今年の秋はM-65がオススメ!サファリやミリタリーを意識した秋らしいアウターを一足先にゲット

Pocket
LINEで送る

当コラムでも頻繁に紹介していますが、まだまだミリタリーアイテムのブームは継続しそうな勢いを見せています。その中でも、M-65がトレンドアイテムではなく、もはや定番アイテムとして定着しています。M-65と言えば、フィールドジャケットとも呼ばれていて、ミリタリーアイテムの中でも大きく進化したモデルとして、軍服としても見どころ満載なアイテムです。

既に第二次世界大戦も終戦している1960年台に登場したM-65は、実は誕生当初から多くのメーカーで製造されていた経緯があります。よって、基本スタンスは変わらないものの、随所にメーカーの個性を織り込んで製造されているのです。これにより、ファッションアイテムとしても活用できる下地があるのです。

そこで今回は、今年の秋シーズンも絶対に欠かせない、M-65の基本的な機能から、最新トレンドアイテムまで余すところなく紹介します。
(ミリタリーアイテムの詳しい解説はこちら)

今シーズンもM-65で間違い無し!M-65の秘密に迫る

成り立ちをおさらい

成り立ちをおさらい

出典:Highsnobiety

まずは、M-65の成り立ちについて紹介します。第二次世界大戦から朝鮮戦争にかけて、軍服が大きく進化を遂げてたのですが、M-41やM-43、M-50、M-51フィールドジャケットが主に使用されてきました。各モデルは、米軍規格であるMILで事細かに仕様が決まっているわけですが、その進化版として仕様番号MIL-C-43455に準じた軍服としてM-65が誕生しました。また、MIL規格上でフィールドコートが正式な名称として採用されています。

平均気温が華氏14度(摂氏-10度)から華氏68度(摂氏20度)の環境で使用することを想定して、過酷な環境でも耐えられる素材と製法が採用されています。実際に、湾岸戦争においては、夜間、砂漠地帯の急激な冷え込みに耐えることができる軍服として、爆発的に普及しました。2008年にUCP(Universal Camouflage Pattern)の軍への納入が終了していますが、足掛け40年以上にわたってアメリカ軍の現用モデルであり続けた実績があります!

軍への納入が終了した現在でも、主に中国でオリジナルに近いM-65が製造され続けています。これは、ファッション用途としてだけでなく、非公式で軍用に使用されているからです。アメリカ同時多発テロ事件を首謀したとされている、オサマ・ビンラディンがウッドランド・パターンのM-65を着ていたことでも知られています。


ナイロンと綿の混紡に変更!

ナイロンと綿の混紡に変更!

出典:EDWIN

では、M-65の特徴について解説していきます。まずはじめに、M-51から変化したポイントとして、綿100%からナイロンとの混紡になった点が挙げられます。割合としては、綿:ナイロン=50:50もしくは55:45の混紡のサテンが採用されています。ナイロンの代わりにポリエステルを使用しているケースもありますが、これはオリジナルではなく民生品でのみ見られる傾向です。

ナイロンと綿の組み合わせは、通称ナイロンコットン、NYCO(ナイコ)と呼ばれていました。ナイロン素材の特徴は、速乾性と耐久性がありますよね。また、綿の特徴である保温性と吸湿性が挙げられますが、この2つのマテリアルの良さを融合した素材として、多くの軍服でも活用されています。1980年頃からは、コットンリップストップ生地や、ナイロンコットン混紡生地というものも登場しています。

こちらは、M-65ブームの火付け役として有名な、 ALPHA INDUSTLIESのM-65です。ナイロン特有の光沢があるのが見て取れますよね、薄手に見えつつ、防寒性が高いアイテムとして重宝すること間違いなしですよ。

襟の形状が変化!

襟の形状が変化!

出典:zozo

M-51から変化した点として、襟の形状変更も見逃せません。M-51では、通常の襟を採用していたのですが、前面の4つのポケット、エポーレット、フードが収納された立ち襟に変化させました。これは、寒さ対策により採用されているのですが、実にこれがスタイリッシュに見えてカッコイイのです!

また、立ち襟を採用した理由として、フードの採用があります。実戦を想定して、寒さしのぎとしてフードが欲しくなるシーンがあります。そんな時に、手軽にかぶれるフードを実装したというのは、実に大きな進化なのです!また、フードが不要なシーンでは、手軽に収納できるように、立ち襟を採用しているのです。

こちらのアイテムは、AKMのカモフラージュ柄のM-65です。このアイテムはフードを取り外すことができるタイプを採用しています。程よいサイズ感のフードですので、付けていても決して邪魔になりませんし、デザイン的に良いアクセントとなってますね! TALON 社製のワイヤー型ジップを採用し、頑丈で長持ちするものを採用するなど、軍服を強く意識したモデルとなっています。

袖口がベルクロ仕様に!

袖口がベルクロ仕様に!

出典:zozo

ベルクロというものは実に便利で、手軽にサイズを調整できますし、脱着も容易に行えるとあって、ファッション界でも多用されています。M-65においても、袖の部分が従来のボタン仕様からベルクロ仕様に変更されました。M-51の袖口カフス(切替)やボタンは、激しい動作をすると袖ボタンが引っかかって動作に支障をきたしたり、擦り切れによるダメージも懸念されていました。

そこに、袖口には絞るためのベルクロと、手の保護を目的とするハンドシールドを採用したことにより、この問題を解消することに成功しています。ハンドシールドは三角のフラップ状を採用し、袖の内側に折り込んでベルクロで固定するスタイルとなっています。ただ、現行モデルではハンドシールドは省略されてベルクロ仕様のみが残っているものも見られます。

AVIREXのこのM-65は、タウンユースを考えて、あえてコットン100%で耐久性のある、サテン素材を使用しています。また、袖口も短めなベルクロを採用しているのが見てとれます。オリジナルの雰囲気を残しつつ、より実用的なテイストを加えるのが、AVIREXの優れているポイントです。


細身のディテールにこだわる!

細身のディテールにこだわる!

出典:Jedia

M-65は軍服として動き易さも追求されています。それと防寒性の両立を確保するために、薄手で動きやすさをキープすることを重視しています。アレンジパターンとして、厚みのあるアイテムも多いですが、本来のスタイルは、スリムなフォルムで着こなすのが、M-65の本来の着こなし方法であると言っても過言ではありません。

M-65はビジネス界でもコーディネートする姿を見かけますが、このPEUTEREY(ピューテリー)のアイテムも細身にデザインされています。実際にトップスとし着用しても、体にフィットして細身のフォルムを強くアピールすることができます。体に密着させることで、保温性を確保するという効果も期待できますね。

PEUTEREY(ピューテリー)は、日本人の体型を熟知しており、ジャストフィットするM-65を数多く販売しています。M-65自体がアメリカ軍のため設計されていることを考えれば、PEUTEREY(ピューテリー)のようなブランドはとても貴重な存在ですね。
(PEUTEREYの詳しい解説はこちら)

最後に

いかがでしたでしょうか?M-65のブームがまだまだ継続する中で、その機能について熟知している方ってあまり多くないのが事実です。その中で、今回紹介したような機能やデザインを知れば、購入する際の目安になるのではないでしょうか?M-65は頑丈なので一生モノのアイテムも多いので、しっかりと要点を押さえて良質なものを購入してほしいものです。

Pocket
LINEで送る