お子様の晴れの舞台「入学・入園式」に最適!パパのためのファッションスタイルをご紹介!

Pocket
LINEで送る

小さいお子様を抱える男性は、常に我が子の近くにいてあげたくなりますよね!大人になれば自然と袂を分かちあうこともありますし、成長すると特別な出来事って意外と少ないものです。ただ、子供の場合は日々成長しますし、その瞬間でしか見ることのできない出来事が実に多いのです。そのイベントの一つに、入学式や入園式があります。

実際に入学式や入園式に男性が出席する際、困るのがファッションです。あまり奇抜なファッションで参加するわけにも行きませんし、ありきたりなスーツスタイルで臨むのも面白みがありません。では、子供の晴れ舞台を邪魔しない程度に、どのようなファッションコーディネートを実践していけば良いのでしょうか?

今回は、意外と困る入学・入園式におけるパパのためのファッションスタイル例を紹介します。この記事をしっかり読んで、子供からもパパママ友達からも、イケてるパパ!と思われるようなファッションを実践してほしいものです。

パパ必見!入学式・入園式に最適のファッションスタイル実践例

ベタだけどスーツがベター!カラーは何が良い?

ベタだけどスーツがベター!カラーは何が良い?

出典:Kingsdown Roots

入学式や入園式において、やはりスーツスタイルを用いるのがベターです。どうしてもスーツがない場合でも、礼服でも特に問題なくただ、一概にスーツスタイルと言っても様々なスタイルがありますし、カラーリング次第で趣が大きく異なります。では、入学式や入園式ではどのようなカラーのスーツがオススメなのでしょうか?

基本的には、ブラックやグレーなどの当たり障りのないカラーリングのスーツを着れば、ハズレはありません。但し、基本は華やかな場なのでブラックは少し重たい印象がありますし、グレーは少し地味めでありきたり感が出てしまいます。そこでオススメなのが、ネイビーのスーツです。このコーディネートのように、デザインがきちっとしていながらもネイビーのカラーなのでカジュアル感も出すことができます。

ネイビーのスーツなら、より砕けた場所でも十分使えますので、使い回しを考えても持っておくと便利なアイテムです。入学式や入園式の一回ポッキリでスーツを新調するのも決して得策ではありませんので、このような着回しの効くカラーリングのスーツをチョイスしましょう。

スーツのサイズ感はどのくらいが良い?

スーツのサイズ感はどのくらいが良い?

出典:LOVE THIS PIC

スーツのカラーリングが決まったら、次に考えたいのがサイズ感です。単色のスーツであれば、よほど奇抜なスタイルでない限りは入学式や入園式で着用することができます。後は、どのようなサイズ感のスーツをチョイスするかが重要です。もちろん、サイズ感にもトレンドがあって、その時代に応じてトレンドが異なりますが、フォーマルな場ではジャストサイズのスーツを選ぶのが一般的です。

このコーディネートのように、一見サイズが小さめに見えて体のラインが適度に見せることができるスーツが特におすすめです。ボタンを1つしか止めないことで、全身のきれいなフォルムを形成することに成功しています。これで、逆にこれ以上細すぎるとカジュアル過ぎて場違いな印象を与えかねません。逆に、オーバーサイズのスーツをチョイスすると、だらしない印象を与えてしまいます。サイズ感って実に重要なんですよ!

大人の男性になると、少し油断すると前に着ていたスーツのサイズも合わなくなることは日常茶飯事です。とりあえず着れれば良い!という安易な考えは禁物です。ジャストサイズのスーツを選ぶことを念頭に置きましょうね。

シャツはどんなものを選べば良いの?

シャツはどんなものを選べば良いの?

出典:FASHONBEANS

スーツのスタイルが決定したら、次に注意すべきはシャツです。スーツがどんなにイケてるものでも、そのインナーに着るシャツがダサければそれでもうおしまいです。シャツについてもカラーリングやデザインを意識して選ぶことで、イケてるパパに近づくことができるのです。基本的には、ホワイトのシャツを選ぶのがベターです。

このコーディネートのように、濁りのないホワイトのシャツでレギュラータイのシャツであれば、まず間違いなく好感度アップすることができます。ありきたりすぎてつまらない・・・とお考えであれば、クリーム色や薄いグレーのシャツで少し遊び心を入れるのも悪くありません。ただ、あくまでも薄めのカラーリングのものを選ぶのが鉄則です。濃い目のカラーリングは絶対にやめましょう!

襟に関しても、あまり細すぎないでシンプルなカラーのものを選ぶのが無難です。ネクタイとのマッチングを考えても、奇抜なものは絶対に避けてください。

ネクタイは明るめのもので良い!

ネクタイは明るめのもので良い!

出典:TIE DRAKE

シャツ選びが済んだら、ネクタイにもこだわりたいですね。基本的に、ノーネクタイだけは絶対に避けましょう!シャツのボタンを最上段まで止めてネクタイをしていないとダサさ満載ですし、かと言ってボタンをあけっぴろげにするとチャラさが出てしまいます。ネクタイをビシっと締めて、TPOをわきまえたパパをアピールしたいところです。

入学式や入園式は春に行われますので、春っぽく明るいカラーのネクタイを選ぶのがオススメです。具体的にはブルー系やシャンパンゴールド、桜を連想するピンク系のカラーリングがおすすめです。柄に関しても、あまりに派手なものはダメですが、ストライブ程度の柄があると華やかさをアップすることができます。

逆にNGなカラーリングとしてブラックがあります。これは、葬儀で着用するネクタイがブラックなので、晴れ舞台なのにそぐわないわけです。シャツとのカラーマッチングは良いかもしれませんが、トータルコーディネートとしてネクタイ選びしましょうね。

シューズはレザーを選ぶ!

シューズはレザーを選ぶ!

出典:wear

スーツで入学式や入園式に臨むのであれば、シューズも必然的にレザーシューズを選ぶことになります。スニーカーやサンダルなんて絶対にチョイスしてはいけませんよ!レザーの中でも様々なアイテムがありますが、ベースはシンプルで癖のないものを選びましょう。具体的に言えば、ストレートチップが良いですね。ストレートチップは、冠婚葬祭でも使えますので、持っておくと便利なシューズです。

カラーリングに関しては、ネクタイとはうって変わってブラック系が断然おすすめです。少し変化を付けたい場合であれば、ブラウン系のシューズを選ぶと、遊び心を与えることができます。このコーディネート例のような多少皺加工が入ったものも、アクセントという面ではおすすめできますが、グラデーションがかったようなシューズは避けてください。

また、シューズだけでなくソックスと言う面でも配慮が必要です。体育館で行われるケースもありますので、実際にはシューズを脱いで出席することがお多いのです。ソックスは見えないし良いや!と油断してダサいソックスを履いていると、それがバレてしまうケースもあるので注意しましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?お子様の晴れ舞台を台無しにするのは絶対に避けたいのは当たり前ですが、それ以上により華やかな場所を印象付けるようなファッションを心がけるようにしたいですね。パパ同士でハイレベルなファッション談義をするのも悪くありませんね。
スーツの着こなしに関してはこちらの記事もご参考ください。

Pocket
LINEで送る