走るホテル!?移動中でもラグジュアリーな気分を味わえるJRの新しい高級寝台列車を楽しむファッションスタイル!

Pocket
LINEで送る

鉄道は単なる移動手段だけでなく、旅を楽しむ手段としても有効的ですよね。リニア新幹線のように、とにかく目的地に早く到着する乗り物の開発を進める中で、現美新幹線のような付加価値を付けた乗り物を登場させるなど、ラグジュアリーな移動を楽しむというのも、今のトレンドとなっています。

特に人気が高いのが、最近の寝台列車です。寝台列車は、人間が活動しない夜中に移動する手段として、新幹線登場前は一般的な乗り物でした。ただ、新幹線の登場により一気に衰退していきました。しかし、鉄道会社として、鉄道旅行というスタンスを打ち出して、新しい寝台列車の開発を進めています。TRAIN SUITE四季島やななつ星など多くの高級寝台列車が登場していますが、今回はトワイライトエクスプレス瑞風をご紹介します。

では、トワイライトエクスプレス瑞風とは一体どんな寝台列車なのでしょうか?また、最新の高級寝台列車をより楽しむためのファッションスタイルにはどのようなものがあるのでしょうか?今回は、記事を読むだけで旅に出かけたくなるような、ファッションの楽しみ方を伝授したいと思います。

高級寝台列車で旅を楽しむ!イケてるファッションスタイルを紹介

最新の高級寝台列車とは一体どんな列車なの?

まずはじめに、最新の高級寝台列車であるトワイライトエクスプレス瑞風について紹介します。走るホテルをコンセプトとしたトワイライトエクスプレス瑞風は、大きく分けて山陽コースと山陰コース、混合コースに分類されます。山陽コースは京都駅・大阪駅をスタートして倉敷駅に向かいます。ここで車中泊して、その後、南岩国駅を経由して下関駅に到着するルートを採用しています。また、上りは逆コースで運行します。

山陰コースは、京都駅・大阪駅をスタートして、城崎温泉駅に立ち寄り、車中泊をしながら萩駅・東萩駅を経由して下関駅まで向かいます。もちろん、城崎温泉では温泉を楽しくことができますし、各地の観光名所でくつろぐことも可能です。上りは逆ルートとなりますが、山陽・山陰だけでなくミックスした山陽・山陰コースと言うのもが存在しています。

京都駅・大阪駅をスタートして、岡山駅、宍道駅・松江駅、東浜駅、を経由して京都駅・新大阪駅まで戻ってくるコースを採用しています。合計3日のコースで、立ち寄り観光地とビューポイントが用意されているので、単純に旅を楽しむことができますし、なんと言っても車内の居心地の良さが最高に良いのです!

工業デザインの第一人者がプロデュースした車内は、外観もクラシカルでかっこいいのですが、車内はぬくもりを感じさせるものとなっています。ノスタルジック・モダンという新しいジャンルにチャレンジしていて、一世を風靡したアールデコ調のインテリアはどこか懐かしさを感じさせるものがあります。

更には、門上武司プロデュースの美味しいお食事も堪能できるとあって、正しく高級ホテルが電車の中に移設された!というイメージぴったりですね。気になるのが料金ですが、最も安いプランでも1泊2日で360,000円と超高額です!ただ、それ以上の満足度を得ることができるので、既に多くのお客様の申し込みがあるのです。

トワイライトエクスプレス瑞風の他にも、5月にはトランスイート四季島が運行開始するなど、寝台列車に改めて注目が集まっています。

ディナータイムにはセミフォーマルファッションが必須!

