ビジネスマンならやっぱりスーツ!ビジネスパワーを増加させるスーツのチカラでデキるビジネスマンへ!

Pocket
LINEで送る

ビジネスマンにとって、夏は地獄のようなシーズンですよね!最近ではクールビズスタイルの流行により、ある程度夏でも自由度の高いファッションができるようになったとは言え、あくまでも社内的なルールだけとして営業回りする際には今まで通りスーツスタイルで行わなければならないケースも多々あります。その中で、満員電車なんて乗ろうものなら地獄としか言いようがありません!

そんな中でも、やはりスーツって独特な魅力を感じさせるアイテムですよね。それは、着る者だけでなく周囲にも同様なイメージを強く印象つけるのです!これは、直感的なイメージではなく、しっかりと科学的にも実証されたことでもあります!では、なぜスーツがこれほどまでにビジネス界で重宝されて、どのような効果をもたらしているのでしょうか?

今回は、スーツがビジネス界でどれほど影響力があるのかについて、改めて検証していきます。この記事を読めば、暑い夏でもスーツを好んで着用したくなること間違いなしですよ!

スーツはビジネスパワーを増大させる!その秘密に迫る

全体的なビジョンを見渡せるようになる!

全体的なビジョンを見渡せるようになる!

出典:Listn.me

スーツを着用すると、どこかビシっとしたイメージを持ちますよね!事実、社会人になって初めてビジネススーツを着用すると、それだけで大人になった印象を持ちますし、責任の重さも実感するはずです。そんなスーツですが、実は脳科学的に見ても非常に高い効果を得ることができることが、カリフォルニア州立大学 ノースカレッジ校の心理学教授のルーチック氏によって発表されています。

その研究によると、スエットパンツで授業に出る生徒とスーツで授業を受ける生徒では、心理的な面で見た場合、スーツを着た場合の方が、全体を考えるようになったとの結果を導き出しました。この研究はまだまだ未知の部分が多いものの、フォーマルなファッションを実践するだけで、全体のビジョンを見渡すことができるようになるというわけです。

アメリカの大学生のファッションを見てみると、スエットでラフに着こなす学生って結構多いものです。それに警鐘を鳴らすわけではありませんが、より視野を広い学生を育てるためには、意外とファッションも重要だということなのです。

ビジネス界に置き換えると?

ビジネス界に置き換えると?

出典:feelgrafix

先のルーチック氏の研究結果を置き換えると、スーツを着て仕事しているだけで、広い視野で物事を考える事ができるという結論に達します。ビジネス界では、グローバル企業も多く存在し、狭い視野ではなく多角的に物事を考えなければなりません。如何に多くの情報を得ることができるか、そしてそれを精査してうまく使い分けるかが重要なのです。

特に最近では、ビッグデータと呼ばれるものがもてはやされています。ビッグデータは、IoTでは特に欠かすことが出来ないテーマですが、まずは如何にビッグデータを収集できるかが勝負です。その見極める力として、広いビジョンというものがあるのです!その点で、クールビズで快適に仕事して、能率を上げるのも悪くありませんが、スーツを着用して気分をビシっとして、仕事に臨んだほうが良いのです。

他にも、目の前で起きた事象についても、より全体的に物事を見る力もアップすると言われています。例えば、ある支店で起きたトラブルも、全社的に見て問題点を見出す事ができます。より核心に迫ったトラブル対処も可能というわけです!

ブラックスーツで統率できる男を強くアピール!

ブラックスーツで統率できる男を強くアピール!

出典:Pierre Cassi

では、ビジネス界でよりできる男をアピールするためには、どのようなスーツスタイルを実践していけばよいのでしょうか?単純に、スーツをコーディネートすればそれだけでスキルが身につくことなんて皆無で、様々な要因を重ねていって、最終的にできる男をアピールしたいものです。その点を考慮して、まずはじめに考慮したいポイントとして、カラーリングがあります。

スーツには様々なカラーリングが存在していますが、その中でもブラックスーツは定番中の定番と言えます。但し、少しカラーリング的に重すぎたり、夏場にコーディネートすると暑苦しさを感じてしまいます。ブラックは熱を集中させる作用があるカラーリングでもあるので、なおさらです。ただ、サマースーツをチョイスすれば夏でも快適に着用することが出来ます。

ブラックには、人を統率するイメージがあるカラーリングです。ビジネス界でもリーダーシップは非常に重要なテーマでもあり、いくら広い視野を持ち合わせていても台無しです。ブラックカラーのスーツをまずは意識してみてはいかがでしょうか?

サイズはやはりジャストサイズのものをチョイス

サイズはやはりジャストサイズのものをチョイス

出典:Kozinn Tailors

日本人の多くは、スーツは既成のサイズのものを選んで購入していますよね。ただ、イギリスなどではオーダーメイドで当たり前のようにスーツを仕立てているものなのです。その点で、日本人では稀に袖の長さが合っていなかったり、身幅が明らかにきつそうなものをコーディネートしている姿を見かけます。それだけで、印象としてはスーツのサイズすらマネジメントできていない人間!という烙印を押されてしまうものです。

最もベストな方法としては、やはりオーダーメイドによるスーツの新調がお勧めですが、日本の場合は、既製品でもサイズが非常に細かく別れているために、お店によっては、ピッタリの1着を見つける事が出来る可能性が高いのです!ただ、必ずチェックしなければいけないポイントがあります。それは、例えば、袖丈に関しては中のワイシャツがほぼ見えない程度の長さがベストです。また、着丈はヒップが半分隠れるかどうかがポイントとなります。最新のトレンドでは、ヒップが少し隠れる程度のサイズ感がジャストサイズとなっています。他にも、身幅はスーツのボタンを留めた状態で、手をグーに握りスーツの中に手を入れてもきつさを感じない程度がちょうどよいサイズとなります。

既製品だからと言っても、サイズを変えることは出来ますので、調整する事で、さらに完璧な1着になります。ぜひ、サイズ感を意識して、スーツ選びをしてもらいたいものです。

スーツのスタイルはどのようなものがよい?

スーツのスタイルはどのようなものがよい?

出典:Marc Darcy

スーツのデザインにも、時代の流れは大きく見て取れますよね!日本のバブル期にはダブルスーツが大流行して、少しオーバーサイズな感じのビジネスマンが多く見受けられました。今となっては、サイズ感が合っていないという印象が強く、はっきり言ってダサさを感じますよね。ただ、当時としてはそれがかっこよく見えていましたし、その時代時代でトレンドは大きく異なるものなのです。

スーツのスタイルで最も注目したいのは、今シーズンのスーツのデザイントレンドがどのようになるかという点です。その点で言えば、今シーズンはクラシックスタイルが流行しそうな勢いがあります。ジャケットの製法としては古典的であるスリーピーススーツが間違いなくブームとなりそうですし、タック入りスラックスにも改めて注目が集まっています。

総じて言えば、イギリスの紳士が好んで着用するスーツスタイルをコーディネートに取り入れれば、間違いなく流行に乗ることが出来ます!ビジネス界でも、紳士に見られるのは大きなポイントとなりますので、ぜひとも実践してほしいものです。
(スーツのチカラを活かすスーツスタイルはこちら)

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は、脳科学的な観点でスーツの重要性を紹介しました。直感的にも、スーツスタイルはできる男というイメージがあるのですが、それを実証するデータが出てきたというのは、非常に興味深いものです。また、今回はビジネス界で成功しやすいスーツスタイルという観点でもアプローチしていますので、ぜひ紹介したポイントを抑えて、ビジネス界でも大活躍を目指してほしいものです。

Pocket
LINEで送る