シンプルなスタイルにちょっとした遊び心とカジュアルダウンを狙う腰巻きスタイル5選

出典:B.R.ONLINE

Pocket
LINEで送る

シャツと言えば、通常トップスとして着用するのが一般的ですよね。ただ、違う着こなしテクニックを用いることができ、また違った一面をもたせることができます。その代表例として、腰巻きスタイルがあります。腰巻きスタイルとは、シャツなどの腕部分をウェストに巻き、まるでマントのようにして着用する方法のことを指し、主に女性が行っている印象があります。

男性の場合でも、ちょっとした遊び心を狙って腰巻きスタイルを実践しているケースが頻繁に見られます。また、きちっとしたファッションを手軽にカジュアルダウンさせるための方法としても用いられ、ファッショニスタには必須なテクニックの一つとなっています。ただ、腰巻きしているだけではおしゃれに見せませんので、使用するアイテムやコーディネートテクニックを磨く必要があります。

そこで今回は、シンプルなスタイルに上手くコーディネートできる、腰巻きスタイルを上手く実践している例を5点紹介します。

手軽に取り入れることができる!腰巻きスタイル5選

基本は腰巻きではなく腹巻き!?

基本は腰巻きではなく腹巻き!?

出典:wear

腰巻きスタイルと称していますが、最近のトレンドスタイルは腰に巻くのではなくトップスの中に巻く、腹巻きスタイルが主流となっています。この例でも、トップスには無地Tシャツを着て、その中にデニムシャツを巻いています。そして、後側から見ればスカートを履いているように見えるくらい、長めにシャツを露出させて巻くのがおすすめです。

このスタイルでは、腰巻きスタイルにBEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSのサルエルパンツをチョイスしています。サルエルパンツと言えば、股下がだらんとしてルーズなスタイルですが、そこに腰巻きしたシャツの裾がマッチしてラフさを上手く強調することができています。ただ、あまりにラフになりすぎないように、スリムなフォルムでロールアップしてスッキリ見せていますね。

Adam et Rope’のスニーカーもとてもかっこよく、やんちゃなイメージがありつつも、大人っぽさも感じられるのが印象的です。


カラーリング的に上手くアクセントを入れたスタイル!

カラーリング的に上手くアクセントを入れたスタイル!

出典:wear

ここまでは、トップスにTシャツやカットソーのスタイルを紹介しましたが、この例ではFLASH REPORTのグレー系のニットセーターをチョイスしています。長袖ですが、サマーセーターのように夏場でもサラッと着こなすことができるのが魅力的です。ボーダーの太さが上下で異なるイレギュラーなデザインも秀逸でかっこいいですね。

そこに、適度にブリーチングして軽いカラーリングのデニムパンツをチョイスしていますトップスのニットとの相性が良く、カジュアルさを際立たせています。足元を見ると、ロールアップさせてボーダー柄のソックスをチラ見せさせています。ソックスを見せるテクニックは非常に難しいのですが、これは是非とも真似したいですね!

全体的に明るめのカラーリングとしているのに対し、濃いブルー系のシャツを腰巻きして大人っぽさをアピールしています。シンプルなアイテム同士ですので、他のファッションへの応用もしやすそうです。

リゾートスタイルにもぴったり!

リゾートスタイルにもぴったり!

出典:wear

夏場にぴったりなスタイルとして、バスクシャツなどのリゾート系ファッションがあります。そのリゾートスタイルに、腰巻きスタイルをミックスすると尚更オシャレ度をアップさせることができます。この例では、トップスにはBEAMSのボーダーカットソーをチョイスしています。ホワイトベースで、中太のボーダーが夏っぽさをより強調しています。

そこに、JOURNAL STANDARDがデニムメーカーとして有名なLEEに別注をかけた、ホワイトのスキニーパンツをチョイスしています。ヨーロッパ仕様の細身でタイトなスタイルとなっていますが、ストレッチが効くので履きやすいのが特徴的です。白さが際立ち、トップスのボーダーカットソーとも相性が抜群ですね。

そこに、green label relaxingのデニムシャツを腰巻きしています。特に、今シーズンはデニムシャツが流行していますし、腰巻きとしても人気を集めていますよ。

スウェットパンツに上手く腰巻きをマッチ!

スウェットパンツに上手く腰巻きをマッチ!

出典:wear

こちらのコーディネートでは、Naughty Dogのスウェットパンツをメインとしています。ドロスト使いのゴム入りウエストとなっているので、ジャストなフィット感に調節できるのが特徴です。スリムフィットなデザインなので、履いているだけでもスタイリッシュに見せることができます。毎日履き続けたくなるような魅力的なアイテムです。

そこに、同じくNaughty Dogのデニムジャケットをチョイスしています。ヴィンテージな趣あるデザインが秀逸ですね。また、凝った切り替えやタック、アシンメトリックなポケット配置など、随所に拘りが感じられるアイテムとなっています。ライトなカラーリングであり、スウェットパンツと合わせて少し色味が欲しくなるところで、グリーン系のシャツを腰巻きしています。

このコーディネートでは、例えば暑い日にはこの腰巻きしているシャツとアウターをチェンジさせるのもアリですよ!


スポーティーなスタイルにカジュアルな腰巻き!

スポーティーなスタイルにカジュアルな腰巻き!

出典:wear

最後に紹介するのは、休日スタイルで是非とも実践したくなるリラックスした着こなしです。トップスには、今シーズンも大注目の無地Tシャツをチョイスしています。小さめの胸ポケットですので実用性よりもファッション性を重視したものとなっていますが、これも昨シーズンから引続いて注目されているスタイルですよね。

そこに、チャンピオンのスウェットをチョイスしています。チャンピオンは、主にバスケットボール界で名を馳せているブランドですが、このスウェットパンツのようにファッション性が高いものも多く見られます。そこに、カジュアルさを上手く出すためにDENIM & SUPPLYのシャツ・ブラウスを腰巻きしています。

チェックシャツは、着用してもカジュアルに見せることができますが、腰巻きしてもその柄を上手く活かすことができます。もしこのスタイルで腰巻きしていなかった場合、ラフになりすぎてしまうところを、上手くバランスを取ることができいる点に注目してほしいですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?腰巻きスタイルは手軽にカジュアルダウンさせることができますし、その他のメリットとしてシャツを容易に運ぶことができること、保温性をアップさせることができます。このテクニックをより広く活用して、これからの季節のファッションを楽しみましょう。

Pocket
LINEで送る