2017年夏はボタニカル柄が来る!大きく鮮やかな柄がリゾートな雰囲気がまさに夏にうってつけ!

Pocket
LINEで送る

最近、よく聞くフレーズの一つにボタニカルというものがあります。これは、ファッション界だけでなく、あらゆるシーンで耳にしますよね。例えば、化粧品関係でも、ボタニカルと命名されたアイテムをよく見かけます。ボタニカルシャンプーが代表例ですよね。そんなボタニカルって、実際にはどのような意味があるかを知っている人って少ないと思います。

ボタニカル(botanical)とは、直訳すると「植物の」や「植物から作られた」という意味です。ボタニカルシャンプーで言えば、植物成分が入ったシャンプーの事を言い、ナチュラルで体に優しいシャンプーの事を言います。一方で、ファッション界で用いられるボタニカルとは、主にボタニカル柄として使用されます。ボタニカル柄とは、植物の模様を入れたものとなります。

今シーズンの夏は、確実にボタニカル柄がブームとなると見られています!では、ボタニカル柄とはいったいどのようなものなのでしょうか?今回は、ボタニカル柄の中でオススメのアイテムを紹介しつつ、ボタニカル柄の魅力について解説していきます。

絶対ブームになる!ボタニカル柄のイケてるアイテムを紹介

ボタニカル柄にはどんな種類があるの?

ボタニカル柄にはどんな種類があるの?

出典:SOE

まずはじめに、ボタニカル柄についてもう少し詳しく解説します。ボタニカル柄とは植物をモチーフとした柄の事を言いますが、主に使用されているのは、木の葉や茎、実、草花などです。似たような柄として花柄がありますが、花柄は鮮やかさを全面に押し出して女性らしさを感じさせます。一方で、ボタニカル柄はナチュラルで自然体なイメージのあるデザインですので、大人の男性でもコーディネートしやすいのが特徴です。

また、花柄と違って、葉の部分だけでなく茎や実などもデザインされるのが特徴です。また、写真というよりは絵画調でデザインされたものが多いのも特徴です。ボタニカルと聞くとどうしても女性向けのデザインというイメージがありますが、メンズアイテムも充実していて、特に今シーズンは絶対に欠かせないデザインの一つになっています。

こちらは、soe(ソーイ)のボタニカルシャツです。かなり派手な印象がありますが、ハーフパンツやインナーにブラックを入れることで、シックな印象をもたせることに成功しています。植物の持つ魅力を全面に押し出したアイテムとしておすすめできます。

入門編としてオススメなTシャツ!

入門編としてオススメなTシャツ!

出典:Farfetch

ここからは、ボタニカル柄のオススメアイテムについて紹介します。最初に紹介するのは、今シーズンも注目すべき白Tシャツです。昨年は主に無地が流行しましたが、今シーズンはベースがホワイトでも若干柄が入ったものにチャレンジしてみたいですね。その意味で、このTシャツは大変オススメなデザインとなっています。

2017年シーズンに特にボタニカル柄に力を入れているDiesel(ディーゼル)のアイテムなのですが、大柄な葉がデザインされていますが、奇抜な感じはなくすんなり着こなすことができるのが特徴です。それも、ベースのTシャツがホワイトでシンプルなデザインとなっているため、これだけすっきり見せることができるのです。
(Dieselの詳しい解説はこちら)

ただそれだけでは面白みがないので、ボタニカル柄を入れてアクセントを付けているのです。ボトムスには細身のデニムパンツとホワイトのスニーカーをチョイスして、あくまでもシンプルな構成としているのが印象的です。無理していない感じを上手く出しているコーディネートであると言えます。これくらいシンプルなら、どんなコーデとも合わせやすいので、入門編としておすすめできます。

インナーとしても存在感あり!

インナーとしても存在感あり!

出典:asty

ボタニカル柄の場合、どうしても派手な印象があります。もちろん、コーディネートしやすいようにデザインこそされていますが、一方でボタニカルを強調すると派手めになってしまいます。そのバランスを取るために、主にブラックやホワイトなどのモノトーンベースでデザインされることが多いです。その最たる例として、このシャツがあります。

ポール・スミスのシャツになりますが、ヤシの木を中心として、多くのボタニカル柄を入れたものとなります。あまり派手な配色はせず、あくまでもシンプルさを追求したものとなっています。このシャツをトップスに着込んで、腕まくりして着用すればかなりイケてるスタイルになりますが、このアイテムの場合はインナーとして着用してもおすすめです。
(ポールスミスの詳しい解説はこちら)

シンプルなサマージャケットに存在感のあるシャツを合わせれば、好対照で他とは違うスタイルで目を引くこと間違いありません!インナーとして、ボタニカル柄が使える事はよく覚えておきましょう。

リゾート感のあるボトムスをチョイス!

ボタニカル柄のアイテムとして、ボトムスが多いのも特徴になります。ボトムスの場合、シャツと違ってより派手目なデザインのものの方が好まれる傾向があります。リゾート感溢れるコーディネートを実践すると、よりボタニカル柄を活かすことができますよ。その最たる例として、このハーフパンツがあります。

ハーフパンツの今シーズンのトレンドとして、膝上丈のものが流行ると見られています。このハーフパンツは、そのトレンドにぴったり乗っかっていますね!ハワイアンを思わせる柄と、カラーが印象的ですが、ベースが落ち着いたカラーとなっているので、さほど奇抜感がないのも特徴です。これなら、コーディネートに躊躇することはないですね。

そこに、ポケットに機転を利かせたシンプルなシャツをコーディネートしています。これにより、さわやかさをより強調するスタイルとなっていますね。このように、ボタニカル柄をコーディネートする場合は、ワントーンやモノトーンコーデで決め込むとコーディネートし易いですよ。

よりかわいらしいパンツにもチャレンジ!

男性でも少しキュートなデザインにチャレンジしてみたくなることがあります。そんな時に用いるのが花柄のアイテムでありますが、今シーズンはボタニカル柄でキューティーさを追求してみるのもおすすめです!その中で、オススメのアイテムとしてこのハーフパンツがあります。

CRUNA(クルーナ)というブランドのハーフパンツですが、イタリア生産にこだわって上質なアイテム作りを心がけていて、高い人気を誇るブランドです。そのCRUNA(クルーナ)が手がけたハーフパンツは、涼というフレーズがぴったりな、涼しげのあるデザインとなっています。チェリーの実と葉を、色鉛筆で淡く着色、描写しているので、かわいい中にも上品さが感じられます。

また、 テーパードのかかったスリムなシルエットを採用することで、すっきりしたスタイルとなっているのも特徴です。パプリカオレンジのTシャツとよくマッチしていて、かわいい感じを上手く出しているのが特徴的です。

最後に

いかがでしたでしょうか?ボタニカル柄のアイテムは、一見奇抜なデザインに見えてしまいますが、実際にはコーディネートし易いものが多いのです。また、少しアクセントを出したい時には、ボタニカル柄のアイテムがあると大変便利です。シャツやボトムスだけでなく、キャップなどでもボタニカル柄のアイテムが多くありますので、この夏はぜひともボタニカル柄をコーデに取り入れてみましょう。

Pocket
LINEで送る