いつものパンツでも涼しく過ごせるロールアップスタイル5選

出典:AliExpress

Pocket
LINEで送る

ファッションアイテムは、そのデザインに応じて適切な着用方法があり、セオリー通り着こなすことがおしゃれの秘訣ですよね。あるシチュエーションを想定して、それにマッチするようにデザインされているのに、それを無視して着こなすのはナンセンスと言えます!ただ、パンツをロールアップするテクニックは、使い方次第でよりパンツの良さを引き立てたり、スタイルをよく見せることができるテクニックとして、昔から活用されています。

ロールアップのメリットとしては、夏場では足首をさり気なく見せるだけでも涼しげな印象を与えることができます!フルレギンスの場合、実際に履いていても熱さを感じますので、少し足首を出すだけでも見た目だけでなく実際に清涼感があるのです。また、脚長効果がある点も魅力的です。足首の辺りにパンツがだらんとしていると、だらしない印象があるとともに、スタイル的にもスッキリした印象を与えることができません。そこでロールアップを用いれば、スッキリしたフォルムに変化させることができ、脚を長く見せることができますし、美脚効果も期待できます。

そこで今回は、夏場に是非取り入れたいロールアップスタイルの中でも、おすすめのスタイルを5つに厳選して紹介します。

ロールアップで夏も爽やかにパンツを楽しもう!

太めのシルエットでもスタイリッシュに見せる!

太めのシルエットでもスタイリッシュに見せる!

出典:wear

ロールアップスタイルの目的としては、パンツをスッキリ見せるために行うと説明しましたが、このコーディネートでは正しくシルエットの良さを出すことに成功していますね。パンツにはホワイトデニムをチョイスしているのですが、ロールアップしていないと太いシルエットのままで野暮ったさを印象付けてしまうのですが、これにより一気にシュッとした印象を与えています。

また、ロールアップの太さにも注目です。一般的に、太くロールアップするとラフな印象を与えることができます。全身のスタイルとして、ちょい悪なイメージを出すスタイルを心がけているとのことですので、このロールアップの幅は正解ですね!また、ロールアップする位置にも注目で、シューズ周りで行うのではなく、9分丈程度の長さに短くロールアップした方が、夏っぽさを強調できます。

シューズにはレザー系のアイテムをチョイスして、素足履きしているのが印象的です。野暮ったいパンツでもこれだけスッキリ着こなしできるテクニックを是非学んでほしいですね。


スポーティーなパンツもロールアップでファッショナブルに!

スポーティーなパンツもロールアップでファッショナブルに!

出典:CINQUE un ALTRO

スポーティーなテイストのパンツは、今シーズンも注目したいアイテムです。トップスにシックなジャケットなどを羽織っても、場違い感はなくしっかりとコーディネートできますし、何よりも動きやすいのが良いですね!そんなスポーツテイストが入ったパンツも、ロールアップすることでまた違った趣を出すことができます。

Care Label(ケアレーベル)のこのパンツは、実はウォッシュデニムパンツです!そこに、ミリタリーテイストあふれるバッチを付けたり、ストレッチ性が高いので動きやすいのが特徴です。これにより、スポーティーさを強調しているのです。基本的にスリムなデザインですので、そのイメージを壊さないように細めのロールアップを施していますね。ジャケットにも合わせることができるという汎用性の高さも魅力的です。

スタイルとしては少しやんちゃさを強調するように、アクセサリーをうまく用いていますし、そこにタッセルローファーでカジュアルさを引き立てている点にも注目です。

普段遣いしているパンツもスタイリッシュに!

普段遣いしているパンツもスタイリッシュに!

出典:jedia

チノパンは、老若男女に愛されているパンツですよね。気軽に履くことができますし、デニムばかりで少し変化がないと感じている方でも取り入れやすいパンツとして人気です。そのチノパンですが、基本的にはスタンダードでシンプルなデザインですので、面白みに欠けてしまうという側面もあります。そのチノパンなどの普段遣いしているパンツを、夏らしくドレッシーに履くためにロールアップを組み合わせるのが有効的です。

こちらのチノパンは、BRIGLIA 1949(ブリリア)のストレッチドレスパンツです。穿き馴染みの良いストレッチコットンを採用しているので、肌触りがよくストレスフリーで履くことができます。微妙にアタリを付けることで、ヴィンテージなテイストも持ち合わせています。腰回りは軽くつまんだような2プリーツのデザインを採用し、デザイン的に良いアクセントとなっています。
(BRIGLIA 1949の詳しい解説はこちら)

そんなスタイルに、ロールアップを入れて足首を出すだけでも、印象がガラッと変化しますね。DOUCAL’S(デュカルス)のグラディエーターサンダルとの相性も抜群で、リラックスしたスタイルとなっています。

細身のデニムでもピッタリ合う!

細身のデニムでもピッタリ合う!

出典:wear

ロールアップスタイルのメリットであるスッキリした印象を与えるというのは、元々細身のデザインであるデニムパンツでも有効的です。特に、インディゴブルーのデニムパンツの場合は、裏地のカラーリングが表地と異なるので、ロールアップすることで裏地を見せることができ、また違った印象を与えることが可能です。それをうまく取り入れたスタイルがこちらです。

BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWSのブラックデニムですが、全体的に細身でスキニーパンツに近いシルエットとなっています。その中でも、過度に絞ったデザインではないので、履いていてもストレスを感じません。元々スリムであるパンツとなっている中で、少し太めのロールアップしていることで、よりカジュアルさを引き立てているだけでなく、NIKEのスポーティーなスニーカーとの相性も抜群ですね。

トップスにも若干トーンが重めのブルーシャツを着ている中で、さり気なくインナーにホワイトを入れているのが印象的です。全身を細身のアイテムで固めて、更にロールアップでスタイルを良く見せているのが心憎いですね。


ソックス履きも視野に入れる!

ソックス履きも視野に入れる!

出典:wear

ここ数年のトレンドスタイルに、サンダルをソックス履きするというものがあります。ソックスは見せるのが非常に難しいアイテムであり、見せるぐらいなら素足履きの方が良い!という方が多くいます。そこで、あえてソックスをうまくコーディネートに取り入れるだけで、ぐっとオシャレ度がアップします。特におすすめなのが、スポーツソックスです。そのスポーツソックスをうまくロールアップでアピールしているのが、この例です。

細身のスタイルが印象的なデニムパンツですが、岡山産の超長綿を使用しているので、質の高いアイテムに仕上がっています。頑丈さも高いので、ヘビーローテーションしたいアイテムですね。それをさり気なくロールアップして、その下にNIKEのスポーツソックスを合わせています。スポーツソックスは子供っぽさを印象づけるアイテムですが、このようなスタイルで取り入れれば大人の男性でもおしゃれには着こなすことができますね!

最後に

いかがでしたでしょうか?ロールアップは手軽に取り入れることができるテクニックとして有効的です。ただ、折り方や折り幅によって見せ方が大きく異なります。うまくスタイルに合わせたロールアップで、夏場のファッションで良いアクセントをもたらすテクニックとして活用してください。

Pocket
LINEで送る