ミリタリージャケット選びに迷ったらミラノ生まれの「ASPESI(アスペジ)」がオススメ!

出典:ASPESI(アスペジ)

Pocket
LINEで送る

夏でもミリタリー系のジャケットをサラッと羽織ると、かっこよく見えますよね!特に、アウトドアシーンでは、何かと危険なシーンもありますし、夜になれば蚊を筆頭とした虫が飛び交いますので、長袖でないと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。ただ、だらだら汗をかいて着るのもナンセンスなので、なるべく軽やかなミリタリージャケットがあると良いですよね。

そこで、ミリタリージャケットを多くラインナップしていて、夏向きのアイテムも多いASPESI(アスペジ)がおすすめできます。ASPESI(アスペジ)は1969年にシャツ専門のブランドから始まったミラノ生まれのブランドです。シンプルで良質なシャツを作るブランドとして有名になり、今ではトータルファッションブランドとして高い人気を誇っています。特に、ミリタリージャケットは、バランスが良く着やすいことで有名です。

そこで今回は、夏のファッションに良いアクセントをもたせてくれる、ASPESI(アスペジ)のミリタリージャケットについて紹介します。

ASPESI(アスペジ)のミリタリージャケットで夏ファッションを彩る!

定番デザインのM-65ジャケットが良い!

定番デザインのM-65ジャケットが良い!

出典:でらでら

最初に紹介するのは、ASPESI(アスペジ)のミリタリージャケットの中でも定番と言えるM-65モデルです。MINIFIELD SVENTOと命名されたこのジャケットは、一枚地仕立てであり非常に軽いのが特徴です。ポリエステル&ポリアミド混紡クロスを採用し、適度な厚みを持たせていて、頑丈にできています。また、ポリエステル特有の擦れる音がしますが、シャカシャカと軽いものではなく重厚感があります。
(M-65の詳しい解説はこちら)

ガーメントウオッシュで仕立ててあえてヴィンテージな皺を出すことで、ソフトな印象を与えることができます。ミリタリージャケットでありながら、インナーにシャツとネクタイを合わせても何ら違和感なくコーディネート可能です。ダブルファスナーとボタン比翼フロントにすることで、防風性の高さもあり、寒いシーズンでも大活躍間違いありません。

このコーディネートでは、BRIGLIA 1949(ブリリア)の軽やかなパンツとコーディネートして、夏でも暑苦しくなく涼し気なスタイルとなっていますね。
(BRIGLIA 1949の詳しい解説はこちら)


いい意味でジャケットっぽくないデザインが魅力的!

いい意味でジャケットっぽくないデザインが魅力的!

出典:でらでら

こちらのジャケットは、ぱっと見た感じはシャツっぽい雰囲気のあるアイテムとなっています。ベースとしては、アフリカなどへの狩猟旅行の為に考案されたジャケットとして知られているサファリジャケットのテイストを取り入れています。ただ、それだけではミリタリーアイテムテイストが強くなりすぎるので、そこにうまくシャツっぽさを際立たせてタウンユースできるようにデザインしています。

極細番手コットンクロスを使用しているので、柔らかくこなれた肌触りを得ることができ、独特な色落ちも楽しめます。着丈も長めではなくちょうどよいサイズとなっています。ミリタリージャケットの特徴である肩章はありませんし、第一ボタンまで閉める事が出来る、シングルフロントのデザインにより、様々な着こなしが可能となります。

こちらのコーディネートでは、サファリジャケットらしくグリーンのカラーリングのジャケットをチョイスし、インナーにNO COMMENT PARIS (ノーコメントパリ)のど派手なプリントTシャツを合わせています。うまくカジュアル寄りにコーディネートしていて、バランスが取れている例としておすすめできます。
(NO COMMENT PARISの詳しい解説はこちら)

パッカブルで持ち運びも容易な薄手のジャケット!

パッカブルで持ち運びも容易な薄手のジャケット!

出典:でらでら

夏場に常にミリタリージャケットを着るのもなかなか大変ですよね。特に、暑いのにわざわざ着なくても、朝晩であったりあるシチュエーションのみでコーディネートしたいというニーズもあります。そこで、普段はカバンの中に収納して、いざという時に使用できるパッカブルなミリタリージャケットがあるととても便利です。その意味で、こちらのM-65ショートジャケットがおすすめです。

フィールドジャケットにジャンル分けできるのですが、ミリタリーっぽくないブラックをあえて選択すると、着こなしの幅が広がります。ポリエステルやナイロンを原料にしたマイクロファイバー糸を高密度に打ち込んでいるのが特徴です。また、高収縮加工を施すことで、マットな質感を得ることができます。その中でも、ポケットのデザインやエポレットが付いていることにより、ミリタリーテイストも感じられます。

こちらのコーディネートでは、SOLIDO(ソリード)のスポーティーなパンツと合わせて、アクティブさをアピールしています。さり気なくシューズもネイビーと重めのカラーリングですが、決して暑苦しさを感じさせませんね!
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)

圧倒的な軽さが魅力的!

圧倒的な軽さが魅力的!

出典:zozo

このジャケットは、とにかく軽さを重視したアイテムとなっています。キメが細かく上品な光沢のある軽量マイクロナイロンを使用しているのですが、なんとその軽さは370gです!一般的なシャツとほぼ同等の重量ですので、これなら着ていても重苦しさを感じさせません。流石に真夏に着るのは暑さがありますが、初夏まではカバーできますし、夏でも朝晩のシーンで着ることが可能です。

このアイテムもバッカブルモデルであり、しかも専用ポーチが用意されていますので、手軽に持ち運びが可能です。まるで折り畳み傘のようにして、急な天候の変化にも対応するためにバッグに忍ばせておくのも良いですね。非常にキメが細かく、 表面にはしっとりとした上品な光沢があるので、高級感もあります!ポケットの配置も絶妙で、スマートフォンなどを収納するのも容易ですし、かさばらないのも魅力的です。

こちらのコーディネートのように、インナーにシンプルな無地Tシャツと合わせてもビシッと締まりますね!


完全にシャツと見間違うジャケット!

完全にシャツと見間違うジャケット!

出典:jedia

最後に紹介するのは、ASPESI(アスペジ)がシャツブランドであることを再認識できる、完全に見た目がシャツのようなジャケットです。全体にスリムなサイズとして、アームホールやボディーラインはコンパクトでスッキリしたデザインとしています。これも、シャツっぽく着こなすことができる要因ですね。

素材には薄く軽やかなポリエステル×ナイロンファブリックを使用しています。ナイロンによっては、ぎらつきが強く嫌味に感じるアイテムがありますが、こちらは奥行きある光沢が美しいですね!大人っぽく上品に着こなすことができるのが魅力的です。ぱっと見るとミリタリーテイストがないように見えますが、内側にポケットを配置するなど、ミリタリーアイテムらしい機能性も重視しています。

こちらのコーディネートでは、腕まくりして着こなすことで、よりシャツ感を強く感じられます。夏場にサラッと着こなすにはぴったりなアイテムとも言えます。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回はASPESI(アスペジ)の春夏向けのミリタリージャケットを中心に紹介しました。パッカブルなジャケットが多いので、ただ着るだけでなく持ち運びも便利という点が素晴らしいですね!この夏は、ミリタリージャケットにもぜひチャレンジしてほしいものです。

Pocket
LINEで送る