モテる男は一味違う!花火大会で女性にウケるモテファッション特集

出典:pixabay

Pocket
LINEで送る

夏は花火大会が行われるシーズンですよね。既に花火大会が終わった地域があるかも知れませんが、8月に入ると各地で大きな花火大会が行われるので、それを楽しみにしている方も多いことでしょう!花火大会に友人や家族、恋人と綺麗な花火を見て盛り上がるのが最高ですよね。デートシーンとしても最適ですし、ムードが何よりも最高です!

そんな花火大会で、どんなファッションを実践するかが結構悩むことろですよね。いつもどおりのファッションではありきたり感がありますし、ジャケパンなどのカチッとしすぎたスタイルもしっくり来ません。なるべくカジュアルで、かつだらしなくないスタイルを実践できると、よりムードをもたせたままで花火を楽しむことができるでしょう!では、具体的にどんなコーディネートがおすすめなのでしょうか?

そこで今回は、花火大会において女性ウケがよいコーディネートを紹介します。早速真似したくなるものばかりですよ!

こんなコーディネートで夏の花火大会を楽しもう!

大定番だけど浴衣にチャレンジ!

大定番だけど浴衣にチャレンジ!

出典:zozo

夏祭りでよく見かけるファッションとして、浴衣があります。浴衣はなかなか普段着る機会がないものですが、普段とは違う自分をアピールできるアイテムですので、ぜひ花火大会でも積極的にチャレンジしてほしいアイテムです。ただの浴衣を着てもありきたりな感じが出てしまいますので、少し個性的なUNITED ARROWSのこんな浴衣がおすすめです。

ホワイトのラインが入り、所々にまるで夜空を飾る花火のようなデザインを入れているのが特徴的です。その中で、深みのある青と白の配色による爽やかな表情を見せていますが、決して奇抜な感じはなく着こなしやすいのが良いですね。浴衣特有の肌触りの良さをキープしているので、浴衣を着慣れていない方でもすんなり着ることができる点が魅力的です。このように、日本古来からある伝統的な衣装を若者向けにアレンジしている点が、UNITED ARROWSならではですね!

このコーディネートでは、網目が荒くボリュームのある個性的な帯が印象的ですね。また、浴衣にベストマッチな巾着もよく似合っています。


レジャースタイルでも少しキレイめな要素を入れる!

レジャースタイルでも少しキレイめな要素を入れる!

出典:でらでら

今シーズンも多くの場面でデニムシャツを取り入れたコーディネートを見かけます。デニムはカジュアルなアイテムに活用されていますが、異性とのデートで着用してもさほど浮くことはありません。むしろ、堅苦しさをうまく解消することができ、爽やかさもアピールできます。よって、花火大会でも是非取り入れたいアイテムです。

このコーディネートでは、REPLAY(リプレイ)のシャツをコーディネートしています。一見するとデニムシャツっぽく見えますが、正確にはレーヨンコットン仕様です。綿や麻のようなコシがないのでクタッとした雰囲気で、リラックス感を演出できます。そこに、リアルなデニムシャツのようにブリーチすることで、程よくヴィンテージ感を演出することに成功しています。
(REPLAYの詳しい解説はこちら)

そこに、同じくREPLAY(リプレイ)のバミューダパンツを履き、そこに上品なレザーサンダルを合わせて、上手くレジャースタイルとしてまとめています。これなら、花火大会でも全く違和感なく出かけることができますね。

マリンテイストもうまく取り入れたい!

マリンテイストもうまく取り入れたい!

出典:でらでら

花火は川辺や海辺で行う事が多いので、周囲のスタイルに合わせてマリンテイストにするのも有効的です。マリンテイストは爽やかさをアピールできるので、なおさら女性からも評価されやすいスタイルです。そんなマリンテイストをうまくコーディネートに入れつつも、シャツを着てビシッと決め込んでいるのが、このコーディネートです。

パンツにはSeagreen (シーグリーン)のこなれ感満載のハーフパンツを選んでいます。タオル地を採用して、ふんわりした雰囲気が最高にかっこいいですし、何よりも肌触りが良いのが特徴です。伸縮性のあるスウェット地であり、かつ綿ポリの混紡素材となっているので、頑丈性もあるのが良いですね。ボーダーとカラーバランスの良さもあり、うまくマリンテイストを出すことができますね。

そこに、ドレッシーな Finamore(フィナモレ)のシャツをコーディネートして、大人っぽさをアピールしています。さわやかさの中にも、遊び心溢れるこんなスタイルもアリですよ!
(Finamoreの詳しい解説はこちら)

ジレをうまく取り入れて他の人との違いを明確化する!

ジレをうまく取り入れて他の人との違いを明確化する!ジレをうまく取り入れて他の人との違いを明確化する!

出典:でらでら

カジュアルな中にも、フォーマルさを強調すると、夏ファッションでは違いをうまく引き立てることが可能です。特に、花火大会ではカジュアルファッションがメインとなるので、そこにきちっとしたテイストを入れると、ぐっと女性の注目も集めること間違いありません!ただ、ジャケットを着るには暑いのでなるべくサラッと着こなしたいという方におすすめなのが、ジレを使ったこんなコーディネートです。

GAS(ガス)のジレなのですが、表はインディゴブルー、裏は洗いのかけられたシャンブレーブルーとなっていて、微妙にテイストの違いが付いています。少しスリムフィットに仕立て、尾錠などの金具を省いているのですが、これによりTシャツなどのカジュアルなアイテムに合わせやすいデザインとしています。ボタンを留めても良いですし、開けて柄物のTシャツを見せて着用するのも良いですね!

こちらのスタイルでは、GAS(ガス)のシンプルなTシャツと、夏っぽいブルー系のカラーリングが印象的なデニムパンツとコーディネートしています。単なるTシャツとデニムとのコンビネーションに、良いアクセントを加えてデートにも最適なコーディネートに仕立てています。
(GASの詳しい解説はこちら)


天候の変化にもスマートに対応できるジャケットがあると良い!

天候の変化にもスマートに対応できるジャケットがあると良い!

出典:jedia

昨今はゲリラ雷雨が当たり前のように発生するようになりましたよね。数年前の隅田川花火大会も、ゲリラ豪雨に祟られたことがあり、自然の猛威を実感した人も多いのではないでしょうか?流石に土砂降りの中で花火大会を楽しむのは大変ですが、小雨程度なら耐えれるアイテムがあるととても便利です。そこでおすすめしたいのが、ASPESI(アスペジ)のシャツジャケットです。
(ASPESIの詳しい解説はこちら)

こちらは、ポリエステル×ナイロンの混合素材を使用しているので、撥水性が高いのが魅力的です。また、まるでシャツのように着こなす事ができるので、夏場でもサラッと着こなしが可能です。全体的にスリムなサイズで、スタイリッシュに見せることができます。薄手ですので、普段着ない時にはカバンに収納しやすいのが魅力的です。

自分で着用するのも良いですが、急に寒くなって恋人が上着が欲しくなった時に、さり気なく羽織らせるのもありですね!

最後に

いかがでしたでしょうか?花火大会をより楽しめるファッションをお届けしましたが、早速行きたくなりましたよね!まだまだ花火シーズンは続きますので、早速恋人と計画して花火とファッションを楽しみましょう!

Pocket
LINEで送る