ついにオープンしたGINZA SIX!出店店舗の個性のぶつかり合いから生まれる新しいファッションの可能性!!

Pocket
LINEで送る

日本の首都である東京の中でも、最も華やかな場所として銀座があります。銀座には多くの有名ブランドが出店し、かつては銀ブラという言葉も流行るほど、多くの人から憧れの土地として見られています。そんな銀座は、最近でも再開発が継続して行われていて、更に進化しているのです。その象徴として、2017年4月20日にオープンしたGINZA SIXがあります。

当コラムでも過去紹介しましたが、GINZA SIXは単純に世界の著名なブランドが出展してるだけでなく、各ブランドがその個性を発揮して店構えも工夫しているのが魅力の一つです。これは、ビルの運営会社である住商や森ビルだけでなく、ブランド側の意向も色濃く反映されているのです。いい意味で、個性をぶつけ合ってこのGINZA SIXの価値を高めているのです。

では、GINZA SIXとは一体どのようなビルとなっているのでしょうか?今回は、GINZA SIXのポイントを紹介しつつ、各ブランドの個性的なショップを余すところなく紹介します。

既に話題沸騰!GINZA SIXで最新のトレンドと個性に触れてみよう!

GINZA SIXとは一体何?

GINZA SIXとは一体何?

出典:GINZA SIX

まずは、GINZA SIXとは一体どんな施設なのかについて紹介します。GINZA SIXは、2017年4月20日にグランドオープンした、商業施設のことを言います。銀座6丁目という超一等地に建てられたGINZA SIXは、全13階建てで、地下2階から6階までの間に、240店舗以上ものショップやレストランが出店しています。その規模は、激戦区である銀座でも最大規模なのです!

銀座は世界各国から多くのお客様が訪問する土地です。その銀座で、日本が築き上げてきた文化を紹介しつつ、新しい日本の文化を想像しようというコンセプトのもと、このGINZA SIXが建築されました。J.フロントリテイリング、森ビル、L Real Estate、住友商事が共同出資した会社が運営するだけあって、最先端の技術が存分に見られます。

外見は、日本古来の風情ある建物を目指し、ひさしやのれんを意識したデザインを採用しています。館内は吹き抜け構造を採用して、開放感がある中にも温かみのあるライトで居心地の良さを演出してくれます。また、ファッションやグルメ系の施設だけでなく、渋谷の松濤に構えていた観世堂の総檜の舞台が移設されるなど、日本の文化を肌で感じることができる場所としても、高い注目が集まっています。

アジア初出展も!DIOR(ディオール)

アジア初出展も!DIOR(ディオール)

出典:GINZA SIX

世界中のファッショニスタを満足させるブランドとして有名なDIOR(ディオール)は、中央通りに面したGINZA SIXの1階の目立つ位置に出店しています。DIOR(ディオール)が厳選した雑貨などを取扱うDior MAISONは、アジア初の出店となるだけに、高い注目が集まっています。そのショップ名はHouse of Dior Ginzaと命名され、通常と異なるコンセプトのもとでショップ展開しています。

全館にわたりメゾンの「アール・ド・ヴィーヴル」を伝える特別な空間が広がっています。DIOR(ディオール)は地下1階から4階まで出店しているのですが、それぞれの階で明確なコンセプトを持ち、実はカフェをも併設しています。カフェではDIOR(ディオール)がチョイスしたおしゃれな食器を使用しているので、ラグジュアリー感を感じられる空間となっています。

最先端のデジタルツールを駆使したカウンターを用意するなど、近未来感も感じられますが、基本は居心地の良さが魅力的です。DIOR(ディオール)でファッションアイテムだけでなく、生活雑貨も含めて全て揃えたくなる!そんなお店になっています。

パティスリー併設!フランク・ミュラー

超高級時計ブランドとして名高いのがフランク・ミュラーですよね。フランク・ミュラーは銀座5丁目に店舗を構えているのですが、GINZA SIXにも新たに出店しています。なんと、世界初のパティスリー併設店として出店しているだけあって、世界中から注目の的となっています!フランク ミュラー ジュネーブと命名され、2階に出店しいますが、パティスリーにはビザン数字がデザインされた内装を採用することで、中世ヨーロッパの雰囲気が漂います。

オレンジ、ラム、スパイス、ソルトの4種類のフレーバーから選べる「マロングラッセ」や、地元スイスの名物チョコである「テリーヌショコラ」が名物メニューとなっています。もちろん、お食事を楽しめるだけでなく、ファニチャーや陶磁器、ファブリック雑貨、そして時計を販売しています。時計に関しては、限定モデルである「ヴァンガード(VANGUARD) GINZA SIX限定モデル」を販売しています。

メンズ、レディース両方でそれぞれ15本の限定アイテムとなっていますので、激戦は必至ですね!他にも、創立25週年を記念したiPhoneケースが販売されるなど、特別なショップであることを強くアピールしています。

ローマをコンセプトとした外観が印象的!フェンディ(FENDI)

ローマをコンセプトとした外観が印象的!フェンディ(FENDI)

出典:FENDI

フェンディ(FENDI)は、イタリアローマで誕生したブランドです。レディースアイテムが特に人気ですが、メンズでも数多くのラグジュアリーアイテムを販売して、高い人気を誇っています。そんなフェンディ(FENDI)は、地下1階から3階まで出店しているのですが、まず外観に驚かされます!ローマの記念碑的建造物であるイタリア文明宮をイメージしたダイナミックなアーチを再現しつつ、のれんを意識した日本のテイストを入れている辺りにも、強いこだわりを感じます。

店内でも、各階でそれぞれのコンセプトでお客様をおもてなししています。店内の吹き抜けには、東信氏がデザインした巨大なオブジェが展示されています。また、3階には日本初のVIPルームが用意されているのも特徴です。ショップ内では、フェンディ(FENDI)の代表的なアイテムであるファーアイテムから、レディ・トゥ・ウエア、レザーグッズなどを取り揃えています。

また、職人が全てハンドメイドで作るファーウエアのメイド・トゥ・オーダーを、銀座店限定で展開するなど、ここでしか味わえないサービスも充実しています。

アルミ素材だけど優しい外観!ヴァレンティノ(VALENTINO)

アルミ素材だけど優しい外観!ヴァレンティノ(VALENTINO)

出典:GINZA SIX

ヴァレンティノ(VALENTINO)も、外観はあくまでものれんを意識したデザインを採用しています。但し、素材にはアルミシートのストレッチドメタルメッシュを使用することで、近未来感を出すことに成功しています。地下1階から4階までのフロアは、イギリスの建築家デイヴィット・チッパーフィードとクリエーティブディレクターのピエールパオロ・ピッチョーリが手がけた、イケてる空間が広がります。

ヴェネチアンテラゾーの床やカララマーブルの柱や階段が印象的で、全フロアに統一したコンセプトを感じられます。店内にはヴァレンティノ(VALENTINO)の魅力的なアイテムが多く販売されています。また、限定バッグも販売されているのも特徴です。ここでしか購入できないアイテムも数多くあり、多くの注目を集めています。

最後に

いかがでしたでしょうか?GINZA SIXは、世界中の有名ブランドが出店しているだけでなく、それぞれに個性を強く発揮して私たちを楽しませてくれるのです。フランク・ミュラーのようにグルメも堪能できるショップがあるので、一日中いても飽きませんね!是非一度GINZA SIXに訪問して、最新トレンドに触れてみてほしいものです。

Pocket
LINEで送る