ジュビロ磐田の監督、選手が着ているスーツは「ソリード」。名波監督や中村俊輔が着こなすソリードの伸びるスーツとは?

Pocket
LINEで送る

昨今、スポーツとファッションの関係は切っても切れない関係になっております。
ファッション業界における一つのトレンドが「スポーティ」。
数年前までは「お洒落は我慢」なんて言葉をよく聞きましたが、最近では技術の発展もあり、「お洒落に快適に」どちらかを選択していた数年前とは異なり、どちらの願いも叶うようになりました。
日常生活に運動を取り入れる方が多くなったこともあり、スポーツウェアもお洒落なものが本当に多くなりました。
ファッションとスポーツの融合という部分で、外せないのが、プロスポーツの衣装提供。
.イタリア代表のユニフォームをアルマーニが手掛けるように、有名なファッションブランドがその国を代表して、自国のオリンピック代表選手団のユニフォームを手掛けるなど、サッカーやバスケットボールのプロチームの移動着を提供するなど、以前にも増して、活性化してきております。最近では、リオネル・メッシ選手率いるFCバルセロナのオフィシャルウェアとして、イタリアのジーンズブランド「リプレイ」が選ばれ、お洒落すぎると話題になりました。(リプレイの関連記事はこちら)

日本のプロサッカーチームにおいても、Jリーグ ジュビロ磐田のオフィシャルスーツサプライヤーとして「ソリード」が選ばれました。

ジュビロ磐田とは、静岡県磐田市をホームタウンとするチームであり、日本代表を数多く輩出するJ1で活躍する名門クラブチームであります。2017年には、元日本代表のエース中村俊輔選手の移籍もあり、注目度が高いクラブチームとなっております。
現在では、日本代表の背番号10を背負った現役時代もジュビロ磐田で活躍し、イタリア・セリエAのACヴェネツィアでプレーをした名波 浩氏が監督を務めています。

そして、ソリードとは2010年に、イタリアと日本とのコラボによるボトムス専門ブランドとして立ち上げ、クリエイティブディレクターには、イタリアファッションが好きなら知らない人はいない、イタリアの4拠点でショールームを主宰するアレッサンドロ・スクアルツィ氏が務めております。
日本の世界でもトップクラスの素材を生かし、ヨーロッパの染色や紡績技術を融合し、MADE IN JAPANでイタリアらしいデザインの効いたコレクションを日本人向けに展開しているブランドとなります。
日本人体型でもスマートに見えるシルエットを独自研究の末、考案し今では、メンズファッション誌「LEON -レオン-」や「MEN’S EX-メンズイーエックス-」「MEN’S CLUB-メンズクラブ-」などで取り上げられ、一躍トップボトムスブランドとして、毎年シェアを広げております。
(ソリードに関する記事はこちらから)

早速ですが、今回ジュビロ磐田のオフィシャルスーツサプライヤーとして、提供しているソリードのスーツですが、こちらのスーツは着用したままでサッカーがプレーできてしまうという近未来的な生地となっております。まさにスポーツとファッションの融合を体現したかのような生地となっております。
ジュビロ磐田の監督、選手のインタビューにてソリードの魅力、着心地を名波浩監督、中村俊輔選手、2017年にオードラ・オポーレに移籍した元日本代表の松井大輔選手、2017年シーズンに移籍が決まった川又堅碁選手が語ってくれておりますので、ぜひこちらをチェックしてみてください。



実はこのソリード、他にも革新的な生地をオリジナルで作り出し、毎年展開しているのです。いわゆる、定番と呼ばれるモデルと合わせて、2017/18に発表された新たなコレクションを含めて、ご紹介させていただきます。

  • 1. 名波監督が試合中に着ている「コットンマナード」スーツとは?
  • 2. ソリードを世に知らしめた「超度詰天竺」
  • 3. レジャーシーンにも使える!トレンドのシャカシャカ素材
  • 4. 販売店限定のプレミアム素材。裏と表で素材が違うフカフカ素材

たっぷりとソリードの魅力を4つのモデルを見ていただきながら、感じていただければと思います!

