遊びでこそカッコイイ男に!スーツは仕事着だけではもったいない!

Pocket
LINEで送る

「スーツは男をかっこよく見せる」とか、「スーツは誰でも簡単にかっこよく着れる服である」とか、スーツがカッコいいってことをこの場で何度も話させていただいておりますが、ついつい男にとっての主戦場である仕事の場での話が多かったように思います。
でも、もったいないなぁと思うわけです。
仕事の場やかっちりした席でのユニフォームでしかないのか?
スーツが男をかっこよく見せてくれるのならば、そういった場だけではなく、OFFのシーンでもかっこよくなりたくありませんか?
スーツは決して堅い服装ではないのです。そんなイメージだからどうしても決めつけてしまっている気がするのです。外国ではデートにスーツ。そんなシーンを良く映画などで見ることがありますが、日本でもそんないかした男性が増えてほしいのです。
というわけで、今回は仕事着としてではない、スーツの着こなし提案でございます。
堅いイメージを壊していけるように集めましたのでぜひスーツでカッコイイ着こなしを幅広い着こなしで選んでいただければと思います。

<ノータイ・柄物シャツ>

一見派手かな?と思うような柄のシャツ。シンプルな無地系スーツに合わせて襟ボタンを外して小粋に着こなしましょう。ラフな印象を袖元や首元のシャツの遊びで作りながらも、シャープなシルエットを短丈で着ることで、ドレッシーな印象を残してスマートに決まります。

<ノータイ・柄物シャツ>

アイテム:柄物シャツ

<Tシャツ>

Tシャツの王道「白無地」をインナーに選ぶことで生まれるカジュアルダウン効果はいかがでしょうか?足元もスニーカーに持って行くことでアクティブな印象は強くなります。
春夏時期ではメリハリの強く出るブラックやネイビーよりもグレーやベージュ系が涼しげで綺麗に着こなせると思います。足元を軽く見せるためにロールアプもオススメですよ。

<Tシャツ>

アイテム:スーツ

<Tシャツ>

アイテム:ジャケット

<ニット>

タイドアップとニットカットソーの差を見るとこの違いの大きさに驚きますね!
素材感の柔らかさはスーツの固さを取ってくれるのに最適です。冬時期はタートルニットもオススメです。スーツの色よりも淡いものを持ってくるとバランスが決まりやすいので着こなしのポイントとなるかもしれませんね。

<ニット>

<ニット>

アイテム:ジャケット

<ポロシャツ>

これはカジュアルアイテムとはいっても襟があることで自然と抵抗は少ないのではないでしょうか?クールビズとして着られる方もいらっしゃいますし。しかし、ここで白を持ってきてしまっては着こなしは中途半端、デザインはシンプルな方がドレッシーなスーツには合わせやすいのですが、色はアクセントとして使った方が雰囲気が作りやすいです。
タックインせずにアウトにしてベルトを見せない着こなしにすることでOFFの空気はより一層増す着こなしとなるはずです。

<ポロシャツ>

アイテム:スーツ

最後に

いかがでしたでしょうか?
堅いイメージもなんだかOFFで着こなせるイメージに変わってきませんでしょうか?
ポイントは<インナーとシューズのテイストを合わせる事>
スーツの存在感の大きさを着こなしで纏めに行くにはインナーだけでも、シューズだけでもどちらか一つでは難しい為、ラフに振るのもエレガントに振るのも、この2つをアイテム選びの基本とすることでスーツはOFFのシーンでも簡単にあなたをかっこよく見せてくれる服となるはずです。また、これからの春夏の季節の中では足元を軽く見せるために短丈、もしくはロールアップが雰囲気を作ってくれるはずです。
ぜひスーツを楽しんでみて下さいね!

Pocket
LINEで送る