知らなきゃ損する!ネクタイの締め方だけでかっこよくなれる方法

Pocket
LINEで送る

スーツは男をかっこよく見せる服である!

と、何度もこの場を借りてお伝えし続けておりますが、そうはいっても何から手を付けていいのかわからない。サイズ感にしたって、生地にしたって、コーディネートにしたって
改めて買い替える時に考えるくらいのもので、普段はなかなかそこまで意識はしてられないのは世の忙しいビジネスマンなら当たり前です。
でもだからと言って、男たるものカッコつけなくなってしまってはお終いですよ!
今日は誰でも出来る、そして今すぐできる
そんなちょっとした小技をご紹介して、スーツの着こなしをグッとカッコよくしてしまおうと思っております。

ズバリ!ポイントは「ネクタイ」です。

締め方一つで印象は変わる物です。かといって、動画や写真で締め方を順を追ってご説明するようなことは今回はいたしません。使うのは当たり前に知っている締め方でオッケーです。もし、興味があったら締め方についての動画も是非ご覧ください。

では、そんないつもの締め方でどうやってもっとかっこよく見せることができるのか!
キーワードはネクタイを「立体的に見せる」ということなんです。
Vゾーンを貫録と自信を持って見せに行くことで男の着こなしはぐぐっと!各上のモノになりますよ!

ではまず、代表的な<ディンプル>から、
ご存知の方もいるかもしれませんが、ネクタイの結び目の下にくぼみを作る技です。

センターディンプル

真ん中にくぼみを一つ。これによってネクタイは一気に魅力を高めることになります。
これによって立体的に見えるようになるネクタイはどしっと存在感を発揮し、紳士の気品を携えた頼もしい胸元を作ってくれますよ!

 センターディンプル


ダブルディンプル

Wの字のように、結び目に波が出来、そこにはくぼみが二つ。
独特の存在感を創り出し、こなれた空気感を併せ持つ少し上級テクニックです。

 ダブルディンプル

さらに!小物使いの小技

<タイピンを使って持ち上げる!>
タイピンってなんでするのか?ネクタイがブラブラしないように押さえる為っていうだけではもったいない。アクセサリー的にオシャレに使う方もいるかもしれませんが、ぜひネクタイをかっこよく見せるために使ってください。
タイピンで留める際に少し持ち上げてボリュームを出してあげることで、ネクタイはさらに魅力的に映ります。

さらに!小物使いの小技

そして、
<柄合わせがさりげないポイント>
レジメンタルタイの場合には、ちょっとした気使いで、さらに技アリにできる方法があるんです!それが柄合わせ。
斜めにラインが流れるレジメンタル柄に注意して、<結び目>と<大剣>の流れを合わせに行くという方法。締める際の長さに注意すると割と簡単にできてしまうのはやってみると分かります。結び目と大剣が分かれて見えるのではなく一体に見せることで品よく決まるんです。

技あり
柄合わせがさりげないポイント
柄合わせがさりげないポイント

最後に、
<シャツに合わせたネクタイの結び目選び>
これは襟幅に合うようにネクタイを締めるということ。基本ではありますが、なかなかそこまで気を使っていない方、多いです。ワイドになれば太く締めるが基本。
襟の開き幅によって締めるネクタイの結び目のボリュームを合わせましょう!
そのためにネクタイの厚みやネクタイ自体の幅を変えてみるのもアリです。
そこには一体感という胸元を頼もしく見せる秘訣が存在しています。

最後に

いかがでしたでしょうか?
今からさっそく試してみて下さい!いつも以上に力のある自信を感じさせるVゾーンがあなたの出来る男オーラを作ってくれるはずです!ちょっとしたことだけどだからこそ、毎日の中でちょっとした差となり、周りの方の印象に積み重なっていくものです。
人前に出る時、鏡で髪型や顔を確認することは自然にするはずです。ぜひあなたの第二の顔もしっかり整えて人前に出ていきましょう!
スーツは男をかっこよく見せる。そんなことが少しでも感じていただけたら嬉しいです。

Pocket
LINEで送る