名波監督が試合中に着ている「コットンマナード」スーツとは?

アイテム:ジャケット
アイテム:パンツ

ソリードの定番素材の一つで、当時は珍しかったビジネスを軸に考えたセットアップスーツとなっております。今でこそ、ジャケットとスラックスが別々に着こなすことができる、所謂セットアップアイテムは多くなっておりますが、いち早くビジネスの視点からこれに目を付けたのがこちらのソリードでした。
この生地のすごいところは、圧倒的な生地の技術。
形状記憶素材を採用したモデルとなっており、ポリエステルとコットンをブレンドしたオリジナル素材となっております。
程良い艶感と霜降り感のある生地は高級感があり、普通のスーツとは一線を画しております。さらりとした肌触りに加え、耐熱、耐光にも優れております。
そして、この生地最大の特徴が洗濯機での丸洗いを可能にしていますので、毎回クリーニングに出す手間がかからず、ご家庭の洗濯でケアができてしまうのです。
シワになりにくい生地感と未来永劫消えることのないセンタープリーツ。更に2017年シーズンからこの特性にストレッチ性もプラスされ、言い過ぎではなく、このスーツを着用したまま運動もこなしてしまうまでになりました。
ジャケットにおいては、肩パッドがない所謂、アンコンジャケットと呼ばれるものになりますので、カジュアルでの着用ももちろん可能としております。
清潔感のある白Tと合わせてもらえれば、より品よくモダンな着こなしとなるかと思います。冬にももちろん着用は可能ですが、ジャケットだけでは寒いですよね。コートを羽織ると少しかちっとしすぎてしまう。そんな時はこのハイテク素材を生かし、スポーティにダウンベストと合わせてあげるのはいかがでしょうか。

着用後は、ジャケットはハンガーに。そしてパンツはいつも畳んで片付けがちですが、穿きシワを伸ばすためにも、ハンガーで吊るして一晩置けば伸びますので、出張時にも重宝しますよね。

ソリードを世に知らしめた「超度詰天竺」

アイテム:ジャケット
アイテム:ジレ
アイテム:パンツ

こちらは、先ほどのコットンマナードとは異なりますが、ソリードを世に知らしめたソリードと言えばの素材となります。2013年頃にこちらの素材を使ったモデル「超度詰天竺」をリリースしました。
実は、この生地写真ではわからないと思いますが、「スウェット」なんです。
今でこそ当たり前となりましたが、当時はスウェットをエレガントに着こなすなんていう考えはなかった時に、リリースしたのがこちらのモデル。ドレススウェットトレンドの火付け役。ドレススウェットのパイオニアと言っても過言ではないかと思います。
そもそも超度詰天竺とは?というこだと思いますが、編みの度目を極限まで詰めて編んだ生地となります。実際、度詰までなら他社メーカーでも作ることは可能です。でもソリードはそこからさらに詰めたので、超が付くという訳なのです。ソリードはこの素材を完成させるために、世界で一台しかないオリジナルの編み機を作っておりますので、他では真似できないのも当然なんです。
こうして出来上がった極限まで編みの目を詰めた素材だからこそ、本来のスウェットのような伸縮性も兼ね揃えながら、生地にコシがあり、毛羽立ちのない光沢感があるものに仕上げることができたのです。もちろん、スウェットですので、洗濯も可能となっておりますので、奥様にはうれしいですよね。スウェットパンツって、穿いていくとパンツの膝が抜けてくるイメージが強い方もいらっしゃるかと思いますが、詰めて編んでることで、生地のキックバック性も高く、なかなか膝が抜けないのです。どうしても着用していると膝が出てきますので、その場合は洗濯していただくとまた一から着用いただけますので、ぜひお試しあれ。
スウェットですが、こんなにもハリがあれば、もちろんスーツとしての着用も可能。
ジレも合わせて着ていただければ、ご覧の通りクラシカルな装いも可能となっております。2017/18シーズンより、ディティールが少し変更となり、よりクラシカルな雰囲気になり、カジュアルだけではなく、ビジネスでの需要も高まってきました。
今まではジャケットはカジュアル要素が強い細幅のラペルでありましたが、Vゾーンは浅く、ラペル幅の太くすることで、クラシカルさをプラスさせることができました。
ジレにおいても大幅モデルチェンジとなり、釦一つ分Vゾーンが浅くなり、カジュアルで着るも、ビジネスで着るもエレガントな雰囲気を醸すディティールチェンジとなりました。

