青と茶色が織りなすイタリアファッションの要!アズーロ・エ・マローネで色選び!

出典:Rose & Born

Pocket
LINEで送る

イタリア人はファッションを楽しんでいる方が実に多いですよね!単にアイテムがおしゃれであったり、コーディネートを工夫しているだけでなく、カラーリングの組み合わせまで考えているのです。単色だけでは物足りなさを感じますし、何も考えず複数のカラーリングを組み合わせるとごった煮のようになって決してかっこよくありません。

そこで、イタリア人が頻繁に用いるテクニックとしてアズーロ・エ・マローネがあります。アズーロとは「青」と言う意味で、マローネは「茶色」の意味です。この2色をバランスよく組みわせることで、バランスの良さを保つだけでなく、ぐっと大人っぽさが強調されるのが特徴です。イタリア人なら誰でも知っているアズーロ・エ・マローネを攻略してこそ、真のファッショニスタと言えます!

そこで今回は、アズーロ・エ・マローネを上手く取り入れたイケてるファッションコーディネートを紹介します。

アズーロ・エ・マローネを知ればイタリアンファッションの真髄がわかる!

初心者におすすめ!ブルー系にブラウンのシューズ

初心者におすすめ!ブルー系にブラウンのシューズ

出典:wear

いきなりアズーロ・エ・マローネのアイテムを組み合わせてコーディネートするのは、とても難しいですよね。よって、まずはワンポイントでも良いのでさり気なくアズーロ・エ・マローネを実践する方法から始めると、手軽ですしその良さを肌で感じることができます。そこでおすすめしたいのが、ブルー系のファッションアイテムにブラウンのシューズを取り入れる点です。

EDIFICEのシンプルなガーメントダイカットソーをチョイスしていますが、Vネックでクールな印象を与えています。上品な光沢があり、アウターとしても活用できますし、ジャケットなどのインナーとしても使えます。小さな胸ポケットも印象的ですね。そこに、スリムな501(R)のスキニーデニムを合わせていますが、ロールアップして足元をスッキリ見せています。

この2つのブルー系アイテムに対し、ブラウンに近いREGALのローファーをチョイスして、カラーバランスを上手く保っています。シンプルなカジュアルスタイルながらも、どこかハイセンスな印象がありますね!


夏ファッションでも重すぎないように工夫されたコーディネート!

夏ファッションでも重すぎないように工夫されたコーディネート!

出典:wear

このコーディネートでは、メインにチェック柄のジャケットをチョイスしています。ダブルのジャケットで若干身幅に余裕があるデザインとなっていますが、決してフォルムは太くなく綺麗に着こなしている印象があります。ダークトーンなブルーとなっているのですが、どこかシャツのように薄手であり夏場でもサラッと着こなしができますね。

そこに、茶系のハーフパンツを履いています。あえてロールアップしてハズした感じで着用しているのが印象的ですね。フォルムもジャケット同様に若干緩めですが、上手くバランスが取れているのでさほど気になりません。動きやすいパンツですので、足元もスニーカーを合わせてスポーティーなイメージを強調しています。ソックスの履き方も絶妙で実にスタイリッシュですね。

あまり重くなりすぎないように、シャツは明るなものを選んでバランスを取っています。帽子をチョイスしている点も実に心憎く、大人の男性が是非真似したいスタイルとなっています。

ベルトとシューズなどの小物で差し色的に体現!

ベルトとシューズなどの小物で差し色的に体現!

出典:wear

アズーロ・エ・マローネは、何もアイテム全体で配色する必要はなく、ワンポイントだけ入っていても十分成り立ちます。その典型例がこちらで、トップスにはBEAMSがFRED PERRYに別注をかけたネイビーのポロシャツをチョイスしています。普遍的なポロシャツでどんなスタイルでも適用させることができるのが魅力的です。半袖モデルですが、インナーに長袖のカットソーをチョイスしてレイヤードスタイルを楽しんでも良いですね。

パンツにも、EDIFICEのネイビー系カラーのテーパードパンツを履いています。高い伸縮性、通気性、吸水速乾性を持つT400というポリエステル系素材を使用しているので、スポーティーな着こなしが可能です。ポロシャツとの相性も抜群ですよね!この2つの同色系アイテムのコーディネートに、ベルトやシューズにブラウン系を入れて、アズーロ・エ・マローネを実践しています。このテクニックを応用して、スーツスタイルのベルトに差し色的に違う色を入れることでも体現できますね。

もっと手軽に!ネクタイとジャケットだけでアズーロ・エ・マローネ!

もっと手軽に!ネクタイとジャケットだけでアズーロ・エ・マローネ!

出典:wear

トップスだけでアズーロ・エ・マローネを実践するのではなく、ネクタイを使って表現するのも有効的です。この例では、Cabalaneのセットアップをメインとしたファッションとなっています。色鮮やかなブルーが印象的で、オフシーンで是非とも活用したくなります。また、スリムなフォルムとなっていて、着ているだけでもかっこよく見せることができます。更に、このインナーとしてブルー系のシャツをチョイスしていますが、大幅にトーンが違うもの同士を上手く掛け合わせています。

そこに、ブラウン系のネクタイをチョイスしています。斜めのストライプが太めにデザインされており、アクティブな印象がありますね。これがブラウン単体ですと重すぎる印象があるだけに、このくらいのカラーバランスのほうがカジュアルよりで取り入れやすいのです。このネクタイとジャケット・シャツとのコンビネーションでアズーロ・エ・マローネを行う方法は、ビジネスシーンでも使用できるテクニックですので是非とも覚えておきましょう。


イタリアンなラフさを取り入れたスタイルにもぴったり!

イタリアンなラフさを取り入れたスタイルにもぴったり!

出典:jedia

最後に紹介するのは、夏のリゾートスタイルで是非とも実践したくなるような軽やかで若干ラフさも感じられるコーディネートです。トップスには、giannetto(ジャンネット)のインディゴペーンシャツをチョイスしています。セミワイドカラーで胸元のボタンを開け気味に着用して、セクシーな印象を与えています。ウィンドウペーンと呼ばれる窓枠のような格子が並んだチェック模様がカジュアルさを強調していますし、スリムフィットで綺麗に着こなしが可能です。
(giannettoの詳しい解説はこちら)

そこに、INCOTEX(インコテックス)の定番ハーフパンツをコーディネートしています。適度な股上とダボ付きのないシャープな腰回りにより、絶妙なフィッティングを実現しています。ハーフパンツながらも、どこかドレスパンツのようなフォルムであり、様々なファッションに使い回すことが可能です。リゾート系のファッションに特にぴったりマッチしますね!

ブラウン系のパンツにブルーのシャツで、アズーロ・エ・マローネを表現しています。多くの方が愛用しているチェックシャツでアズーロ・エ・マローネを手軽に実践できるとあり、休日スタイルでも取り入れたくなりますよね!

最後に

いかがでしたでしょうか?全体的にカラーバランスを保ちつつコーディネートするのは、とても難しい印象があります。それが、アズーロ・エ・マローネというテクニックを使いこなせれば、手軽にイタリアンファッションを実践できます。早速アズーロ・エ・マローネを取り入れたコーディネートを実践しましょう!

Pocket
LINEで送る