服装NGで損しない、初デートの心得!

Pocket
LINEで送る

誰でも服はかっこよく着たいという願望はあると思いますが、その「かっこいい」いいは2つのカッコイイがあると思うのです。
1つは「自分が見てカッコイイ」と思うもの、もう1つは「他人から見てかっこいい」と思うもの。
好きなファッションで自分を決めて、鏡に映る自分自身に満足するのも1つの楽しみだと思いますし、自身のモチベーションを上げてくれる大事な要素だと思います。
自分はこういう人間だと個性をイメージ化する手段としても有効ですし、ファッションとはこういうものだと言い切る人すらいると思います。
しかし、今日お伝えしたいのは、もう一つのかっこよさの方。
人から見てカッコイイ!と思ってもらえるかどうかというお話です。

誰にも服を選ぶのに悩んだ経験の一つや二つあるともいますが、意中の女性とのはじめとのデートに着ていく服を選ぶ時には、特に何を着て行こうか迷うことありませんか?

相手の好みもよく理解できていないのはもちろん。自分のことも深くは理解してもらえていない状況でのデート。これからもっと自分を知ってほしい。知りたいと思って欲しい。
つい、嬉しくて、気合いが入りすぎて、いつも以上にやりすぎてしまうそんな経験がある人も少なくないはずです。また、いつも通りでいいや、気合い入れすぎても逆にかっこ悪いしなぁ、とラフを勘違いしてだらしない格好も、実際はNG。どうしたらいいのか途方にくれてしまって、せっかくの楽しいデートが楽しみでなくなってしまう。そういったケースも聞いたことあります。。

では、どんな服を選んだらいいのでしょう?
そんなに難しくはありません。
ポイントは、「シンプル」「ラフすぎない」「清潔感
そして、それらの“バランス感”です! 女性が自然に隣を歩ける。そんな安心感のある着こなしを少し学んで、初デートで損をしないファッションをぜひご覧ください。

最も大事なのは「バランス」

女性が気おくれしてしまう、隣を歩くのが恥ずかしいと感じてしまう。
そんな着こなしになっていないかチェックしてみて下さい。

初デートに向けて少しでも自分をかっこよく見せたい!そんな気持ちは本当に良くわかります。自分が持っている一番カッコイイ服で勝負!それも分かります。
でもちょっと待って、
やりすぎくんはNG対象!です。

1.大事にしたいポイントの一つは「シンプル」

初デートでキザすぎる大判ストールでキメキメストールコーデ!

初デートでキザすぎる大判ストールでキメキメストールコーデ!
これはNGです。
オシャレだけど・・・と、初デートでは気負い過ぎな印象があるようです。おしゃれだけど、、、やり過ぎ。これは一番多いミステイク。隣を歩く女性がリラックスして楽しめる、そのバランスを大事にしていきましょう。目指すのはシンプルでスマートな自分です。

  • 小物をたくさん使ったジャラジャラコーデ
  • 赤・黄・青・緑・オレンジ・ピンク 色々つかいすぎた派手派手コーデ

これどちらも、不人気コーデの上位に入ってくる常連さんです。

迷ったら、3ルール!!
小物は3つまで!色も3つまで!
こうすることで統一感のあるスマートコーデに変わります。ぜひ使ってみて下さい。

コーディネート参考:http://www.deradera.co.jp/coordinate/
コーディネート参考:http://www.deradera.co.jp/mail/20170817.html


インナーのシンプルさも大事です。
相手がどんな服装で来るかわからない状態で、インナーにプリント物、派手物はリスクが高くなります!デザインのプリント物はかっこいいけれど、この時だけは無地か、ボーダーくらいにとどめておくことをお勧めします。

襟モノのきちんと感というのも、最初のイメージには効果的です。迷ったらシャツ!
これもスマートに見せる鉄板ですよ!
さらに、これからは半袖1枚とか、シャツ1枚ではなくジャケットを羽織る!というのもスマートポイント。大人なスタイリングの基本としてシンプルなジャケットの1枚は持っておきたい。

アイテム:無地インナー

アイテム:ボーダーインナー

2.大事にしたいポイントの二つ目は「ラフ過ぎない」こと。

オシャレに着こなそうとすればするほど、ブランドを勉強したり、流行を勉強したり、頑張りますよね?それは大事なことだけれど、情勢からみればそれよりも大事なことがあるみたいです。
良く言われるのがトレンド意識し過ぎ勘違いコーデというスタイル。
別に勘違いではないんです!オシャレに着こなせているはずなんです。ただ、時と場合が良くなかった。それだけだと思うのです。男友達と飲みに行く。一人でぶらりと散歩に出かける、シーンではオシャレなセンスを感じる着こなしも、初デートの情勢からしたらだらしない印象が強く不人気コーデの上位に食い込んできてしまうのです。
シルエットはやはりスマートに。そしてラフなスウェットの差材感も極力出さないように、スウェットコーデは気をつけましょう。素材は同じでもジャケットスタイルで着こなせは好感度は急上昇なはずです。

アイテム:ジャケット
アイテム:パンツ


これもハード過ぎ、自分のシュミに走った結果も、男らしさをアピールしすぎた結果も、どちらもあるかもしれませんが、さすがに初めてのデートではレベルが高すぎるコーデ。
学生時代ならありなのかもしれませんが、社会人お皆様には普段とのギャップがありすぎて、待ち合わせ場所での女性の反応が怖すぎます。

どうしてもレザーで行こう!という方は、インナーをシャツに着替えていくことをオススメします。それだけできっときちんと感と清潔感はアップするはず。
ハードなイメージをスマートに転換させることで、女性の反応も変わるはずですよ。

アイテム:シャツ
アイテム:シャツ

最後に

いかがでしたでしょうか?
今回は極端な例は全く上げずに、ありがちなリアルスタイルでご紹介させていただきましたが、やってしまってた経験が思い起こされたりしませんでしたか?
誰しも、その日に対しての思いが強ければ強いほど、かっこよく見せるために肩に力が入ってしまうものです。
「自分の好きな服」ではなく「相手に好まれす服」これをカッコイイという一つの定義として、初デートの日くらい着こなしを考えて見てもいいのではないでしょうか?
せっかくなら好かれたい。そのために待ち合わせ場所へ走る場前に、ちょっと立ち止まって自分の服装を見直す、そんなきっかけになってもらえたら嬉しいです。

スマートな大人のスタイル提案として、カジュアルときれい目をバランス良く着こなすスタイル集。
こちらも是非。
でらスタ

Pocket
LINEで送る