リラックスコーデのコツを伝授!だらしなくなりがちな夏ファッションをカッチリ決めよう!

Pocket
LINEで送る

言葉ってニュアンスで全く伝わり方が異なるものですよね。例えば、リラックスという言葉がありますが、これは緊張を解くことやくつろぐことと訳す事ができます。ネガティブな意味では使わない感じを受けますよね。一方で、日本語でだらしないと言うと、これは完全にネガティブな意味で使用されることが多いですよね。

このリラックスとだらしなさはファッション界でも重要なテーマであり、紙一重の存在なのです。自分がリラックスコーデを取り入れているつもりでも、相手からしてみたらだらしない印象を持つケースも多々あります。最近のファッショントレンドでも、ビッグシルエットコーデが人気ですが、これも一歩間違えばだらしない印象を与えてしまいます。この辺りのさじ加減をしっかり見極めないと、ファッショニスタには到底近づけません!

そこで今回は、だらしないファッションとなりがちな夏ファッションの中で、上手くリラックスコーデを取り入れる方法について紹介します。

脱だらしないファッション!リラックスコーデのテクニックを磨こう!

絶対に欠かせないテーマ!ユーティリティを取り入れよう

絶対に欠かせないテーマ!ユーティリティーを取り入れよう

出典:wear

ここ数年のトレンドとして、シンプルで普段着の様なスタイルのスポーツライクなノームコアやアスレジャーというものがあります。どちらもリラックスを上手く表現できるファッションスタイルですが、今年はこの2つのスタイルをいいとこ取りしたユーティリティスタイルが既に春ファッションからブームとなっています。

イメージ的には、ナイロンや撥水性の高い機能素材を上手く取り入れたアイテムをチョイスすることが多いです。また、ドレスとカジュアルのバランスがちょうど取れているのも特徴です。このコーディネートでは、URBAN RESEARCHのテーラードジャケットをメインに据えて、インナーにはインディゴ素材のポケット付きTシャツをコーデしていますが、だらしなさはまったくなくリラックスさを表現できているのが特徴的です。

スニーカー風のサンダルもスポーティーな印象を強調することに成功しています。色合い的に重苦しさがあるかもしれませんが、この夏はこんなスタイルにもぜひ挑戦したいものです。


ペールトーンのアイテムで無理しないコーデを実践!

ペールトーンのアイテムで無理しないコーデを実践!

出典:The Fashionisto

リラックススタイルは、何もアイテムのスタイルだけを言うのではありません。カラーリング的にも、主張しすぎないものを取り入れると、リラックススタイルを容易に実践できるのです。今シーズンのトレンドとなるであろうカラーリングとして、ペールトーンがあります。ペールトーンとは、淡い調子の色のことを言います。通常のカラーリングと違い、淡いカラーリングなので自己主張が少なく、様々なアイテムとマッチングさせやすいのが特徴です。

この例では、ペールブルーのスーツが実にカッコイイですよね!微妙にストライプ柄となっていて、カジュアルにスーツを着こなしているのが印象的です。夏でもサラッと着こなし可能な薄手のジャケットですし、インナーにも優しいカラーリングのTシャツをチョイスしています。足元にはスリッポンで軽さをより強く印象付けている点もGoodですね!

夏のビーチで颯爽とこのスタイルで歩いていると、モテること間違いなしですね!軽く腕まくりすると、よりカジュアルさがアップしてまた違った印象を与えることもできそうです。

ビッグサイズシルエットはギャップ感が重要!

ビッグサイズシルエットはギャップ感が重要!

出典:wear

今シーズンも確実にブーム継続が見込まれるビッグサイズシルエットですが、やはり重要なのはあまり誇張したものはチョイスしない点です。いくらビッグサイズシルエットだからと言って、3サイズ程度大きいものを選んでしまうと、単にサイズ感が把握できていない人!という烙印を押されてしまいます。2サイズ大きいものを限度として、アイテムをチョイスしたいですね。

このコーデでは、Lui’s(ルイス)の7分袖のストライプ BIGTシャツをメインに据えています。これは、実はよく見るとボーダー素材なのですが、それを90度回転させてストライプに見せているユニークなアイテムとなっています。マントのように広がった身幅ですが、ストライプなのでさほどだらしなさは感じませんね。このTシャツを、ウェスト周りで折り曲げて着ているのが特徴的です。

更に、ボトムスにはスリムなジーンズやレザーシューズをコーデしています。ビッグサイズシルエットの鉄則である、ボリュームのあるトップスとスリムなボトムスのコンビネーションを意識しているのが見て取れますね。

オーバーサイズシルエットでも無地Tシャツが主流!

オーバーサイズシルエットでも無地Tシャツが主流!

出典:wear

ビッグサイズシルエットは身幅が広いアイテムがメインですが、オーバーサイズシルエットは着丈が長いアイテムをうまくコーデするスタイルです。このスタイルでも、やはりリラックス感を出すことができる一方で、だらしなさも紙一重となります。ポイントとしては、ボトムスにはやはりスリムタイプのアイテムをコーデする点にあります。

このコーデでは、ヒップが完全に隠れるほど長い無地Tシャツをコーデしています。今のトレンドである胸ポケットもしっかりついているので、機能面でも高いものがあります。このアイテムのように、前面は通常サイズのもので、背面は着丈が長いものも多いのが特徴です。ジーンズをロールアップして、そこにルーズなソックスとサンダルでコーデすることで、よりリラックス感を出すことに成功しています。

こういったコーデでは、時計やアクセサリーでアクセントを付けると、よりイケてる雰囲気を出すことができます。ちょっとしたお出かけでも用いることができる点も評価したいですね。


ハイテクスニーカーでは着心地もリラックス!

ハイテクスニーカーでは着心地もリラックス!

出典:zozo

スニーカーは夏でも大活躍するアイテムですが、この夏はシックなカラーリングのハイテクスニーカーが多く見られそうです。ハイテクスニーカーの魅力は、やはり履き心地が良い点です。履いているだけでリラックスできるのが魅力的ですし、シックなカラーリングのスニーカーならフォーマルなファッションでもコーデしやすいのです。

このコーデでは、FREAK’S STOREの東北国産オーガニックを使用したカットソーでオーバーサイズシルエットを実践してます。そこに、1990年台のスニーカーブームを支えたナイキエアフットスケープをチョイスしています。アスレチックパンツでゆるい履き心地も実感できますし、このままランニングに出かけても十分対応できそうです。

ナイキエアフットスケープは、今でも復刻版が販売されるほどの根強い人気を誇っています。普段履きのスニーカーとして活用したいですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?リラックススタイルを実践するには、様々なアプローチから攻めることができますが、心に留めておきたいのはあくまでも無理しすぎない点です。ビッグサイズシルエットでも、過度なサイズのものは厳禁ですし、逆にピッタリしすぎなアイテムをチョイスしても無理している感が出ちゃいます。最低限のバランスを保ちつつ、リラックススタイルを極めて欲しいものです。

Pocket
LINEで送る