アイテム:パーカー
アイテム:パンツ

限定販売のブラックシリーズ。
超度詰め天竺の良さを少しでも理解していただけましたでしょうか。
実はジャケットだけではなく、パーカもご用意しているこちらのモデル。よく考えるとジャケットとパーカが同じ生地で作れるなんてなんだか信じられないですよね。
どうしてもカジュアルなイメージが強いアイテムかと思いますが、言わばジャケットと同じ生地で作ったものになるので、本当に上品な出で立ちなんです。コーディネートのように、ブラックの同素材のパンツとセットアップで合わせれば、レジャーもこなせる休日着。
パーカのセットアップスタイルも見逃せませんね。
実はこのブラックカラーは販売店が1店舗しかない限定モデル。気になる方は左のリンクよりチェックしてみてくださいね。

レジャーシーンにも使える!トレンドのシャカシャカ素材

アイテム:ジャケット
アイテム:パンツ

LEON レオン10月号に記載されるやいなや、問い合わせが殺到した近未来的セットアップスーツ。モデル名は、「高密度ポリエステル100%」。キメが細かく、光沢感があることで、高級感を漂わせるファブリック。ストレッチ性も備えているかなり楽チンなアイテムとなります。もちろんポリエステルですので、ケアは簡単。皺にもならず、丸洗いもできるので、少し天気の悪い日でも、レジャーやアウトドアのシーンでも使っていただけるのではないでしょうか。スニーカーとの合わせを楽しめば、ラグスポ的な着こなしとなり、旬なスタイルとなるのではないでしょうか。

販売店限定のプレミアム素材。裏と表で素材が違うフカフカ素材

アイテム:ジャケット
アイテム:パンツ

2017/18シーズンの話題作。
コットン×ポリエステルのダブルフェイスジャージー素材。
表地と裏地で素材が違うものを一枚にすることで生まれたダブルフェイス素材。2種類の太さが違う糸を使用することで、凸凹感がありシックなジャガード織かのようなフェイスに仕上がっております。
そして、ソリードと言えばの着心地。こちらももちろんいつも通りというよりいつも以上の着心地を実現しております。秋冬専用の生地で、ダブルフェイスとなっていることもあり、穿き心地はかなりふかふか。それでいて、ジャージな伸縮性も備え、サイズ感はややトレンドも踏まえてゆったりめとなっております。

ジェットセットなんて言葉聞いたことございますか?飛行機でのスタイルのことなのです。長時間同じ場所に座ることになるので、皺も気になりますし、リラックスできる服じゃないと、しんどいですよね。
そんなときにこのスーツセットアップはいかがでしょうか。リラックスでもありますし、キックバック性も高くシワにもなりにくいですので、おすすめです。
何より、いつ何時もお洒落にいたい。そんな殿方の想いを叶えてくれるセットアップスーツとなっております。

最後に

今回ご紹介させて頂いたのは、ソリードのモデルの中でもほんの一部。
実はまだまだご紹介したいモデルもあるのですが、それはまた次回にしておこうと思います。
よく言うのは、イタリア人にとって、シルエットの良いパンツと白シャツは、最も大事ということはよく言われております。
本当にその通りで、パンツのシルエット次第で見え方が全然違うんです。
数年前までは、我慢しながらパツパツのパンツを穿きこなすのがお洒落になっておりましたが、今の時代は、楽しながらシルエットがきれいを実現しております。
そんな美シルエットパンツの戦国時代である今。日本人にとって最も綺麗なパンツブランドの一つがこのソリードだと思っております。
ぜひこの機会に一度お試ししてみてはいかがですか?

ソリードのその他記事はこちら
ソリードで史上初のデニムが登場!その全貌が明らかに!
でらマガ編集部 武田

Pocket
LINEで送る