犬・猫ブーム!飼ってる人も飼ってない人も、きっとペットがさらに好きになるファッショングッズをご紹介!

Pocket
LINEで送る

実は、今更ながらな印象ですが、犬と猫が改めてブームになっているのをご存知でしょうか?特に人気なのが猫で、ペットして犬を飼う人数に猫を飼う人数が急接近して、間もなく抜き去るのでは?と言われています。また、犬を飼う人口も決して減少しているわけではなく、高いレベルで競い合っているのです。そんな犬と猫を飼おうと思っても、マンションなどでは飼うのが困難ですよね。

犬や猫を飼う事ができないのだから、せめてファッションで犬や猫を感じられるアイテムを身に着けて楽しもう!と考えている人も多いのではないでしょうか?そんなニーズに対応するかのように、最近では犬や猫をモチーフとしたファッションアイテムが続々と登場しています。CAT FEVER(キャットフィーバー)が代表例として挙げることができますよね。
(CAT FEVERの詳しい解説はこちら)

そこで今回は、犬や猫を上手く取り入れたファッションアイテムを余すところなく紹介します。ペットを飼えない人でも、今回紹介するアイテムを身につければ、ペットが身近な存在でい続けることができますよ!

常にペットと一緒!ペットを身近に感じることができるファッションアイテムを紹介

リアルタッチさが魅力的!MELANTRICK HEMLIGHET(メラントリック ヘムライト)

リアルタッチさが魅力的!MELANTRICK HEMLIGHET(メラントリック ヘムライト)

出典:wear

MELANTRICK HEMLIGHET(メラントリック ヘムライト)は、2013年に誕生したばかりのブランドです。デザイナーの優哉さんは、スタイリストも手がけており、等身大ファッションを多く展開しているのが特徴です。その中で、心がけているのはリアルタッチで描くペットのモチーフで、ペット好きにも愛されているブランドです。

このアイテムは、しげくに屋55ベーカリーとのコラボレーションアイテムであり、ペットとともにパンもデザインされているのが印象的です。MELANTRICK HEMLIGHET(メラントリック ヘムライト)らしい、優しいタッチで描かれているのが特徴的ですし、ボーダー柄も温かみを感じさせてくれます。メンズアイテムとして提供されていますが、少し大きめのサイズのものを女性がコーデすることも可能です。

胸ポケットを食パンに見立ててデザインするなど、さまざまなトリックを仕掛けるのがMELANTRICK HEMLIGHET(メラントリック ヘムライト)らしくていいですね。ペット好きには欠かすことができないブランドとしておすすめです。


ankoROCK(アンコロック) の個性的なアロハシャツ!

ankoROCK(アンコロック) の個性的なアロハシャツ!

出典:ZOZO

ankoROCK(アンコロック) は、2007年に誕生したブランドです。マッドポップをテーマとして、サブカルチャーの要素も取り入れたユニセックスモデルを続々とデザインしています。アイドルとも積極的にコラボレーションしていて、最近では風男塾とのコラボでも話題となっています。そんなankoROCK(アンコロック)の個性的なアロハシャツがこちらです。

ポリ素材でできているので、普通のアロハシャツにはないテロっとした触感が楽しむことができます。ベースはブラックなシャツなのですが、いろいろなネコ総柄をあしらっています。これぞマッドポップ!と言わんばかりの、ankoROCK(アンコロック)らしい逸品に仕上がっています。また、最近のトレンドであるビッグシルエットなシャツとなっているのも特徴です。

単純にペットをあしらっただけのものではなく、しっかりとファッションアイテムとして楽しめるのがankoROCK(アンコロック)の良い点ですね。

加賀美健氏とJOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)のコラボ!

加賀美健氏とJOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)のコラボ!

出典:ZOZO

現代美術作家である加賀美健さんは、多くのフォロワーを持つ有名人ですよね。そんな加賀美健さんと人気ブランドであるJOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)がコラボレーションしたショップ「爆買い」が期間限定でオープンしています。その爆買いが手がけたアイテムの一つが、このTシャツです。

渋谷区観光協会公認のコラボレーションですが、アイテムには多くのペットが登場しています。その中でも、このTシャツは猫を中心として、ホワイトのキャンパスの中で意外と存在感を示しているのが見てとれます。また、猫は非常に可愛くデザインされていて、ユニセックスで楽しめるアイテムとなっています。

カラーバリエーションとしてブラックも用意されていますが、ブラックはよりデザインされている猫が強調されていて、また違った情緒を感じさせます。

ペットブランドと言えばここ!DOG FEVER(ドッグフィーバー)

ペットブランドと言えばここ!DOG FEVER(ドッグフィーバー)

出典:DOG FEVER

最近のペットブランドと言えば、DOG FEVER(ドッグフィーバー)をすぐに思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?DOG FEVER(ドッグフィーバー)は、「情熱と熱狂と愛」をコンセプトとして、同じコンセプトを持ったデザイナーが集結したアクセサリーブランドです。かわいい犬や猫をモチーフとしたアクセサリーが多く、カップルで付ける事ができるのも魅力的です。

このアイテムは、何と自分のペットそっくりなリングを作ることができます。DOG FEVER(ドッグフィーバー)のコレクション内にある自分の飼っている品種をチェックして、全身各部位の写真を撮影します。その後、指定のEメールアドレスに品種と写真、リングのサイズを記載してメール送信します。そうすると、最大30日でオリジナルのリングを作成することができるのです!

画像を見ても明らかな通り、そっくりなリングが出来上がってくるので、何時でもペットと一緒に行動しているような気分を味わえますね!単なるペットモチーフなデザインではなく、リングとしてのクオリティが高いのも魅力的です!
(DOG FEVERの詳しい解説はこちら)


コレクション内にも多くの犬種が存在!

コレクション内にも多くの犬種が存在!

出典:でらでら

DOG FEVER(ドッグフィーバー)では、自分の飼っている犬だけでなく、コレクション内にも多くの犬をモチーフとしたリングを展開しています。犬を飼えないけど、いつも身に着けるリングを持っていると、飼っている気になれますよね!そんな時には、DOG FEVER(ドッグフィーバー)のリングがおすすめです。

このリングは、ハグリングというデザイン名で、DOG FEVER(ドッグフィーバー)の中でもアイコンとして位置付けられています。多くの犬種がラインナップされていて、それぞれの犬種の特徴を活かしたデザインとなっているのが特徴です。このアイテムは、「タキシードを着た紳士」という異名を誇るボストン・テリア犬がモデルとなっています。

かわいいつぶろな目が印象的で、愛らしさを感じますね。また、ボストン・テリア犬の特徴である美しい毛並みを彫刻でしっかりと表現しているのも良いです。DOG FEVER(ドッグフィーバー)は、売り上げの一部をドッグシェルター等の動物愛護団体に寄付しているので、購入するだけでペットを救うことができるというコンセプトも最高ですね!
また、DOG FEVER(ドッグフィーバー)では、先ほどお話した今人気急上昇中の猫をモデルとしたCAT FEVER(キャットフィーバー)も展開しています。

最後に

いかがでしたでしょうか?犬や猫をモチーフとしたファッションアイテムは少なからずありますが、専門的に取り扱うブランドがあるというのは少し驚きでね。その中でも、DOG FEVER(ドッグフィーバー)のように恵まれないペットを救済する団体に寄付するというブランドがあったりと、ペット好きなら絶対に欠かせないブランドもあります。ぜひペットのかわいいファッションアイテムを身に着けて、より愛着を持って接するのも悪くありません。

Pocket
LINEで送る