新社会人と2年目の俺は同じ着こなしでは我慢できない!差をつけるビジネススタイル」

Pocket
LINEで送る

はじめに・・・

ビジネスマンのとって勝負服でもあるスーツの着こなしは、仕事をする上での第一印象に大きな影響を与え非常に大切なものですね。しかし、スーツは仕事で必要だからという、理由でただ着ているという人も多いはず。
お洒落にスーツを着こなし「できる男」はカッコいいだけでなく、ビシッと着こなしていると信頼感も生まれ、仕事もスムーズにすすむのではないでしょうか?
スーツを仕事柄あまり着ない、社会人になりこれからスーツを着る機会が、増えるといった方はどのようにスーツを着こなすかがわからないかと思います。
そこで今回は、スーツをまだまだ着慣れていない一般的な社会人1年目をモデルとし、比較しながらワンランク上の着こなし「スーツ」「ネクタイ」「靴」「カフス」「鞄」にスポットを当てご紹介していきます。

スーツ

img02img03

通勤時の電車などで若い世代を中心によく見かける黒スーツですがビジネスシーンでは基本的に、NGと言われています。黒は、一般的に冠婚葬祭のシーンが適しており、ビジネスシーンでは、ネイビーまたはグレーが適しています。そこでおすすめしたいのが「ネイビースーツ」。就職活動や成人式でのファーストスーツでは、冠婚葬祭にも併用できる黒無地のスーツが選ばれがち。そこでセカンドスーツには、スーツ初心者でもスーツ×シャツ×ネクタイのコーディネートが簡単なネイビースーツがお勧めです。
今回使用しているスーツは、最高級生地のゼニアの中でも抜群の高級感を放つ「TROFEO/トロフェオ」生地で無難なネイビーも艶やかさをプラスするだけで周りとの差は歴然です。また、スーツ生地には、たくさんの柄があります。
大きく分けると無地、ストライプ、チェック、そして織り柄。そして柄によって、シーンを選ばない無地、ピンストライプ・チョークストライプなどの細いストライプがあります。使用しているスーツは、ピンストライプまるでピンで極細の点線が特徴の柄でクラシック柄のひとつとして知られ、信頼感のある着こなしの演出を演出し、ビジネスシーンにぴったりのスーツです。


ネクタイ

img04img05
img06img07

スーツスタイルの中で最も重要と言っても過言では無いのは、ジャケット×シャツ×ネクタイから成る、上半身のV字のゾーン通称『Vゾーン』です。
左写真は、プレーンノットという最もポピュラーなネクタイの結び方です。しかし「結び目を綺麗な三角形にしたい!」、「ボリュームを持たせたい!」という方にはなかなか希望通りには、難しい結び方でもあります。しかし、ネクタイの結び方1つでワンランク上の印象を与えることもできます。簡単に綺麗な結び目を作れる結び方といて、セミウィンザーノットがオススメです。右の写真は、セミウィンザーノットで結んでおりプレーンノット比較すると結び目が大きく、また綺麗な三角形のなっているのがわかります。
ネクタイには結び方の他にもう1つポイントがあります。それは、ネクタイを結ぶときに作るくぼみである「ディンプル」を作ることです。ディンプルを作ればネクタイがひきしまってよりスーツスタイルをスタイリッシュに見せることができます。また、柄にも様々な種類があります。右写真はレジメンタルという斜めのストライプ柄のネクタイです。誰しもが1つはこの柄のネクタイを持っている程,ポピュラーで良くビジネスシーンでも見かけます。しかし、個性を出しやすいVゾーンでは右写真のように帽子の柄が特徴的なネクタイを使用しており、「ポップさ」「個性」を演出。ビジネスシーンにも活用できるよう色味はスーツと同系色のネイビーを使用し全体に統一感を持たせ落ち着いた印象を与えます。

