秋に着たいニット!重ね着にも対応できて秋にぴったりなニットスタイル

Pocket
LINEで送る

出典:Denim Jeans Observer

秋口はファッション的に非常に悩む季節です。と言うのも、天候次第では夏のような酷暑の日もあれば、寒さを感じるような日もあるなど、どんなスタイルが適切なのか非常に悩みます。しかも、朝晩は冷えて日中は暑いので、柔軟に気候に対応するアイテムをチョイスする必要があるのです。

そんな時に大活躍するアイテムとして、ニットがあります。ニットの魅力として、薄手でも厚手でもかさばらずすっきりと着こなしできる点が魅力的です。暑いと感じていて、朝晩急に寒くなる場合に薄手のニットを着込めば、持ち運び時にかさばりませんしジャケットのインナーなどに着込んでも着膨れしにくいので、とても便利です。ニットは、重ね着スタイルに適したアイテムである点も良いですね。

そこで今回は、秋に大活躍間違いなしのニットスタイルをご提案させていただきます。これで、秋口の寒暖の差にも柔軟に対応できること間違いなしですよ!

手軽に着れるニットが大活躍間違い無し!

今シーズンのトレンドカラー!ネイビーのニット

今シーズンのトレンドカラー!ネイビーのニット

出典:zozo

今シーズンのトレンドカラーとして、ネイビーがあります。ここ数シーズンずっとトレンドになっていて、既に定番化している印象もありますが、この秋冬には改めてネイビーの需要が高まると言われています。その中で、カシミアやウール系のアイテムを既に180年以上も取り扱っているLoro Piana(ロロ・ピアーナ)の素材を使用したこのアイテムがおすすめです。

カシミヤ山羊の通常の表面の毛を使うのではなく、柔らかいアンダーフリースのみを採取して使用しているのが特徴です。更に特殊なコンパクト紡績機を使用することで、圧倒的な肌触りの良さと、見た目の高級感があるのが見てとれます。更に、14G、30デニールの超細番手のストレッチの素材を使用することで、体にぴったりとフィットしやすいものに仕上がっています。

このコーディネートのように、少し大きめのサイズをだるっと着るのがおすすめです。また、少し寒い場合はインナーにシャツを着込んでも、しっかりとマッチします。

モスグリーンも流行する!

モスグリーンも流行する!

出典:zozo

ネイビーだけでなく、モスグリーンも今シーズンのトレンドカラーとして注目しておきたいですね。ネイビー同様に、若干暗めのカラーリングであるモスグリーンですが、意外と存在感があって個性的なアイテムも見られます。このアイテムは、ADAM ET ROPE’の畦クルーネックですが、独特な首元が若干開いたデザインが印象に残ります。

日本のニット界でも老舗中の老舗として有名な、奥山メリヤスとのコラボレーションアイテムで、薄手にデザインされていますが、保温性が高いのでこれ1枚でコーディネートしても十分通用します。このボリューム感ならオールシーズンに使用できそうですね。ラグランスリーブデザインの採用で、肩の付け根のラインがないので、肩幅が広めの体型の人にも馴染みやすくなっています。

このコーディネートでは、腕まくりしながら緩めに着用し、ボトムスにもスポーティーなアイテムをチョイスして、スポーツミックススタイルを実践しています。ストレスフリーな着こなしがこのニットの最大の魅力ですよね!

リラックス着こなしが可能!

リラックス着こなしが可能!

出典:B.R.ONLINE

ラグジュアリーなニットをデザインさせたら右に出るものはいないブランドとして、Cruciani(クルチアーニ)があります。このニットも、ファーストインプレッションでラグジュアリーな印象を持ちますよね。少し甘めに編み込んでいるので、余裕のある着こなしが可能です。また、適度に隙間があるので通気性を確保することにも成功しています。
(Crucianiのおすすめアイテムはこちら)

コットンをベースに、シルクとリネンをバランスよく配合することでドライな肌触りを実現することができます。肩周りは型付けしているのものの、他の部位はフリーなデザインとなっており、リラックスした着こなしが可能です。秋にはこのアイテムのような軽く着こなすことができるアイテムがあると便利ですよ!また、着丈がかなり浅めで、インナーとしてコーディネートしやすい工夫も見られます。

このコーディネートでは、シックなスラックスと合わせています。ビジネスシーンでもこのスタイルなら十分に使えますし、デニムパンツなどとコーディネートしても良いですね。オンとオフで活躍するのは間違いなしですね!

カーディガンをさらっと着こなす!

カーディガンをさらっと着こなす!

出典:B.R.ONLINE

寒暖の差で頻繁にニットを脱ぎ着するのであれば、カーディガンがおすすめです。カーディガンはボタンを留める・留めないでまた違ったコーディネートができる点も魅力ですよね。このアイテムも、Cruciani(クルチアーニ)のニットですが、大定番とも言えるモデルとなります。定番の中にも、今のトレンドである多少着丈が長めのデザインにモディファイされているのが特徴です。

タイト&フィットを意識して、かなりスリムなデザインに仕上がっています。アームホールをコンパクトにデザインすることにより、肩周りからのフォルムをよりキレイに見せることができます。袖口、裾のリブ幅を若干小さめの1.5センチとスマートにデザインしている点にも注目です。柔らかで上質なコットンを使用することで、肌触りも抜群です!さすがCruciani(クルチアーニ)の定番アイテム!という印象です。

コーディネートとしては、インナーにはTシャツをチョイスするのがベターです。夏に流行した無地Tシャツをそのまま流用して着こなすこともできますね。

大注目のブランド!STONE ISLAND(ストーンアイランド)のニット

大注目のブランド!STONE ISLAND(ストーンアイランド)のニット

出典:Octet Nagoya

現在大注目を集めているブランドにSTONE ISLAND(ストーンアイランド)があります。イタリアで誕生したスポーツウェアブランドなのですが、スポーティーながらもフォーマルなアイテムも多く、幅広い方から高い評価を受けています。そのSTONE ISLAND(ストーンアイランド)が手がけたニットがこちらです。
(STONE ISLANDの詳しい解説はこちら)

ウールをベースに、ミドルゲージよりもハイゲ-ジよりの細い編み目となっています。これにより、高い保温性を確保できています。動き易さをキープして、かつ通気性を考えた肉厚感となっているので、まだ暑い季節にもサラッと着こなしが可能です。これに、腕にはワッペンが付いていて、どこかミリタリー感を感じさせるアイテムに仕上がっています。

このコーディネートでは、ボトムスにスウェットパンツをコーディネートして、スポーティー感を更に強調しています。ダウンベストを合わせて、真冬まではこのスタイルで十分過ごせそうな印象があります。

最後に

いかがでしたでしょうか?秋に大活躍するニットは、ベースは薄手で暑くてもある程度対応できるものが中心となります。その中で、脱ぎ着しやすいという点もポイントとなります。今回紹介したので、今シーズンのトレンドを取り入れたものばかりですので、是非参考にしていただき秋を快適に過ごしてほしいものです。

Pocket
LINEで送る