夏のバッグ選び!アクティブな季節だからこそ、オシャレで機能的なバッグを選んで遊びまくろう!

Pocket
LINEで送る

夏のファッションは軽装が当たり前ですが、持ち歩く荷物に関しては季節によってあまり大きな変化って無いですよね。出張などで宿泊を伴う場合は、長袖と半袖で容量が異なりますが、それ以外のベースとなる持ち物は変化しません。その点で、バッグは基本的にシーズンは無く、通年で使い続けるものとなります。

但し、バッグにも実は季節柄ってあるのです!例えば、レザー系のバッグの場合は、肌が触れる部分に熱がこもりやすくなります。熱がこもると、その部分だけ汗をかきやすくなってしまいますよね。また、見た目というのも重要なファクターで、なるべく夏っぽく涼し気なバッグの方が良いものです。特に、夏のレジャーなどで使用するなら尚更デザイン性とファッション性を重視したいものです。

そこで今回は、夏場のアクティブな活動に持って来いのイケてるファッションアイテムを厳選して紹介します。また、バッグを使ったコーディネートもご提案させていただきます!

夏のアクティブなシーンに絶対合う!イケてるバッグを紹介

この夏も大注目!サコッシュはマストアイテム

この夏も大注目!サコッシュはマストアイテム

出典:zozo

2016年に大ブレイクしたバッグに、サコッシュがあります。サコッシュとは、自転車レースで選手が使用しているバッグの事を言います。非常に軽く、通気性の良いデザインを採用しています。また、アスリート仕様でデザインされていて、ドリンクなどの必要最小限なアイテムのみを収納するデザインを採用しています。

夏のちょっとしたお出かけの場合は、財布やスマートフォン、ドリンク程度を持ち歩ければそれで良い!という方も多いことでしょう。そんな方には、サコッシュが絶対におすすめです。こちらは、ポロシャツで有名なFRED PERRY(フレッドペリー)のシンプルなサコッシュです。ナイロン素材を使用していますが、肌に張り付く感じはなくさらっとコーディネートできます。

また、容量は3.5ℓと程よいサイズ間になっているのも特徴です。見た目以上に収納力があり、収納してもデザイン的に崩れない点が評価できます。価格的にもリーズナブなので、こんなバッグを持っておくと絶対に便利ですよ。


いい意味で存在感を出さないボディバッグも良い!

いい意味で存在感を出さないボディバッグも良い!

出典:wear

夏に軽装で軽くお出かけしたいのに、大柄のバッグを持っていても正直無駄ですよね。また、服に対してバッグの存在感が強くなってしまうので、そもそもデザイン的にも小さなものが好まれます。そんなバッグの代表格がサコッシュですが、まだまだボディバッグも根強い人気を誇ります。ボディバッグにも数多くのブランドが参入していて、種類が多いのが特徴です。

こちらは、ストリート系のブランドでも有名なNEWHATTAN(ニューハッタン)のボディバッグです。夏っぽいネイビーのカラーリングが印象的ですし、重量160gとびっくりするほどの軽さが魅力的です。ボディバッグにもできますし、ウェストポーチのようにウェストに巻いて使用するのも良いですね。

このコーディネートでは、今流行りの無地Tシャツにボディバッグをチョイスすることで、全体のコーディネートの邪魔をしていない印象ですね。ボトムスとのカラーマッチングも心憎く感じます。夏フェスのサブバッグとしても絶対におすすめです!

涼しげでオススメ!キャンパス地のトートバッグ

涼しげでオススメ!キャンパス地のトートバッグ

出典:wear

トートバッグは、大人だけでなく学生にも人気のアイテムですよね。もちろん、ビジネスシーンでもおしゃれなトートバッグを見かけますが、レザーなどのしっかりした作りのアイテムが多いのが事実です。そんなトートバッグを持っていると、夏場は暑苦しくて仕方ないものです。そんな時に、オススメな素材としてキャンパス地のバッグです。

このコーディネートでは、全身をラコステのアイテムで統一しているのが印象的です。バッグももちろんラコステなのですが、非常に大柄で旅行でも十分使用できますし、レジャーシーンでも活躍間違いありません!また、トップ部は突然の雨でも安心なファスナー仕様ですので、アウトドア向きなバッグなのです。

2way方式の採用で、様々なシーンで大活躍間違い無しのバッグとなっているのも魅力的です。

夏もリュックサックがおすすめ!だけど注意点も

夏もリュックサックがおすすめ!だけど注意点も

出典:zozo

トートバッグとともに、メジャーなバッグなデザインにリュックサックがあります。リュックサックは、重いものでも両肩で持ち上げることができるので、さほど負担なく持ち運びが可能です。夏のレジャーシーンでも多くの荷物を持ち運びたくなることがありますし、トレッキングなどで使用する場合にも、リュックサックは有効です。

ただ、リュックサックの場合は他のバッグよりも手軽な反面、雨に晒されやすいのが難点です。特に、傘をさしている状態では、体は雨から守れますが、滴った雨水がリュックサックにかかってしまうので、すぐに濡れてしまいます。その点で、この吉田カバンのリュックサックは、防水性のあるレザーをふんだんに使ったアイテムになっています。

牛ステアをクロームで鞣し、下地を染色する際に防水剤を添加しているために、高い撥水性を確保しているのです。もちろん、撥水性だけでなく高級感も一緒に味わうことができるのが良いですね。


これは意外!夏場でもクラッチバッグは使える

これは意外!夏場でもクラッチバッグは使える

出典:wear

ここ数年で再ブームを迎えているのがクラッチバッグです。今シーズンもその勢いは留まるところを知らないイメージですが、イメージ的に夏に使う感じはありません。それもそのはず、クラッチバッグと言えばレザー系のアイテムが多いですし、あまりに収納力が高くない点もあり、実用性に欠けるので、こんなイメージが付きまとっているのです。

ただ、こんなクラッチバッグを見ればそのイメージが吹き飛ぶでしょう!マタタビというブランドのアイテムですが、耐久性を保持したペーパーを使用していますが、レザーにも匹敵するくらいのいい意味でのくたびれ感を出すことに成功しています。ベースはコットンキャンバス地ですので、持っていても熱がこもりにくい点も特徴的です。

こちらはビッグサイズシルエットのシャツが印象的ですが、緩さの中にきちっと締まる印象を与えているのが見てとれます。また、キャップとのカラーバランスもよく取れている点も高評価できます。

最後に

いかがでしたでしょうか?夏向きのバッグという観点で見ると、デザイン的に涼し気なカラーリングなものと機能的に通気性の良いものがおすすめです。特に、定番のリュックサックの場合は、特に熱がこもりやすいアイテムになりますので、今回紹介したような抜群な通気性のものを選ぶことをおすすめします!
バッグの種類ごとの持ち方もご紹介しています!→こちら

Pocket
LINEで送る