シャツ封印!!いまどきジャケット着こなし指南!

Pocket
LINEで送る

さて、暖かくなってきた今日この頃、そろそろジャケットの季節です。
コートやダウンアウターは一度クローゼットにしまって、軽やかな季節を楽しみたいところですが、そうなってくると男性が羽織るアイテムって結構限られるんですよね!
ナイロン系のブルゾンやパーカー、Gジャン、レザー??多くの方がそんな中でジャケットを手に取るのではないでしょうか?もちろんビジネスで着るかっちりしたものに比べていくらかカジュアル感のある、砕けたものをチョイスすることもあると思いますが、男性の上着として年を負うごとにそこはやはりジャケットが多くなってくることは間違いないはずです!しかし、最近のリラックスな流行の中では、きっちりかっちりのジャケットスタイルもなんだか少し堅苦しい印象を持ってしまったりしませんか?

この秋冬はニットにアウターを合わせ、程よくラフな雰囲気もうまく出せていたにもかかわらず、春になったらシャツにジャケットで急にかっちりとしたスタイリングになってしまう。さらに、そろそろTシャツ×パーカーというラフなカジュアルスタイルから、少し年齢も意識した中で大人な着こなしを手にしようとしても、いきなりかっちりキレイ目となってしまってはイメージも変わりすぎてしまうのでハードルが高いこともきっとあるはず!そこで、今どきのジャケットスタイルはシャツじゃなくてもいいのだ!!ということをこの機会にご紹介させていただきたいと思います。

さて、春の着こなしのインナー指南ということで、今回は上記の通りシャツを着ないジャケットの着こなしをご紹介いていきます。

まずは、シャツではないジャケットのインナーはこの2択。
<コットンニット>・<カットソー>

さらに、色は重いものではなくホワイトやライトグレーのように明るめで軽い印象のものがいいでしょう。大人はデザインも無地もしくはボーダーで抑えて、プリントデザイン物は避けると失敗はないかと思います。

ライトグレー

ライトグレー
ライトグレー

アイテム:コットンニット

ラフさを絶妙に匂わすはっきりさせないグレーが使いやすさナンバーワン!
色味は軽く、明るい印象のライトグレーが季節感を考えた時にも合わせやすくスマートです。Vネックですっきり行けばよりきれい目な印象を強めた着こなしに、クルーネックならよりラフな力の抜けた着こなしを楽しめます。カットソーかニット素材かの2択ですが、ここは出来ればニット素材がオススメです。カット時よりも柔らかく素材感が出るニット素材の方がよりリラックスかんとラグジュアリー感が演出でき、シンプルでラフな着こなしを格上げしてくれるはずです。秋冬のウールではないコットン素材のニットなら洗濯も簡単で、何よりカットソー同様素肌に着れるので使いやすいはずです。


ホワイト

ホワイト
ホワイト
ホワイト

アイテム:Vネックカットソー

シンプルにメリハリのあるアイテムとして春に本当に使えるのがホワイト無地。
軽やかで清潔感あるホワイトとインナーに差すだけでジャケットの特徴もくっきりと浮かび上がり、着こなしに凛とした空気感が漂う気がします。様々な色に合わせて使えることも利点の一つです。ニット系の素材を選べばより品よくラグジュアリーに決まりますし、カットソーで選べばアクティブなイメージを絶妙に取り入れた着こなしとなるはずです。

ボーダー

マリンの雰囲気でよりラフなカジュアルスタイリングが得意のボーダーカットソーはセットアップのインナーもお手の物。ジャケットやパンツがシンプル目の場合インナーに無地物では物足りないなと感じる時も多いですがそんな時、プリント物のカットソーではストリート寄りに見えてしまう、子供っぽく見えてしまう。そんな失敗はボーダーならおきにくいはず!

最後に

いかがでしたでしょうか?とっても簡単。明日から使えるシャツを使わないジャケットの着こなしでした。ご参考にしていただければ幸いです。

とはいえ、もちろんシャツ合わせもタイドアップもカッコいい!
個人的もシャツやジレを使ったクラシカルなキレイ目スタイルは大好きです。
でも、オフをきれいに、アクティブに、今どきの「わかっている男」は上手く力を抜いた着こなしっていうのがポイントだと思うのです。時と場合を使い分け、こんなラフで粋な着こなしもジャケットスタイルにはあるんだと知って頂けたら嬉しいです。型にとらわれない楽しくリラックスしたOFFをぜひこの春もかっこつけて楽しんでください♪

Pocket
LINEで送る