとも上手くマッチしていますし、独特な光沢が良いアクセントとなっています!
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)

グレンチェックジャケットもブラウンとの相性良し!

グレンチェックジャケットもブラウンとの相性良し!

出典:jedia

ブラウン系のカラーリングと相性が良いのが、グレンチェックです。イギリスの伝統的なチェック柄であり、クラシカルなカラーリングとの相性が抜群です!このアイテムはAltea(アルテア)のグレンチェックジャケットですが、モヘアジャージ素材を使用しているのでふんわりとした質感を出しています。毛足長めのマイルドな仕上げと絶妙なカラーリングにより、シックな印象にまとめ上げています。

無駄なものは極力省き、独特な仕立てを採用してるので、とても軽くソフトな着心地が可能です。ジャケットは堅苦しくて…と思っている方でも、このジャケットなら気にすることなく着用することができます。スッキリとした細身のシルエットを採用しているのですが、適度なゆとりは残しているのでサラッと着こなすことも可能です。カーディガンのように羽織って着るのも良いですね!

このコーディネートでは、Cruciani(クルチアーニ)のタートルネックと合わせてカジュアルさも持ち合わせたスタイルとなっています。過度に堅苦しくなりすぎないように、SIVIGLIA(シビリア)のデニムパンツで上手くカジュアルダウンさせていて、バランスの良さも見て取れます。
(Crucianiの詳しい解説はこちら)
(SIVIGLIAの詳しい解説はこちら)


ネイビーとブラウンのいいとこ取りのスニーカー!

ネイビーとブラウンのいいとこ取りのスニーカー!

出典:でらでら

最後に紹介するのは、スニーカーでうまくブラウン系のカラーリングを取り入れたスタイルです。メインにはSOLIDO(ソリード)のスポーツウェアラインの一つであるパーカーをチョイスしています。ちょっとした厚みもあるナイロンスウェット素材であり、ナイロン95% ポリウレタン5%の配合により暖かさと動きやすさを両立することに成功しています。

そのスポーティーなイメージと合致しているのが、diadora(ディアドラ)のEQUIPE STONE WASH(エキップ)です。クラシックなネイビーを主体に、少し多めにブラウンをコンビネーションすることで、秋っぽさをアピールすることに成功しています。この何十年経過したような味馴染みは、ストーンウォッシュ用の特殊な染料で染めていることで実現しています。カラーリングともよくマッチしており、洗練されたイメージを引き立てています。
(diadoraの詳しい解説はこちら)

カップ式インソールには、肉厚でクッショニングの良いリムーバブルインソールを使用しているので、見た目がおしゃれなだけでなくクッション性の高さもキープしています。スニーカーでありながら、他では見られないシックなイメージを強調するスニーカーとしておすすめです。

最後に

いかがでしたでしょうか?カラーリングはとても重要な要素であり、季節感をしっかりと意識して選ぶ必要があります。その点で、秋冬はブラウンのような着回しが効くものがあると、絶対に重宝すること間違いありません!

Pocket
LINEで送る