意外と知らない!? シーンによって襟の形を使い分ける襟の形特集!

Pocket
LINEで送る

出典:GATAG
著作者: peddhapati (CC BY 3.0)

シャツといえばファッションにおいてオールシーズン使えるアイテムとして、誰もが一枚は持っているアイテムの一つではないでしょうか?
ビジネスからカジュアルまで、幅広く使えるシャツですがシャツの襟(カラー)の形って気になりませんか?実はシャツの襟すなわちカラーには様々な種類があります。

シャツのカラーは、人の目線が集まる場所とも言われます。
そんな視線があつまる場所は意識しておきたい部分の一つです。
襟型一つで印象がガラリと変わりますよ。

でもどんなシーンにはどの形の襟を選べばいいのかわからなかったり、悩んだりすることがあると思います。

私も昔は、スーツには白シャツ、カジュアルなら柄シャツとイメージを持っていましたがどんなシーンにはどの襟がいいのかなど、あまり意識して考えたことはありませんでした。

しかし、シーンによってはシャツの襟が大きく印象を変えたり、自分にあっているシャツの襟などもあります。

今回は、意外と知らないシャツのカラー(襟型)について、特徴やシーンにおいてご紹介させて頂きます。

良く使われるシャツ襟(カラー)の種類

レギュラーカラー

レギュラーカラー

一般的に誰もが一枚は持っているシャツであり、定番中の定番と言われており、特徴はどんなジャケットやネクタイと合わせても決まる襟です。
スーツなどビジネスシーンに使われていることが多いシャツ。
法事やお通夜などの場面でも特に使われるシャツのことです。

相手に与える印象もよく、かしこまった場面や大事な商談などにはレギュラーカラーのシャツを使うのがおすすめです。

ホリゾンタルカラー

ホリゾンタルカラー

イタリアで人気のホリゾンタルカラーはシャープな印象を作りだしてくれる襟型です。襟型の中でも襟羽開きが広く、ワイドカラーの中でも最も襟が開いています。襟羽開きがほぼ180度開いている特徴カラーになります。

見ての通りほぼ水平に開いている襟なので、「水平」と言う意味を持つホリゾンタルから名前の由来がきています。

ホリゾンタルカラーの印象は、襟が広く開いているためネクタイをしたときの印象はすっきりとした印象を演出してくれます。
カジュアルとして着用する場合などは、トップボタンを外して着ることができ、曲線を描きキレイめな男らしい印象を作り出してくれる特徴のカラーになります。

ビジネスシーンやフォーマルなシーンでもホリゾンタルカラーは活躍します。
ネクタイをした場合、ノータイの場合でも大人の上品さを底上げしてくれる襟型のシャツになります。

ボタンダウン

ボタンダウン

ボタンダウンとは簡単に言うと襟先にボタンがついているシャツのことを意味します。こちらはホリゾンタルとは異なり、日本でも浸透されている人気カラーの一つではないでしょうか?

少しオシャレな印象を演出したいときなどに活用度が多くなるシャツ。

ボタンダウンは「ブルックス・ブラザーズ」の創設者ジョン・ブルックスが発案したと言われています。
元は「ポロ・カラー・シャツ」という名称でしたが、襟が小さなボタンで留められていることからこの名前が生まれ、広く広まっていきました。

ボタンダウンの魅力としてVゾーンがしっかりとしていて清潔感を演出してくれるというところが、最大の魅力ではないでしょうか?
ボタンが襟を留めてくれているため、襟がしっかりとたち、ボタンによる襟元ロールが顔を引き立たせてくれるため華やかな印象になりますよ。

ビジネスでもカジュアルシーンでも着用できるシャツになりますので、デザイン次第では使い回しが聞くアイテムの一つだと思います。

ウィングカラー

ウィングカラー

上記の3つは主に定番的に使われるシャツの襟型でしたが、ウィングカラーシャツは印象がガラリと変わる襟型になります。「ウィング」という呼び名が付いているように羽すなわち翼のような襟型が特徴の襟型になります。

ドレッシーな印象の強いウィングカラーのシャツ、カジュアルなシーンで着ることはなかなかオシャレ難易度が高いシャツになりますが、パーティーシーンや結婚式などフォーマルなシーンで活躍するシャツ。
タキシードなどの正装にボウタイをプラスすることで上品に仕上がるドレッシーな着こなしを楽しんでいただけるエレガントな襟型です。

