コーディネートに困ったら”白シャツ”!色んなスタイルで確実に活躍する白シャツを着れば間違い無し!

Pocket
LINEで送る

純白という言葉がある通り、ホワイトというカラーには清純なイメージがありますよね。どんな色にも染まりますし、かと言って自己主張も感じられるものです。ファッションでも同様で、ホワイトのアイテムは様々なシーンで活躍してくれます!ボトムスとなると少しコーディネートに苦労しますが、一転シャツの場合はどんなアイテムとも合うのが良いですね!

代表歴なシーンとして、ビジネスシーンがあります。ホワイトのワイシャツは、着用する人に爽やかな印象を与えます!ただシャツを着ているだけなのに、爽やかな印象を出すのですから驚くばかりです。それだけ、ホワイトが持つ力が大きいのは言うまでもないですし、着用している人もどこかしっかりしなきゃ!という気持ちにさせてくれるカラーなのです。

そこで今回は、様々なシーンで大活躍するホワイトシャツについて、素材という観点とコーディネートの観点でオススメのスタイルを提案します。今日からでも実践したくなるような情報満載ですよ!

迷ったらこれ!白シャツで爽やかにファッションを楽しもう

コットンのシャツは着心地抜群!

 コットンのシャツは着心地抜群!

出典:でらでら

まずは、シャツで良く用いられる素材にフォーカスしていきます。ホワイトのシャツの中でも、コットン素材のシャツは非常に着心地が良いことで知られています!よりホワイトを強く感じさせますし、適度なシワ感を出すことができるので、遊び心も感じさせるシャツが多いのも良いですね。その代表例として、このFinamore(フィナモレ)のシャツがあります。

Finamore(フィナモレ)は創業90年以上経過した老舗ブランドです。100%ハンドメイドで製造されるシャツは、実に着心地が良くてついついヘビーローテーションしてしまいます。また、スポーツシャツというジャンルを確立しているのも特徴です。正しくこのシャツがその代表例で、襟先が首側に寄り添うデザインを採用しています。よって、第一ボタンを外してセクシーな感じで着こなしが可能です。コットン素材なので、春夏のシーズンに特にサラッと着こなしできるのもグッドポイントとして取り上げることができます。
(Finamoreの詳しい解説はこちら)

このコーディネートではジャケットを羽織っていますが、どうしてもインナーのシャツの方に目が行ってしまいます!それだけ、このホワイトのシャツが存在感抜群なのです。

リネンシャツでより快適さを!

リネンシャツでより快適さを!

出典:でらでら

コットンよりもサラッと着こなすことができる素材として、リネン素材があります。リネンは通気性が抜群に良いので、暑い日でも体内の熱を効率よく逃すことができます。また、外見上でもこなれ感を出すことができるので、カジュアルシャツによく用いられます。リネンはチクチクするという印象も強いのですが、最近はペクチンによって着心地もアップしています。

こちらのシャツもFinamore(フィナモレ)のシャツになります。形はワイドカラーを採用しているので、タイドアップしても良し、ノーネクタイでも様になるモデルになっています。クールビズが当たり前になりましたが、夏場のビジネスシーンでも全く問題なくコーデできますね。TONDOボディの採用により、タックインも容易に行いやすい工夫がされている点も見逃せません。
(Finamoreの詳しい解説はこちら)

細すぎず、太すぎず、そして長すぎずな適度なサイズ感で、誰でもすんなり着用できる、こんなリネンシャツは大活躍すること間違いなしのアイテムとしておすすめします。

腕まくりスタイルでよりかっこよく着こなす!

ホワイトシャツに限った話ではないのですが、腕まくりしてシャツを着こなす人っていますよね。ビジネスヒーンではご法度な行為ですが、カジュアルコーデであればコーディネートテクニックとして使えます。特に、ホワイトシャツと腕まくりの相性が良いことで知られています。真面目なイメージを少し崩して、ワイルドさを出すことができるのが特徴です。

このコーディネートでは、光沢が感じられるシャツをチョイスしています。胸元の開き具合も気になりますが、それ以上に自然な腕まくりスタイルが実にセクシーな印象を与えますね!キレイに折りたたんで腕まくりするのではなく、少しシワを際だたせることでよりオシャレ感が感じられます。ホワイトのシャツをより強調するかのように、ブラックのスキニーパンツをコーデしています。モノトーンコーデを成立させつつ、シャツの方に自然と目を向けさせているのが見て取れます。

ちょいワル系のコーディネートを実践したい人であれば、腕まくりテクニックは絶対覚えておきたいですね。

ジャケットに合う白シャツとは?

ホワイトのシャツは、しつこいですがどんなコーディネートにもマッチしますが、ジャケットとコーディネートする場合にはどんなデザインのシャツをチョイスすれば良いのでしょうか?そのヒントとなるのが、カラーのデザインやサイズ感です。基本的には、レギュラーカラーのホワイトシャツをチョイスしておけば、間違いなくフィットするものです。また、最近ではワイドスプレッドカラーのブームが再燃していますが、ワイドスプレッドカラーもジャケットスタイルにバッチリ合います。

このコーディネートは、黒袖レザーテーラードジャケットをトップスとしています。特に袖の部分がかなり個性的で、着こなしに苦労しそうなイメージがあるのですが、それを上手く吸収してコーディネートできるのも、インナーにホワイトシャツを着ているためです!また、レギュラータイのシャツなので、ジャケットと喧嘩していないのも良いですね。

全身をダークトーンで統一しつつ、シャツだけがホワイトで明るめの印象を与えている点からも、実はシャツ中心でコーデしているのが心憎いですね。

ジレとの相性も良い!

これからの時期は、ジャケットを羽織るのも良いですが厚手のジレをコーディネートするのも悪くありません。ジレはインナーでコーデするものというイメージがありますが、それは大きな間違いです!ぜひ、自信を持ってジレを全面に押し出したファッションを展開してほしいものです。そんなジレとよく合うのも、ホワイトシャツの特徴なのです。

このコーディネートでは、全身をネイビーカラーで統一しています。その中心となるのが、ネイビーのジレです。薄手のジレですので、スマートにコーディネートしていますが、少し遊び心を出すように開衿シャツを合わせています。縁取りしたデザインが印象的ですが、腕まくりテクニックも活用しているのも良いですね。

ジレにも多くのカラーバリエーションがありますが、ホワイトシャツであればどんなスタイルにも適合できますよ!

最後に

いかがでしたでしょうか?コーディネート例を取り上げれば取り上げるほど、ホワイトシャツはどんなスタイルにもマッチするのがご理解いただけたかと思います。また、素材によって使い分けをし易いのも特徴的です。単純にホワイトシャツを選ぶのではなく、素材や形状をより意識して、様々なコーデで使えるシャツを見つけてほしいものです。

Pocket
LINEで送る