カジュアルだけどキチッとしたいときのデニム&ジャケットスタイルはヤコブコーエンで決まり!

Pocket
LINEで送る

ジーンズと言えば、元々は作業着の一種として誕生したのですが、今ではカジュアルファッションには欠かせないアイテムに成長していますよね!ジーンズさえ履いておけばコーデに困らないですし、意外とジャケットなどにもコーディネートし易いので、一着持っておくととても便利ですよね。しかも、色落ちすることでまた違った味を出すことができるのも、ジーンズの魅力です。

デニムアイテムの中でも、最近特におすすめできるブランドとしてヤコブコーエンがあります。どちらかと言えばシックなスタイルのデニムアイテムが多く、カジュアルファッションだけでなくセミフォーマルファッションまでであれば問題なくコーデできるアイテムが多いのが特徴です。もちろん、ジャケットにもコーデしやすいのも特徴です。

そこで今回は、ヤコブコーエンがどんなデニムスタイルを提案しているかを紹介します。クールビズでもデニムアイテムが注目されていますので、ぜひポイントを押さえて早速実践してほしいですね。

ヤコブコーエンのデニム×ジャケットコーデでクールビズスタイルもイケてる感じを出そう!

ヤコブコーエンってどんなブランドなの?

ヤコブコーエンってどんなブランドなの?

出典:JACOB COHEN

まずは、ヤコブコーエンというブランドについて紹介します。ヤコブコーエンが誕生したのは1985年のことで、タト・バルデッレが立ち上げたブランドです。タト・バルデッレは、ヤコブコーエンを立ち上げた時点で著名なデニム職人として知られていて、多くのブランドを手がけていました。イタリアのデニム界で3本の指に入る職人が新しく立ち上げたブランドとして、誕生当初から注目を集めていました。

ヤコブコーエンというネーミングは、リーバイスの創立に寄与したJacob Davisの一部を取って、ヤコブが付けられています。また、コーエンは同じくリーバイスの創立者Levi Straussがユダヤ系ドイツ移民であったことから、ユダヤ系で最もメジャーなネーミングであるコーエンを取ったのです。このことからも、リーバイスに強いリスペクトを感じているブランドであることは間違いありません。

そんなヤコブコーエンのテーマとして、「仕立ての良いテーラードジャケットに合わせるジーンズ」があります。まるでスラックスを履いているかのようなシックなスタイルのデニムアイテムを提供して、多くのフォロワーを獲得することに成功しています。
(ヤコブコーエンの詳しい解説はこちら)

ローライズスタイルが刺激的!大定番の622

ここからは、ジャケットに合いそうなデニムについて紹介します。まずはじめに紹介するのは、ヤコブコーエンの代表的なモデルとも言える622です。622は688というモデルを約1.5センチ股下を短くしたモデルです。男性でローライズ、しかもジャケットに本当に合うの?と気になってしまうかもしれませんが、これが実によくマッチするのです!

ジーンズとは到底思えないような、ドレスアップされたフォルムとカラーリングで、ついつい履くと気持ちも大人になった気分となれるはずです!それでいて、履きやすいようにデザインされているのですから驚きですよね。622は多くの著名人からも愛されているアイテムで、リミテッドエディションも多く存在しています。中には、世界で数十本しかない超レアなデニムパンツも存在しています。

リミテッドエディションには、必ず番号が振られて管理されます。リミテッドエディションだからと言って、躊躇せずジャケットとガンガン合わせてコーディネートしてほしいですね。

今年のクールビズでチャレンジしたくなる深みのあるデニム!

もう今年もクールビズの季節になり、どんなパンツにチャレンジしようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな方にうってつけのデニムパンツとして、ヤコブコーエンの藍色が鮮やかなこんなデニムパンツはいかがでしょうか?デニムパンツと言えば、多少なりとも色落ちしている部位が見られるものですが、このパンツはまったくもって色落ちした箇所がなく、濃い藍色が印象的です。

藍色は夏っぽさを印象付けますし、そもそもクールビズと言っても流石に派手なデニムを履くわけには行かないので、このアイテムのような落ち着いたパンツの方がコーデしやすいですね。このコーデのように、ホワイトのカーディガンやポロシャツとの相性が抜群なのが良いですね。レギュラーストレートに近いシルエットを採用しつつ、股上を約1.5cmほど深くしてヒップアップ効果を持たせています。

これにより、小尻に見せることができるのが特徴です。そこそこ薄い生地を採用していることで、真夏でも十分履くことができるアイテムに仕上げています。

より夏を意識したジャケットにぴったり合うデニム!

これから夏にかけて、どうしてもハーフパンツを履きたくなりますよね。また、なるべく生地も薄手で軽く履くことができるアイテムが望まれますが、流石にジャケットスタイルにはハーフパンツは合わせにくいものです。そんな時に、カジュアルさを残しつつジャケットスタイルを楽しむにぴったりなアイテムとして、このデニムパンツがあります。

夏向けの薄手デニムクロスをテーマとして、通気性があり、型崩れしにくく、それでいて耐久性をアップしたコットンを採用しているので、履いていても快適な感じがあります。夏っぽくクールダウンしたかのような色落ちを乗せているので、見た目からも涼しさを感じますね。他にも、ストレッチ素材の採用で細身の作りでもストレスを覚えることがないのが特徴です。

ローライズに分類されるアイテムになりますが、それでいてジャケットスタイルにも合わせやすいですので、オンでもオフでも大活躍間違い無しのアイテムとしておすすめできます。

軽くロールアップしてもかっこいい!

軽くロールアップしてもかっこいい!

出典:Saint-Something

この画像のコーデではライトなカラーリングのジャケットを中心としたコーディネートを実践していますが、微妙にストライプが入っているのでよりカジュアルシーンで活躍するジャケットに仕上がっています。その中で、相性ぴったりなヤコブコーエンのジーンズが光りますね。

割合太めのシルエットなデニムパンツになっているのですが、足元を見るとロールアップして軽さを出しています。ロールアップというと、どうしても足が短く見えてしまうという弱点があるのですが、モデルさんの体型だけでなく、デニムパンツから脚長に見える工夫を施しています。そこに、派手なシャツをチョイスして、全体的にちょいワル感を上手く出していますね。

最後に

いかがでしょうか?ヤコブコーエンのデニムパンツは、どれもスリムできれいなシルエットを出すことができるものばかりです。また、カラーリングにもこだわっていて、どのアイテムでもジャケットスタイルを意識しているのです。今年の夏は、あえてジャケットスタイルでコーデするのが流行りそうですので、それに合うヤコブコーエンのデニムパンツをゲットしておきましょう。

Pocket
LINEで送る