夏のヘビロテサンダルは街歩きでも浜辺でも使えるグラディエーターサンダルで決まり!

出典:Mira La Belle

Pocket
LINEで送る

サンダルと言えばどんなシーンで履くことを想像しますか?最も似合うシーンとしては、ビーチなどのリゾートシーンではないでしょうか?これは、ビーチサンダルのイメージが強いのもありますよね。街履きでもサンダルを履くのは有効的ですが、ちょっとした悪路では歩きにくく怪我する可能性もあります。可能であれば、どんなシーンでも履きやすいサンダルがあると便利ですよね。

そこでおすすめしたいのが、グラディエーターサンダルです。グラディエーターサンダルとは、古代ローマの剣闘士が着用していたとされる履物をモチーフとしてデザインされたサンダルの事を言います。通常のサンダルと比較してストラップが多く付いているので、足にフィットしやすく歩行する際に苦労しない点が魅力的です。ただ、サンダルのメリットである履きやすさが失われる可能性もあるので、その点も考慮して選ぶ必要があります。

そこで今回は、この夏早速コーディネートに取り入れたくなるような、グラディエーターサンダルの中でもおすすめアイテムを紹介していきます。

グラディエーターサンダルで夏の足元を着飾ろう!

ぐっと大人っぽさをアピール!Paraboot(パラブーツ)

ぐっと大人っぽさをアピール!Paraboot(パラブーツ)

出典:でらでら

最初に紹介するのは、自社オリジナルのソールを採用し、履きやすさが抜群なシューズを手がけているParaboot(パラブーツ)のグラディエーターサンダルです。オイルドレザーを存分に使用して、大人っぽさをアピールできるだけでなく、履きやすさも抜群なサンダルに仕上がっています。陸軍のスペックを満たしており、その意味で若干ミリタリーテイストも入っている点にも注目ですね。
(Parabootの詳しい解説はこちら)

前のめりしにくいようにストラップと5穴バックル留めにより、ガッチリと足と密着しますので、サンダルのような歩きにくさは一切ありません。それでいて、スリッポンのように気軽に履くことができるのが良いですね。発色が良いベジタブルタンニンのレザーを使用していますので、足馴染みがよく自分なりのサンダルに成長させることが可能です。踵部ヒールは2.5cmと高めにデザインされているので、履いていてもスタイリッシュに見せることもできます!

このコーディネートでは、ホワイトのデニムパンツと合わせてモノトーンで下半身を統一しています。これにより、両者が更に際立って見えるのが良いですね。


ブーツに近い長さでも履きやすい!

ブーツに近い長さでも履きやすい!

出典:zozo

グラディエーターサンダルの中には、まるでブーツのような長い丈のものが存在しています。通称ブーツサンダル(ブーサン)とも呼ばれており、特にレディース系のサンダルでよく見られるアイテムです。メンズでも、この14thAddiction(フォーティーンスアディクション)のグラディエーターサンダルは、履きやすさをキープしたものとして注目されています。

14thAddiction(フォーティーンスアディクション)は2007年に誕生したブランドで、バリ島にあるアトリエにてコレクションを製作しています。どこかリゾート的な雰囲気を醸し出してるのも、バリ島で洗練された大人が履きたくなることを意識してデザインしているからに他なりません。重厚なイメージがありますが、フットベッドがクッション性が高い素材でできているので、快適な履きこなしをキープできます。

このコーディネートのように、ハーフパンツなどの丈が短いパンツと合わせると、よりグラディエーターサンダルを強調することが可能です。

レザーのイメージが強いが柔らかく履きやすい!

レザーのイメージが強いが柔らかく履きやすい!

出典:wear

グラディエーターサンダルは、殆どがレザーを使用しているので、レザー自体が硬くて履きにくいものがあります。こちらのナノ・ユニバースのグラディエーターサンダルも、レザーであることが一目瞭然ですが、非常に柔らかいレザーを採用しているので、見た目以上に履きやすいのが特徴です。また、指先が露出するデザインとなっているので、快適さもキープできます。

フラットに近いヒールですが、この絶妙な高さで歩きやすいと共に美脚効果を発揮します。ストラップも片手で留めることができるので、脱着も容易に行えるのも良いですね。新品の段階で既にダメージが入ったようなデザインを採用しているので、カジュアルなスタイルにも合わせやすく、汎用性が高い点も評価できます。

このコーディネートでも、リゾートスタイルを意識したラフなスタイルにもバッチリ合わせることができます。リゾート地の砂浜でも快適に履きこなせる姿が容易に想像できますね!

カラフルなストラップが魅力的!

カラフルなストラップが魅力的!カラフルなストラップが魅力的!

出典:zozo

グラディエーターサンダルは複雑にストラップが絡み合うデザインとなっていますが、それを活かしてカラフルに仕立てたアイテムがこちらです。alfredoBANNISTER MEN’Sのグラディエーターサンダルなのですが、ストラップのカラーリングが各々で微妙に異なっていることが分かります。ただ、あくまでもさり気無いカラーリングですので、派手さはなくコーディネートしやすいのが魅力的です。

非常に薄いソールを採用していますが、そこはalfredoBANNISTERのノウハウが余すところなく注入されていて、クッション性が高く疲れくにいのが特徴です。その中で、クラシカルなデザインを採用しているので、今のトレンドであるクラシカルな英国スタイルにコーディネートしても、最高にかっこいいですよ。

このコーディネートでも、スリムなパンツと合わせて、シックな中にもスタイリッシュでかっこよさを演出しています。足首まである絶妙な丈の長さも、かっこよく見せている要因ですね。


脱着がより簡単なサンダル!

脱着がより簡単なサンダル!

出典:wear

こちらもalfredoBANNISTER MEN’Sのグラディエーターサンダルですが、より脱着を容易にするためにバックジップのデザインを採用しています。これは、脱着だけでなく足首をしっかりとホールドさせる効果も発揮しますので、良い相乗効果を発揮します。ストラップの配置にも気を配っている点にも注目で、若干斜めにデザインしています。

これは、前に向かって歩く方向を意識して、足をしっかりとサポートしてくれるのです。比較的露出度が高いサンダルですが、履きやすさは抜群です。上質なレザーを使用しており、更に使い込むことで経時変化を楽しむことが可能です。もちろん、定期的なメンテナンスは必要となりますが、サンダルでありながら長い間楽しめるサンダルにもなっています。

こちらのコーディネートでは、上下ともにモノトーンのアイテムを揃えてシックかつ軽やかさをアピールするスタイルにチャレンジしています。

最後に

いかがでしたでしょうか?グラディエーターサンダルはサンダルでありながらも、サンダルとは違う歩きやすさとシックなイメージがあるアイテムとして、活用しがいのあるアイテムです。うまく夏ファッションに取り入れて、新しい一面を見せるのも良いですね。

Pocket
LINEで送る