トワイライトエクスプレス瑞風に限らず、高級寝台列車では豪華ディナーを堪能することができます。フランス料理店では、ドレスコードといって入店時のファッション次第ではお断りされるように、高級寝台列車でもディナータイムにはセミフォーマルファッションとするようにと、出発前の説明を受けます。決して、場違いなファッションで乗車しないように注意しましょう。

セミフォーマルではネクタイ、スーツ、上着(ジャケット・ブレザー)が必須となります。但し、あくまでもセミフォーマルと言うレベルで良いので、ファッション的には楽しむ要素があります。このコーディネートのように、紺のベロアジャケットとウィンドペングレースラックスで、少し彩りを付けたファッションを展開すると、なおムードが引き立ちますね。

セミフォーマルと言っても、あまり攻めすぎたファッションは厳禁です!あくまでも品位を損なわない程度に、アイテムのディテールやカラーリングで工夫してみることをおすすめします。

車内ではスマートカジュアルを実践!

ディナータイムやパブタイム以外の車内では、スマートカジュアルファッションで旅を楽しむことになります。このスマートカジュアルファッションというのが結構微妙で、どこまでが許容されるのかがいまいちわかりにくいですよね。トワイライトエクスプレス瑞風では、スマートカジュアルファッションの例として襟付きシャツ、上着(ジャケット・ブレザー)を推奨しています。ただ、一般的なスマートカジュアルよりは少し固いファッションでなければならないイメージですね。

セミフォーマルファッションのジャケットを使いまわすのも良いかもしれませんが、ラルディーニの少しライトなジャケットを中心とした、こんなスマートカジュアルファッションはいかがでしょうか?ボトムスにジーンズをチョイスして少し攻めている印象ですが、これならラグジュアリーなシーンでも十分通用しますね。

また、高級寝台列車でも外の観光地に出向くこともあるので、動きやすいカジュアル寄りのジーンズは持っておきたいアイテムの一つです。

観光地では動きやすさ重視で!

観光地では動きやすさ重視で!

出典:Octet nagoya

高級寝台列車では、途中下車して各地の観光名所を観光することができます。場所によっては徒歩で移動しなければならないので、ある程度動きやすいファッションも重要になります。ポロシャツ、ジーンズ、ハーフパンツなどを着用することをおすすめしていますが、ハーフパンツの場合は出向く観光地によっては、NGなファッションとなる可能性もあるので、注意しましょう。

個人的にオススメなのは、ポロシャツファッションです。ポロシャツは、気兼ねなくファッションを楽しむことができる有能なアイテムですし、襟付きなので、ある程度フォーマルなシーンでも活用できます。このコーディネートでは、FRANKLIN & MARSHALL(フランクリン&マーシャル)の鮮やかなホワイトポロシャツをチョイスしていますが、スポーティーなイメージでとてもイケてます!

トリコロールカラーでカジュアル感を更にアップさせることに成功していますし、ジーンズとの相性も抜群です。ポロシャツとは思えないラグジュアリー感も高く評価できますね。

ジャケットにもバッチリ合う!ハイセンスなスニーカーをチョイス!

ジャケットにもバッチリ合う!ハイセンスなスニーカーをチョイス!

出典:Octet nagoya

観光地に出かける場合に、足元のファッションにも気を使う必要があります。スニーカーを履くことを推奨されていますが、単純に観光地でのあるきやすさを考えるだけでなく、車内でジャケットにも合うようなハイセンスなスニーカーがあると便利ですよ。その中でおすすめしたいのが、ディアドラのHERITAGE(ヘリテージ)ラインのスニーカーです。
(ディアドラの詳しい解説はこちら)

普通のスニーカーには無いような、ビターな配色のスニーカーが多いのが特徴です。しかも、最高級レザーを余すところなく使用したりと、さすがイタリアのシューズ!というこだわりを見せてくれます。実際に、素材選びから生産まで全てイタリアで行っているので、これだけのクオリティを保つことができるのです。

流石にセミフォーマルシーンでは着用できませんが、車内でも十分使えるこんなスニーカーで旅を楽しんでほしいものです。

最後に

いかがでしょうか?高級寝台列車は、高級ホテルと引けをとらないようなラグジュアリー感があり、ドレスコードによってファッションもそれ相応なものを展開しなければなりません。その中で、如何に自分らしさを出すことができるかがファッショニスタとしての腕の見せどころです!大人気で予約も取りにくいのが実情ですが、日本の新しい一面を堪能できる旅に出かけてみませんか?

Pocket
LINEで送る