カジュアルすぎない夏のフォーマル感を作るのは「ジレ」!ジャケットを着なくてもきっちりキマるジレコーデ集

Pocket
LINEで送る

夏ファッションは薄着が基本となりますが、そこに少しでも重厚なイメージを付けたくなることがありますよね。ジャケットも良いのですが、サマージャケットと言ってもやはり暑くて着るのが億劫という方もいますし、実際に体温も上昇していまいます。ジャケットまでも行かないものの、手軽にフォーマルなイメージを出す時に便利なのが、ジレです。

ジレというと、秋冬にジャケットのインナーとして活躍するイメージがありますが、夏場はれっきとしたトップスとしても活用できます。また、ジレは薄手にデザインされているものがほとんどですので、ちょうど良い厚みを保持することができます。シャツだけでは少し物足りない・・・そんな貴方にぴったりのアイテムがジレなのです。

そこで今回は、夏のファッションをフォーマル寄りにしたい時に大活躍する、ジレのコーディネート例を紹介します。ジレを攻略すれば、夏ファッションはもうお手の物と言っても過言ではありませんよ!

ジャケットに替わるアイテム!ジレを着こなそう

短い丈のジレをサラッと着こなす!

短い丈のジレをサラッと着こなす!

出典:wear

ジレはインナーに着るアイテムという側面もあるので、短い丈のアイテムも多いのが特徴です。そんな短いジレをコーディネートしようとした際に、気になるのは裾の部分です。ジレよりインナーに着込むアイテムの方が長くなってしまうので、シャツであればタックインしたり、Tシャツなどの場合は着丈も十分意識してコーディネートすべきです。

その点で、ちょうどよい着丈としているのが、このコーディネート例です。ちょうどヒップにかかるくらいの若干短めの丈のヘンリーネックカットソーをチョイスして、ジレと上手くマッチングさせています。ジレもLARDINI(ラルディーニ)のアイテムで、3種類の素材を使用して、色糸と白糸を上手くミックスさせて独特のメランジ感を出していて、非常に存在感があります。

シングルタイプに5ボタン仕様と様々なコーディネートに使えるのも良いですね。尾錠付きなので、サイズ感も調整できるので、スタイルに応じて微調整すると、更におしゃれに着こなすことができますよ!

サンダル×スカーフでさわやかさを演出!

サンダル×スカーフでさわやかさを演出!

出典:wear

夏のファッションの中心アイテムに、サンダルがあります。サンダルをチョイスすると、どうしてもカジュアル寄りにシフトしてしまいますが、このコーディネートのようにジレとコーデすれば、フォーマル感を残しつつライトなファッションを楽しむことができます!このジレは、アバハウスのハイゲージのトリコットメッシュ素材を使用したジレになります。

適度なストレッチ性と抜群の通気性により、ジレを着ていても全く違和感を感じません!また、高混率でポリエステルを配合しているので、型くずれしにくいというのも良いですね。更にはシワになりにくいので、ヘビーローテーションしても問題ないのが良いですね。インナーにはシンプルなホワイトTシャツを合わせていて、更に首元にスカーフを巻いてぐっとフォーマルな印象をアップさせています。

デニムパンツとともに、ジレも若干小さめのアイテムをチョイスしています。スリムで立ち姿が非常にカッコイイですね!また、全体的にブルー系で統一してコーデしている点も心憎いですね。

あえてボタンを首まで留める!

あえてボタンを首まで留める!

出典:wear

ジレはカジュアルなファッションをフォーマル寄りに引き立てますが、シャツなどのドレッシーなアイテムにコーデしても当然マッチします。夏は半袖のシャツがメインとなりますが、長袖を腕まくりして着崩すというスタイルもアリです。このコーディネートでは、ホワイトのシャツを中心として、腕まくりしつつジレでビシっと決め込んでいます!

実は、シャツもジレもGUのアイテムとなります。非常にリーズナブルながら、まるで高級アイテムのように着こなす辺りは、ファッショニスタの真髄を見せつけている印象です!ネクタイを付けていないのですが、シャツは首までしっかりと留めているのが好印象ですね。タックアウトして、ボトムスにはグリーンのパンツを合わせて、ラフさも適度に演出しています。

このスタイルなら、夏だけでなく秋まで十分使えますね!気分的にも快適に過ごすことができる、ラフスタイルもぜひとも実践してみてほしいですね。

デニムっぽいジレでおしゃれに拍車をかける!

ジレにも様々な材質があるのですが、少しカジュアルライクに持っていきたい場合はこんなジレもおすすめです。これはCIRCOLO 1901(チルコロ1901)のCN1433 PIQUETというモデルで、CIRCOLO 1901(チルコロ1901)らしいジャージー素材で出てきているのが特徴です。清涼感とスポーツエッセンスを取り入れて、普通のジレとは違う魅力をビンビン感じますね。
(CIRCOLO 1901の詳しい解説はこちら)

サラリとした生地感なので、鹿の子らしい春夏にぴったりなジレに仕上がっています。このコーディネートでは、スリムなパンツにブルー系のシャツをチョイスして、全体的に夏を意識したカラーリングとなっています。長袖のシャツですが、ジレを含めて通気性が良いので快適に着こなすことができます。あえてネクタイを付けることで、ビジネスでも十分使えるコーディネートとなっています。

このコーデではパラブーツの存在感抜群なシューズをチョイスしていますが、スッキリしたレザーシューズと使い分ければ、オンでもオフでも大活躍間違い無しなコーデとなっています。

オフで使えるイケてるジレ!

DENIMっぽいジレでおしゃれに拍車をかける!

出典:でらでら

ジレをコーデに入れる場合、どうしてもフォーマルシーンを想定してしまいますが、オフに特化して考えてジレ選びするのも悪くありません。そんな時にオススメなジレとして、ライトなブルーカラーでホワイトのボタンが印象的なこんなジレはいかがでしょうか?Sacro(サークロ)のジレになりますが、デニム地で出来ているので頑丈性があってしかもカジュアルな印象を強く与えますよね。

ウォッシュ感の強いダメージデニムをボトムスにチョイスして、ラフでやんちゃな印象を与えることができます。これだけでは面白くないので、レザーシューズをコーデして少しフォーマル感を出し、ネクタイを締めて所々にアンバランス感を上手く出しているのが良いですね。ネクタイには象をモチーフとした刺繍があるのも、心憎さを感じます。

Sacro(サークロ)のこのジレは、非常にリーズナブルな価格という点も魅力的です。オフ用に特化して、こんなアイテムも持っておくと便利ですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?ジレをコーデする際には、ジレ自体のデザインも重要ですが、インナーに何をチョイスするのかも重要なテーマです。今回紹介したのはホワイト系のアイテムが中心ですが、ブルー系のシャツなどを合わせると、より夏を意識したスタイルを実践できます。持っておくと絶対な便利なジレを、早速購入してみてほしいですね。

Pocket
LINEで送る