個性的なシャツになりますので他人との差をつけたいときなど、蝶ネクタイ好きには堪らないカラー。
蝶ネクタイとの相性抜群です。

襟が小さいため顔周りをすっきりと演出し、スタイリッシュな印象のあるシャツになります。
上品な爽やかな印象・コーディネートのアクセントとなるシャツです。

バンドカラー

バンドカラー

シャツの襟が付いておらずバンドが一周ぐるっとついているようなデザインになっているバンドカラー。クラシックな雰囲気もあり
ラフな印象も作りだすことができるカジュアルよりのシャツになっております。

最大の特徴そして魅力的な部分といえば顔周りがすっきりした印象になるところです。襟があるとキレイめなカチッとした印象になりますが窮屈な印象を感じているかたも多いと思いますが、バンドカラーのシャツなら涼しく快適に着こなしができるという点は魅力的な部分の一つです。

適度なリラックス感があり、オシャレさを引き立たせてくれるシャツになりますので、フォーマルシーンやビジネスシーンには使えませんが、カジュアルな場面での使用度は多くなるシャツです。

シーンにあわせたカラー

ビジネスシーンはホリゾンタルカラーシャツ!

ビジネスシーンはホリゾンタルカラーシャツ!

一般的にビジネスシーンでよく使われるシャツの襟型といえばレギュラーカラーとなります。レギュラーカラーは定番的でビジネスなどのシーンでは外さないカラーとして基本的には一枚は誰もが持っているカラーとなっておりますが、個性的な印象はなかなか生まれにくいシャツ。商談など先方にいく場合や会議の場合はレギュラーカラーは安定して良い印象をうけます。誠実さ、堅実さを生み出してくれるレギュラーカラーはビジネスにおいて外せない一着です。

ビジネスシーンでもカジュアル要素を取り入れた「ビジカジ」スタイルがテイストとして流行しつつあるのも事実です。そんなビジカジスタイルに合うカラーといえばホリゾンタルカラーです。
ビジネスシーンにタイドアップは男の一番かっこいいスタイルです。そんなビジネスシーンにはタイドアップは必要不可欠なアイテムですよね。

ワイドカラーの一種でもあるホリゾンタルカラーはネクタイとの相性もよくVゾーンを印象的に演出することができ、無駄のないシンプルさが上品な大人のビジネスマンを演出してくれます。
いつもと違った印象を引き出すことができ存在感をぐっと引き寄せてくれるホリゾンタルカラーですが気をつけておきたいポイントとしては、法事などの席ではホリゾンタルカラーはNGになります。
レギュラーカラーにはビジネス、フォーマルな場面で万能に着まわせるというメリットがありますが、ホリゾンタルカラーは人気上昇のカラーでありますのでよりオシャレに、周りのビジネスマンとの差をつけることがメリットです。

ネクタイは細めのネクタイより太めのネクタイを選び、ウィンザーノットのような結び目が大きくなるように結ぶのがおすすめです。

パーティーシーンはドレスに決める!

パーティーシーンはドレスに決める!

パーティーシーンなど着飾るシーンで周りとの差を出せるのがシャツではないでしょうか?
派手すぎてはいけないし、硬くなりすぎるのもカジュアルすぎるのもいけないシーンこそその場にあったシャツを選ぶべきではないでしょうか?

パーティーシーンや結婚式2次会などのフォーマルなシーンにはウィングカラーシャツで蝶ネクタイスタイルがオススメです。魅力的な首元を作り出してくれるウィングカラー。ボウタイなどのアクセサリーとあわせる事でドレッシーさを与え独特な立体感は少し着飾るパーティーや結婚式などでのスタイルをエレガントに演出できるシャツとなっています。
独特な世界観を作りだしてくれるウィングカラーのシャツは、キレイめやパーティーシーンなどにはもってこいのカラーとなります。

かしこまった席や冠婚葬祭、結婚式の2次会など特別な日に身に着けたいウィングカラーのシャツは、キレイめな印象を作りだしてくれる襟元が強調されにくく、華やかさを与えてくれるシャツ。
普段着ることが少なくなるウィングカラーシャツだからこそ周りとの差を出すことができ、フォーマルなスタイルをまとめ上げてくれます。

