ビジネスでデニムを穿く時代です。

Pocket
LINEで送る

時代とともにファッションの多様性はだんだんと広がり、女性的なイメージのあったパステルカラーや花柄も男性が身にまとう時代となりました。店頭でも、これは男の服なの?女の服なの?と聞かれることがある程です。
ジェンダーレスという言葉がトレンドを象徴することもありますし、それだけではなく、最近ではリラックスを筆頭にカジュアル促進の波も非常に大きいものとなっています。

これは男性の仕事の服装にも大きな影響を及ぼしており、「クールビズ」ということでネクタイを外して、軽やかに涼しげに働きましょう!という流れに乗って、ついにデニムという本来作業着であったパンツがビジネスシーンにも受け入れられるようになってきました。
ビジネスシーンにデニムなんて失礼なのではないか?と普通だったら思う所だと思いますが、今やデニムに綺麗に見せられるものが出てきており、丈夫で動きやすく、仕事着としては頼りになる。しかも、ONシーンでも失礼になりにくい綺麗な見た目とくれば、デニムは最高のビジネスパートナーなのかもしれません。

個性的でファーマルから離れた多様化するビジネスシーンのファッション、今回はそんなビジネスシーンで穿く、オススメデニム特集としてご紹介させていただきます。

「スラントポケットのスラックスディティールデニム」

「スラントポケットのスラックスディティールデニム」
「スラントポケットのスラックスディティールデニム」

アイテム:デニムパンツ

一般的なデニムは5ポケットパンツといって、カジュアル感の出やすい外付けのバックポケットに縦に手が入るようなフロントポケットですが、すっきりとスラックスのような作りのポケットデザインはシルエットをきれいに見せるほか、生地こそデニムですがつくりはドレッシーなONシーンのそれとなっております。


「美脚テイパードデニム」

「美脚テイパードデニム」
「美脚テイパードデニム」

アイテム:デニムパンツ

だらしなく見せないすっきりシルエットはドレスデニムの大前提ともいえる大事な要素。
ヤコブコーエンに代表されるジャケットと相性のいい美脚デニムはONスタイルでも自信を持って穿いていけるドレスアイテムにもなりえます。
(ヤコブコーエンの詳しい解説はこちら)

「センタープリーツ入りデニム」

「センタープリーツ入りデニム」
「センタープリーツ入りデニム」

アイテム:デニムパンツ

スラックスパンツの顔ともいえるパンツのセンタープリーツをデニムに乗せてドレス顔に仕立てたデニムは、凛とした印象で立ち姿にだらしなさを見せない隙のないスタイルで着こなせるはず。

「リジットデニム」

「リジットデニム」

アイテム:デニムパンツ

ONスタイルのかっちり感を演出できるカラーは、濃色リジット。ノンウォッシュで色落ちのない見た目がビジネス顏がきれい目に見せやすい!シーズンレスで使えるリジットは、育てる楽しみだけでなく、仕様シーンを広げたデニムの活躍の場の開拓者となりえます。

最後に

いかがでしたでしょうか?すでにビジネスシーンでガンガンは着こなしている方も、これからの方も、デニムの可能性はファッションの多様性とともに広がり続けています。
素材としての機動力と利便性をベースに、いかにきれいに見せるのか?「ラフ」というキーワードを単にだらしない形にせず、動きやすく、楽な着心地で好印象のビジネススタイルを楽しんでいきましょう!
滝本

Pocket
LINEで送る