まさにファストファッション!GUにセルフレジが導入、自分でやる楽しさから新たなファッションの楽しみを!

Pocket
LINEで送る

今まで常識だったことが、今ではマイナーなことになってしまうことってありますよね。例えば、スーパーなどでは通常、会計はレジに持っていて店員が行うのが当たり前でしたが、今ではセルフレジと言って自分で行う事ができるようになっています。セルフレジは主にスーパーで導入されていますが、その流れがついにファッション業界にも波及してきています!

その流れをいち早く察知して導入しているのが、GUです。GUはファストファッションの代表ショップとして有名ですが、2015年から試験的に一部ショップでセルフレジを導入しています。レジというと、どうしてもスタッフさんが対応しなければならないので、その分だけ人件費がかかってしまいます。しかし、GUではそれをも効率化して更にお得感を出すために心血を注いでるのです。

そこで今回は、GUが推し進めるセルフレジの内容を紹介しつつ、自分でやる楽しさについて解説していきます。この流れから、新しいファッションの楽しみ方が創生されるかもしれませんね!

セルフレジから広がる夢!GUの取り組みについて徹底解説

まずは4店舗からスタート!

まずは4店舗からスタート!

出典:GU SHOPブログ

GUでは、まず始めに4店舗からこのセルフレジの導入をスタートしています。流石に、設備投資という面でいきなり全店舗の導入は危険ですし、商品へのタグ付けなどの手間を考えて、試験的にスタートさせたのです。2015年と言うと、まだスーパーでのセルフレジが一般化し始めたタイミングという事もあり、設備投資だけでなく利用者側の慣れも考慮してのことでしょう。

通常のセルフレジでは、商品を左側に置いて中央にあるバーコードリーダーに商品バーコードをスキャンして、右側の台にスキャンした商品を置く、というサイクルで会計していきます。このタイプの場合は、どうしてもスキャンの精度が問題となります。慣れた人がスキャンするならまだしも、初心者がバーコードをスキャンするのは結構大変なものです。

よって、スーパーなどでも周辺にフタッフさんがいて、セルフと言いながらもあまり意味が無いものとなっていました。ただ、GUでは今までと違う方式を採用することで、誰でも容易にセルフレジを利用できるようにしたのです!

RFIDを採用することで誰でも簡単にセルフレジを行える!

RFIDを採用するこで誰でも簡単にセルフレジを行える!

出典:GU SHOPブログ

従来のセルフレジは、バーコードスキャンの質とスキルによって動作が左右されるものが多いですが、GUでは画期的な方法でその弱点をカバーすることに成功しています。その方法とは、RFIDの導入です。RFIDとは、電波を用いてRFタグのデータを非接触で読み書きするシステムのことを言います。従来のバーコードでは、一つ一つをバーコードでスキャンしなければならないところを、専用のハンディターミナルやリーダライターで無線で読み取ることができるのです。

GUでは、このRFIDを各アイテムに付けます。これは、バーコードタグと同じイメージで、決して大きなものではありません。このタグを付いた状態で、セルフレジのボックス内に商品を入れます。これにより、バーコードを読み取ったと同じように会計ができるのです!RFIDのメリットとして、無線でスキャンできるだけでなく一度に多くのタグからスキャンすることができる点です。

よって、例えば10アイテムを一気にスキャンボックス内に入れても、会計が行えるのです。商品が多ければ多いほど、効率よく会計できるのです!また、RFIDは単に会計を容易に行えるだけでなく、商品管理の手間も省くことができます。特に、在庫管理や棚卸対応でも大活躍しています。

セルフレジはどのようにして行えばよいの?

セルフレジはどのようにして行えばよいの?

出典:GU SHOPブログ

では、ここからは具体的にGUでどのようにしてセルフレジで会計すれば良いのかについて紹介します。まずは、普段のお買い物と同様で、カゴの中に購入したい商品を入れていきます。全てのお買い物が完了したら、まずはセルフレジの方向へ向かいましょう。セルフレジの横には、ハンガー掛けが用意してあります。まずは、商品についているハンガーを全て外し、ハンガー掛けにかけておきます。

その後、空いているセルフレジに向かい、装置下部にある扉を開いてその中にカゴを入れます。カゴを入れて扉を閉めると、タッチパネルに会計した結果が表示されます。RFIDにより、あっという間にスキャンして会計できるのが特徴ですね。その後、会計金額が表示されるので、現金またはクレジットカードで支払います。

会計が完了したら、お釣りとレシートを受取り、カゴを持ってカウンターに行って商品を袋詰します。最後に、カゴを返却して完了となります。もし操作などで不安がある場合は、スタッフさんに声がけすると親切丁寧に教えていただけますよ。

順次全国展開が進む!

順次全国展開が進む!

出典:GU SHOPブログ

2015年に4店舗からスタートしたセルフレジですが、2017年4月より一気に拡大することをGUが発表しています。8月末までに、全国のGUの約半数にあたる176店舗まで拡大するということで、セルフレジ化は勝算ありと見ているのでしょう!また、新規店舗にはまず間違いなくスタート時からセルフレジを展開するのは明白です。

とても便利なイメージのあるセルフレジですが、弱点がないわけではありません。現時点で見えている弱点としては、支払い方法として現金とクレジットカードしか使用できない点があります。各種商品券やクレジットカード分割払いの場合は、セルフレジでは対応できません。また、クレジットカードでは税込み3万円以上の支払いも対応できないので、有人レジで会計する必要があります。

ただ、これらを鑑みてもセルフレジは非常に便利なシステムですよね。

セルフレジ導入でどのようなメリット・デメリットが有るの?

セルフレジ導入でどのようなメリットが有るの?

出典:GU SHOPブログ

今回のセルフレジの拡大において、GUとしてどのような戦略があるのでしょうか?まずは、単純に人件費の抑制があるのは間違いありません。セルフレジ自体も決して安い装置ではありませんが、それ以上に人件費を押さえた方が効果が高いのです。また、レジ自体は余りメンテナンスもいらないので、ランニングコストを考えても余計にメリットが有るのでしょう。

また、レジ混雑の緩和も大きいのです。客1人の精算所要時間が有人レジと比較して、最大で約3分の1に短縮することができたのです!さらに、混雑時のレジ通過人数が約1割アップしています。GUの顧客満足調査において、レジの混雑というのが不満の最上位にあっただけに、この改善は大きな満足度アップに繋がりそうです。

但し、ファッションアイテムを購入するために来店することの楽しみの一つに、スタッフさんとの会話がありますよね。スタッフさんはプロですので、最新のトレンドアイテムも熟知していますし、コーディネートの提案もしてもらえます。また、レジでのちょっとした何気ない会話においても、多くの事を学ぶことができますし、楽しいものです。

効率化は確かに価格面にも跳ね返ってくる要素ですが、スタッフさんとのコミュニケーションがなくなるのは少し残念な面もあります。

最後に

いかがでしたでしょうか?GUのセルフレジ化は、単に効率化によって費用圧縮や混雑解消を目的とした方針ではありません。実は、その裏にはもっとファッションに興味を持ってもらおうという意図が見え隠れしているのです!最初は抵抗感があるかもしれませんが、実際にやってみると簡単に行なえますので、ぜひGUでお買い物する際にはセルフレジを利用してみてほしいものです。ただ、スタッフさんとのコミュニケーションもセルフレジ導入後も継続して行いたいものです。

Pocket
LINEで送る