夏でもジャケット!?意外に役立つ夏向けのサマージャケットで一味違ったファッションスタイルを!

Pocket
LINEで送る

夏のファッションの中心といえば、半袖やハーフパンツが中心ですよね。中には、タンクトップ1枚でシンプルコーデを展開する方もいますよね。あまり着飾ること無く、シンプルな方が夏っぽくて今のトレンドも押さえているのでおすすめです。ただ、夏でもジャケットスタイルで決めることと非常にカッコいいコーデの1つとなりますので、夏のジャケットスタイルに挑戦したいという方もいるかと思います。

そんな方向けに、オススメなアイテムとしてサマージャケットがあります。サマージャケットとは、基本形状はジャケットと同じなのですが、夏向けのアレンジされたアイテムの事を言います。例えば、素材自体が通気性の良いものを採用したり、薄手にデザインされているものが多いですし、中にはスポーツウェア顔負けの速乾仕様を採用しているものまであります。

サマージャケットの特徴を活かしつつ、如何にコーディネートを上手く組み立てるかがファッショニスタの見せ所ですね!そこで今回は、サマージャケットを中心としたファッションコーデの実践例を、サマージャケットの特徴と合わせつつ解説していきます。

夏だからこそサマージャケットでキレイめスタイルを実践しよう!

チェック柄も鮮やか!袖丈の短いサマージャケット

チェック柄も鮮やか!袖丈の短いサマージャケット

出典:AliExpress

シャツの場合は半袖が当たり前に存在していますが、意外とジャケットには半袖サイズのものはありません。あっても肘までの長さをキープしたものを採用しているのですが、サマージャケットでは肘丈のものが多いのです。また、袖は切りっぱなしではなく、ロールアップをして腕まくりをしているかのようなデザインを採用しています。

このジャケットが代表例で、ちょうど肘が隠れる程度の袖丈になっているのが見てとれます。ロールアップして裏地が見えているのですが、それもまた味があってチェックにも変化をもたせることに成功しています。肘にはボタンが付いていて、サイズを絞ることができますので、着ていても腕のサイズにぴったり合わせることができる工夫を見られます。

着丈として、若々しさを感じさせる短めのサイズを採用しています。また、夏っぽく少し派手目なチェック柄の採用で、全く暑苦しさを感じさせません!まるでシャツのような着こなしができますし、気軽に着れるジャケットとしてヘビーローテーションは間違いありませんね!


ダークトーンでも暑苦しさがない!

ダークトーンでも暑苦しさがない!

出典:wear

夏でもブラックを中心とした重めのトーンのカラーコーディネートは決してハズレとは言いませんが、見た目からも暑苦しさを感じてしまいますよね。でも、このサマージャケットコーデを見ると、ダークトーンでも十分通用する感じを受けますよね!MORGAN HOMME(モルガンオム)のシアサッカージャケットなのですが、ポリとナイロンの収縮差を利用したサッカー調のデザインを採用し、ライトに仕上げています。

また、素材にナイロンを使用することで、軽量化を図るだけでなく撥水性を確保しているのも特徴です。シアサッカーは微妙にシワ感を出すデザインとなっているので、肌への接地面積も必然的に低くなります。これにより、夏の燦々と照りつける日差しをカットしつつも、肌への接触を避けることで涼しさも確保しているのです。

撥水性の高さから、夏のスコールのような急な雨にも十分対応できます。また、自宅でも洗濯することができますので、汗をたっぷり染み込んでもすぐに洗濯が可能なのもうれしいですね。

ちょっと大人目のデザインでも遊び心満載!

ちょっと大人目のデザインでも遊び心満載!

出典:wear

パット見た感じでも大人っぽさを印象付けるイメージを持たせてくれるのが、このコーディネート例です。カラーリングも去ることながら、やはりデザイン的に大人っぽさが強くでています。それも、着丈が若干長めに取られているからに他なりません。サマージャケットは、基本的にヒップが露出する短い丈のデザインが多いのですが、このサマージャケットは若干長めとなっています。

これだけで、大人っぽさ全開になるのは実に不思議です。表地には綿69% ポリエステル31%の配合の素材を選んでいますが、実に見た目がドライな印象があります。事実、通気性がよく乾燥させやすい素材となっているのです。また、太めのストライプでデザインされているので、より個性的な印象を与えることに成功しています。

そして、このコーデではピンクのVネックカットソーをチョイスしています。大人な印象の中にも、強い個性を印象付けるのが実に心憎いですね。ボトムスをもう少しライトなカラーリングにすると、また違った印象が出てくるので、このサマージャケット中心でもまだまだコーデを楽しめますね。

BUFFALOBOBS(バッファローボブズ)のイタリアンなサマージャケット!

BUFFALOBOBS(バッファローボブズ)のイタリアンなサマージャケット!

出典:wear

BUFFALOBOBS(バッファローボブズ)と言えば、スキニージーンズで一世風靡したブランドして有名ですよね。もちろん、デニムだけでなく様々なアイテムを展開しており、世界中にファンが居る人気ブランドです。そんなBUFFALOBOBS(バッファローボブズ)がPONTETORTO(ポンテトルト)に別注をかけたのが、このサマージャケットです。

PONTETORTO(ポンテトルト)は、生地に徹底的に拘るファブリックメーカーであり、通常1ヶ月程度で仕上げる生地作りを、何と半年もかけて職人が手作業で作り上げるのです!このジャケットも、ラッセル編みの素材を採用することで強度のアップと肌への張り付き軽減という効果を発揮しています。

単に肌に張り付かないだけでなく、ケバ感の軽減により肌ざわりも最高です!このコーデではホワイトのカラーリングをチョイスしていますが、本当にジャケットなの?と疑いたくなるようなライトな印象があります。裏地なしの一枚仕立てという点も、ライトな感じがアップする要因となっていますね。


これぞサマージャケットの究極系?LARDINI(ラルディーニ)のジャケット

これぞサマージャケットの究極系?LARDINI(ラルディーニ)のジャケット

出典:でらでら

これぞサマージャケット!と言えるのが、このLARDINI(ラルディーニ)のホワイトジャケットです。このジャケットのベースとなったモデルは、秋冬モデルとして即完売しており、その雰囲気を残したままでサマージャケットにアレンジしているのです。コットン100%で編みあげて、ワッフル調の織りを採用することで、シンプルなホワイトの中でも光る個性を感じます。

サマージャケットの場合は、どうしてもサマーニットと競合してしまう点があります。わざわざジャケットを着なくても・・・と考えてしまい、サマーニットを選ぶ人もいるでしょう。ただ、このジャケットのようにしっかりとジャケットの雰囲気を残しつつ、コットンニットで手入れしやすいのが良いですね。どうしてもホワイトのアイテムですと、汚れなどが気になってしまうのでなおさらメンテ性の高さは重視しなければなりません。

このコーディネートのように、マリン系の雰囲気があるカットソーと合わせて、地味になりすぎない工夫を入れるのも良いですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?サマージャケットは単純に薄めにデザインしているだけでなく、洗いやすい素材を採用したりと各ブランドで工夫しているのが見てとれます。また、肌との密着性というのもテーマとして、少しシワにするデザインを採用するというこだわりも見てとれます。そんな心意気を感じつつ、サマージャケットにチャレンジしてほしいものです。

Pocket
LINEで送る