夏こそジャケット!L.B.M.1911のファッショナブルでセクシーな「イタリアンジャケット」特集

出典:The Fashionisto

Pocket
LINEで送る

暑いけどジャケットが手放せないという方は、意外と多いですよね。例えば、仕事柄どうしてもスーツでいなければならず、ジャケットをいやいや羽織っている方がいます。クールビズに逆行することになりますが、これも致し方ない面があります。逆に、自らの意志であえて夏場でもジャケットをコーディネートの中心に据えている方もいます。これは、ジャケットの持つ魅力に取り憑かれていると言えますね!

実際に、夏ファッションは軽装でカジュアルなファッションが中心ですが、その中であえてジャケットスタイルを取り入れると、目立つと同時によりきちっとしたイメージをもたせることができます。夏ジャケットのニーズは高く、各ブランドでもラインナップしているのですが、特にL.B.M.1911のジャケットはサラッと着こなすことができて、夏に是非取り入れたいアイテムとなっています。

そこで今回は、L.B.M.1911のファッショナブルかつセクシーなイタリアンジャケットの魅力について解説します。

L.B.M.1911のジャケットで夏ファッションに変化をもたらせる!

絶妙な色落ち感が魅力的なジャケット

絶妙な色落ち感が魅力的なジャケット

出典:でらでら

最初に紹介するのは、カジュアルなチェックパターンが印象的なジャケットです。コットンとリネンのブレンド生地にナイロンもミックスしており、独特の艶っぽさがあります。この風合いにより、スポーティーなパンツなどをコーディネートしてもバッチリ合わせることができます。独特なシワがところどころにあり、これが肌との接地面積を狭くする効果を発揮し、肌にまとわりつきにくく夏でもサラッと着こなしが可能です。

フォルムは若干タイト目にデザインされていますが、立体的な設計により可動域は広く動きやすいのが特徴です。更に、このモデルは日本人向けに採寸してデザインされています!海外系のブランドでありがちな、日本人が着ると似合わないという心配はありませんね。独特な洗い加工により色落ちさせているので、ヴィンテージなイメージも持ち合わせています。

こちらのコーディネートでは、インナーにブルー系のシャツを合わせて、パンツにはベージュを入れてうまくカラーバランスを整えているのが印象的です。


こなれ感が強いダークトーンのジャケット!

こなれ感が強いダークトーンのジャケット!

出典:でらでら

先のジャケットと打って変わって、チェックながらもダークトーンで大人の男性が好みそうなジャケットがこちらです。カラー的には重めですが、まるでニットジャケットやリネンシャツを連想させる軽やかさがあるジャケットですので、夏でも快適に着こなすことが可能です。スリムフィットでウェストをキュッと絞ったデザインが魅力的ですね。チェック柄もイギリスの伝統的なものを採用して、今のトレンドであるクラシックスタイルもこのジャケットを中心に実践できそうです。

袖のみ裏地が付いているアンコン仕立てですので、多少のシワは全く気になりません。しっかりとリネンシャツのように通気性を確保しており、更に軽量化に成功しているので、着ていても堅苦しさを感じさせません。夏のリゾート地でも違和感なく着こなせる絶妙なカラーリングにより、どんなスタイルでも着用したくなりますね!

こちらのコーディネートでは、PT01(ピーティーゼロウーノ)の夏向きなスラックスとコーディネートして、きちっとしたスタイルにチャレンジしています。その中で、チェック柄が映えていますよね!
(PT01の詳しい解説はこちら)

カットソーのような着こなしが可能なジャケット!

カットソーのような着こなしが可能なジャケット!カットソーのような着こなしが可能なジャケット!

出典:でらでら

ジャケットだけどシャツやカットソーのように軽く着こなしたい!というニーズにマッチするのが、こちらのジャケットです。裏地がないアンコン仕様を採用していますが、スウェットとはまた違う重厚感があります。その中で、通気性をしっかりと確保して夏も着こなせますし、真冬以外であればこのジャケットを着回すことが可能です。凹凸が強い生地だけに、肌触りも良く着ていてもストレスを感じません。

カラーリングに目を向けると、ネイビーを主体として、レッド&ホワイトのフランス国旗を連想させるストライプ柄を採用しています。とても高いフット感でありつつも、若干ストレッチが効くので苦しさは感じられません。袖をロールアップして着用することを想定して、袖口の裏にはゴム編みリブが設置してある点が実に心憎いです!

こちらのコーディネートでは、ライトグレーのパンツにサンダル履きと、リラックススタイルを実践しています。このように腕まくりしても様になっていますよね!

クールかつクラシカルなチェックが印象!

クールかつクラシカルなチェックが印象!

出典:でらでら

L.B.M.1911の2018春夏のジャケットは、チェック柄が多く見られます。こちらのジャケットは、先に紹介したものと比較してクールな印象がありますね。それも、ベースとしてイギリス紳士を連想させるクラシカルスタイルを取り入れているからこそ成り立っているのです。そこに、ブルーをメインとして、ホワイトカラーのチェックとなっているので、ポップな印象もありますね。

ポケットを大きめなデザインとしているので、収納力が高いという点も魅力的です。ものを収納しても、スマートさをキープできるので、気兼ねなくスマートフォンやお財布なども収納したいですね。マテリアルに目を向けると、コットンをベースとしてリネン、ナイロンを混紡しているので、鮮やかさをより際だたせることができています。

こちらのコーディネートでは、ジャケットとシャツ、ネクタイをブルー系で統一して、夏っぽさをアピールしています。そこにライトグレーのパンツを合わせて、より明るさを強調しています。


麻100%でヘビーな色合いでも軽やかさがある!

麻100%でヘビーな色合いでも軽やかさがある!

出典:でらでら

最後に紹介するのは、ピークドラペルで本切羽とジャケットというよりはコートに近いようなデザインが魅力的なアイテムです。色合い的にはヘビーな印象がありますが、これも夏で明るめのカラーリングが多くなる中で、いい意味で異彩を放つことができます。オリーブグリーン系のカラーリングにガーメントウォッシュにて色落ちさせていて、明るさとダークさが混在している、不思議なカラーリングですね。

着丈は若干短めにしているので、ブルゾンのような着こなしも可能です。6つボタン仕様となっていて、デザイン的にも良いアクセントとなっていますし、ラペルピンのアイコンを配していかにもL.B.M.1911のジャケットであることが分かりますね。

少し重めのカラーリングですので、こちらのコーディネートのようにインナーにブルー系のストライプシャツを合わせて軽さを強調すると、よりこのジャケットの魅力が引き立ちます!あえてボタンを留めて着用するのが良いですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は、L.B.M.1911の2018初夏ジャケットのみを取り上げました。今シーズンだけでもこれだけのジャケットをラインナップしているというのは驚きですね!スポーティーさも兼ね備えるL.B.M.1911のジャケットで、夏もジャケットをコーディネートしつつアクティブさをアピールしましょう。

Pocket
LINEで送る