一番のポイントとしては数あるシャツの中でもフォーマル度が高く、華やかさが出る気品あるシャツであることです。

カジュアルシーン

バンドカラーでラフスタイル

バンドカラーでラフスタイル

カジュアルシーンに活躍するシャツといえばバンドカラーシャツ!
シャツといえばキレイめなアイテムですが、バンドカラーシャツは立ち襟ですので、ラフさを演出することができるシャツなのです。通常のシャツよりも襟が立ち襟なだけでカジュアル要素が生まれます。
また、襟部分がないためもたつくイメージをけしてくれて且つ顔周りをすっきり見せてくれるシャツですのでラフな格好が多くなるカジュアルシーンには取り入れたいシャツのカラーなのです。
キレイめなシャツが多い中なかなかカジュアルに着こなすシャツの中でも適度にリラックス感を出せるところがバンドカラーシャツの良いところですよ。

また季節によっては暑苦しい印象もなく清潔感を印象付けてくれるのでオシャレさも引き立ちますよね。

今年トレンドのバンドカラーシャツの印象はスッキリと快適に見せてくれるので、カジュアルシーンには取り入れたいアイテムの一つではないでしょうか。

大人の綺麗めカジュアルはボタンダウンシャツ!

大人の綺麗めカジュアルはボタンダウンシャツ!

カジュアルにもビジネスにも使われているボタンダウンシャツですが本来はカジュアルシャツなのでビジネスでは着用すべきでないとも言われています。
それならノータイでカジュアルに着こなすべきではないでしょうか?

ボタンダウンシャツは襟先とシャツがボタンで留められているので、襟が動くことなくしっかりと自立してくれるのでキレイめな大人の印象を与えてくれます。
清潔感のある着こなしができるのも特徴のボタンダウンシャツ。

Vゾーンがしっかりとしており顔の襟元にロールがくるため華やかさを持たせてくれるのもボタンダウンがカジュアルとして活躍するシャツの一つです。

そんなボタンダウンシャツは気をつけておきたいポイントがあります。
それは、襟先のボタンは必ず締めてください。
ボタンダウンのボタンを外してきてしまうとひらひらして、キレイめな印象のボタンダウンシャツがダサくなってしまいます。
せっかくのメリットを消してしまいますよね。

ボタンダウンの着こなしとしてカジュアルに着るなら、第一ボタンは外すべきです。
ボタンを外すことによりできるロールが顔を引き立たせ全体を清潔感、華やかさを持たせてくれるからです。

この2点さえ抑えておけばボタンダウンシャツは大人のキレイめスタイルを演出してくれますよ!

番外編 自分の顔はどのシャツに合う?

首元を強調するシャツのカラー部分。
シャツの襟部分を少し意識するだけで大きく印象は変わってきます。

顔が大きめ

顔が小さめ

顔が大き目な方は襟は大き目を選ぶといいですよ。
襟部分が大きいことで顔とのバランスが良くなり、顔が大きく見えなく襟がカバーしてくれます。
ですが小さめの襟を選んでしまうと全体のバランスが悪くなり、顔をより強調させてしまうので小さめの襟は避けましょう!

顔が小さめ

顔が大きめ

顔が小さめの方は大きめの人と逆に、襟は小さめを選ぶように意識してみて下さい。顔をはっきりさせるのもシャツのカラー部分の特徴です。顔が小さめの方は襟が大きすぎると襟が主張しすぎて、顔と襟のバランスが悪くなります。
またバランスが悪くなると、どんなにかっこいいシャツを着ていてもださく見えてしまいます。

※ちなみに首が長く、細いという方には襟高が高く、襟羽の長さが長いドゥエボットー二を選ぶと首の長さが緩和されて全体的にバランス良く見えます。

ドゥエボットーニカラーとは、襟元部分に釦が2つ付いているカラーの事を言います。
特殊なカラーですので個性的という部分もあり、第一ボタンを開けて着るとオシャレな襟ですよ。

まとめ

いかがでしたか?
シャツに大事なカラー部分。カラー(襟)部分一つ違うだけで印象も全く変わってきますよね。
顔を引き立たせるシャツせっかくならかっこよく、着こなしたいですよね。
また、特徴のあるカラーのシャツは使うシーンを選んで使ってみて下さい。
シャツは誰もが持っているアイテムの一つだと思います。
これから新たにシャツを新調する方など是非、買う時の参考にしてみて下さい!

Pocket
LINEで送る