シューズ

img08
img09

「お洒落は足元から」という言葉を耳にしますがカジュアルだけでなくスーツスタイルにも同じ事が言え足元まで拘っている男性はやっぱりカッコいいと思います。
左写真は、ブラックのドレスシューズです。つま先に飾りがなく、シューズの基本的な形であるプレーントゥシューズでフォーマルなデザインとされており様々なシーンで活躍するシューズなのでファーストスーツにはこのデザインのシューズが選ばれがちでありきたりです。
そこで右写真では、ストラップとバックルで甲部分を締めて固定するモンクストラップが2本あるダブルモンクシューズを使用。見た目が特徴的であるため食わず嫌いの人も耳にしますが非常にもったいないです。ビジネスマンにとって1分1秒を無駄にしたくないですよね?紐靴だと結ぶのにどうしても時間が掛かってしまいがちです。そこで少しの時間も無駄にしないシューズが「ダブルモンクシューズ」なのです。クラシックな靴ではゴムの代わりに革を採用するケースもありますが、今ではほとんどの靴がゴムを伸ばすだけで非常に簡単に履けるのです。ベルトを持ち上げて、そのまま靴ベラで足を滑り込ませれば簡単に履く事ができます。また、ベルト部分を1つ外して「こなれ感」も演出する事も可能です。

小物

img10
img11

スーツスタイルのビジネスシーンでおしゃれを楽しめるアクセサリーは女性の服装と比べると数少なく限られていまます。そこでオススメなのが「ネクタイピン」です。しかし、スーツ初心者の人はお父さん世代や会社の年配の方でオヤジくさいというネガティブなイメージを持ち敬遠している人も多いはず。しかし、ネクタイピンは、お洒落かつ便利なアイテムなのです。
なぜネクタイピンが便利かというとネクタイを固定してくれくれるからです。例えば食事の際、ネクタイがぶらぶらしてネクタイの先が料理に当たってしまう可能性も。また、仕事の際、机の上や書類にすれて汚れてしまいネクタイの劣化も早くなってしまいます。ネクタイピンには、そのようなトラブルを防いでくれる便利な効果があります。

また、もうワンランク上のスーツスタイルをカッコよくスタイリングするには、「カフリンクス」が必要です。カフリンクスとは、ドレスシャツやブラウスの袖を留める為の装着具で、
名刺交換、腕時計を見る靴を履く際など袖からチラッと見えると印象がグッとアップしますね。


img12
img13

ビジネスシーンのマストアイテムは、「スーツ」や「シャツ」、「ネクタイ」だけではありません。実は、ブリーフケースも非常に重要なアイテムです。通勤時や営業先でもブリーフケースは、案外見られる部分でもあります。ビシッとスーツを着こなしていてもバッグ1つで台無しになってしまうことも。
まず、ブリーフケースに最低限必要な機能として「自立する事」です。このポイントは抑えておいて下さい。また、素材は大きく「本革」「ナイロン」「合皮」の3種類の分かれています。右写真はナイロンを使用したものでファーストスーツと一緒に購入する人も多く、ビジネスバッグの主流の素材でもあります。右写真のナイロン素材は、軽量で高撥水素材やPC対応、多ポケットなど機能面に優れている一方、軽量な為丈夫さに欠け方崩れしやすい難点があります。また、主流な素材な為、使用している人を多く見かけ周りと被ってしまうこともしばしば。ワンランク上のコーディネートでは右写真のような本革を使用したブルーフケースはいかがでしょうか?高級感による雰囲気はもちろんのこと、使い込めば使い込むほど風合いも変化しオリジナルなバッグに育てる事ができ長く御愛用できます。

最後に

今回は、スーツの知識が無い新社会人と比較しかっこいいスーツをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
スーツスタイルもご紹介した、5つのポイントを抑えるだけでずいぶんと印象も変わります。
5つのポイントを抑えてワンランク上のスーツスタイルをお楽しみ下さい。

Pocket
LINEで送る