ラフだけどキレイめにキマるポロシャツスタイルでスマートな夏を過ごそう

出典:Men's FashionSnap Freak

Pocket
LINEで送る

夏ファッションのトップスで中心に据えたいアイテムとして、ポロシャツがあります。ポロシャツは、年代に問わずコーディネートしやすいのが魅力的です。Tシャツと違い、襟があるので割合シックに見せることができつつも、スポーティーなテイストもあるので、どんなコーディネートにもマッチさせやすいアイテムであります。

また、ポロシャツは比較的リーズナブルな価格で販売されている事が多いアイテムです。よって、一種類をヘビーローテーションするのではなく、同じアイテムでも多色揃えてその日の気分やスタイルに応じてカラーリングを変化させてコーディネートも可能です。この多彩さもポロシャツの魅力であり、ファッショニスタも愛用しているので、まだその便利さに気づいていない方は今すぐにでも取り入れてほしいです!

今回は、あるととても便利なポロシャツの中で、おすすめのアイテムやコーディネートテクニックを余すところなく紹介します!

とても便利なアイテム!ポロシャツを攻略しよう

ストレッチが強く着やすいポロシャツ!

ストレッチが強く着やすいポロシャツ!

出典:でらでら

ポロシャツはスポーティーなアイテムであると説明しましたが、それに加えてストレッチ素材を用いてより着やすさを確保したアイテムが、今のトレンドとなっています。その中で、このCruciani(クルチアーニ)の2018年新作ポロシャツが特におすすめできます。天竺コットンクロスで仕立てられていて、ストレッチ性が強く非常に着やすいのが印象的です。
(Crucianiの詳しい解説はこちら)

見た目は決して頑丈に見えないのですが、厳選された素材を使用することで、長い間着続けてもダメージが入りにくいのです。また、アイスタッチ仕様ですので、肌に触れてもひんやりとするのも特徴的です。カラーリング的には夏っぽくなくても真夏に着ても快適さをキープできるのが良いですね。ドレスシャツと同じカットワークで台襟があるので、ジャケットのインナーとしても使えそうです。

こちらのコーディネートでは、Selective(セレクティブ)のスラックスと合わせて、リラックスしている中にも大人っぽさをアピールするスタイルを実践できていますね。


襟元のカラーリングに注目したいポロシャツ!

襟元のカラーリングに注目したいポロシャツ!

出典:でらでら

こちらのポロシャツは、 MONCLER(モンクレール)のアイテムとなります。 MONCLER(モンクレール)と言えば、アウトドア系のブランドとして有名で、特にマウンテンパーカーは大人気アイテムとなっています。その MONCLER(モンクレール)が手がけるポロシャツは、意外にもシックでフォーマルなスタイルにも適用できるものとなっています。

ベーシックなデザインの中に、襟元にホワイトのラインを入れることでセンスの良さを感じさせます。また、胸元には MONCLER(モンクレール)のシンボルマークを施し、スポーツウェアのような印象も与えます。極細番手のコットン鹿の子織りクロスを使用しているので、織り目が細かいのが特徴です。これにより、通気性の良さをキープしています。また、細身なフォルムですので、インナーとしても活用することができます。

このコーディネートでは、SIVIGLIA(シビリア)の眩しいばかりのホワイトデニムとコーディネートして、よりお互いのカラーリングの良さを引き出しています。襟元のホワイトとボトムスのホワイトが呼応して良いコンビネーションとなっていますね!
(SIVIGLIAの詳しい解説はこちら)

ふんわりとした印象があるポロシャツ!

ふんわりとした印象があるポロシャツ!

出典:でらでら

ポロシャツで通気性を良くするために、生地を薄く仕立てるアイテムをよく見かけます。確かに通気性が良くなるのですが、例えばインナーに肌着を着ていると透けてしまいますし、なによりも貧相に見えてしまいます。そこで、このroberto collina(ロベルトコリーナ)のポロシャツのようにふんわりとして厚みのあるポロシャツがおすすめです。
(roberto collinaの詳しい解説はこちら)

厚みがあると言っても、凹凸のできる編み方が特徴のニット生地を使用していますので、見た目以上に通気性が良く快適に着こなすことができます。また、ニット生地は選択がしやすいのも特徴的で、roberto collina(ロベルトコリーナ)では頻繁に使用されています。肩部分や裾部分などに、大胆にステッチワークが施すことで、デザイン的にうまくアクセントを付けているのも良いですね。

このコーディネートでは、PT01(ピーティーゼロウーノ)のベーシックなカラーリングなパンツをチョイスしています。これだけではありきたり感が出てしまうので、ソックスにカラフルなボーダーのアイテムをコーディネートしているのが印象的です!
(PT01の詳しい解説はこちら)

まるで浴衣のような印象のあるポロシャツ!?

まるで浴衣のような印象のあるポロシャツ!?

出典:でらでら

日本人が古くから夏場に着ているアイテムとして、浴衣があります。特に、夏祭りなどで浴衣を着ていると、風情が出てぐっとおしゃれ度もアップしますよね!そんな浴衣を思わせるような雰囲気を持ち合わせているアイテムとして、JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のこのポロシャツがあります。JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)と言えばニットをうまく取り入れたアイテムが多いのですが、こちらもJOHN SMEDLEY’S SEA ISLAND COTTONを、30番ゲージで編み上げたニットを使用しています。
(JOHN SMEDLEYの詳しい解説はこちら)

この仕立て方では、まるでシルクのような上品な光沢を出すことができます。ソフトで繊細すぎない肌触りで、汗冷えしにくく蒸れないという特徴があるので、夏場でもサラッと着こなすことが可能です。襟元は厚みがあるので、ボタンの開け方次第で様々な表情を出すことができます。また、あえてボタンを全部留めて着用するスタイルでも、様になるのが良いですね。カラーリングはインディゴを採用して、ドレッシーなフォルムも浴衣を連想させますよね

こちらのコーディネートでは、SOLIDO(ソリード)のセットアップでジャケットを脱いだスタイルとなっています。このように、ジャケットのインナーとしても活用可能ですし、このポロシャツ単体でもスラックスと合わせやすいので、様々なスタイルで活用可能です。
(SOLIDOの詳しい解説はこちら)


よりスポーティーさをアピールできるポロシャツ!

よりスポーティーさをアピールできるポロシャツ!

出典:でらでら

最後に紹介するのは、スポーティーさをより強調したHUGO BOSS(ヒューゴボス)のポロシャツです。ファッションアイテムとしてだけでなく、実際にゴルフウェアとしても活用することを想定してデザインされているのが特徴です。素材としてコットンを使用しておらず、ポリエステルとウレタン混紡をさせた薄手ジャージ素材を採用しています。これにより、動きやすさを第一に考えていますが、その中でおしゃれさをキープしています。実際に、このアイテムは5月にイングランド・サリーで開催されたゴルフ ヨーロピアンツアー大会「BMW PGA選手権」でも選手が着用しています。
(HUGO BOSSの詳しい解説はこちら)

これだけでなく、独特なカラーのデザインが印象的です。これも動きやすさを第一に考えてのものですが、良いアクセントとなっていますね。このコーディネートのように、スラックスと合わせつつもスポーティーなスニーカーをチョイスすることで、よりポロシャツの持つイメージを引き立てることに成功しています。

最後に

いかがでしたでしょうか?ポロシャツはスポーツミックススタイルにコーディネートしやすいアイテムですし、トレンドにもマッチしている便利アイテムです。各ブランドでも力を入れているアイテムですので、ぜひお気に入りのポロシャツを見つけて、早速コーディネートに取り入れましょう!

Pocket
LINEで送る