MA-1の人気はこの春も継続!知れば知る程着たくなるMA-1の秘密を大解剖!

Pocket
LINEで送る

ファッションの世界でのトレンドの移り変わりは激しいものがあります。昨シーズンは雑誌やテレビでも数多く取り上げられていたのに今シーズンは来ている人すらみないアイテムなど数知れず存在します。そんな中で完全に定番として定着していくアイテムも存在します。

その一つに、MA-1があります。ミリタリーアイテムの代表格とも言えるMA-1ですが、最初にブームとなったのは1986年の事です。トム・クルーズ主演映画『トップガン』でMA-1が登場し、それで一気にブームが巻き起こりました。一旦ブームは収束したものの、継続的に再ブームの波が訪れて、2016年に女性も含めて再ブレイクしたのです!

MA-1と言うと、大抵どんなデザインであるかは想像できますが、実際にはどのような点に特徴があるのでしょうか?今回は、MA-1の秘密について徹底解説していきます!

2017年もブーム継続!MA-1の秘密を徹底解剖

MA-1とは一体何?

まずは、根本的なところでMA-1とは一体何なのかについて解説します。MA-1とは、フライトジャケットの一種となります。フライトジャケットとは戦闘機などに搭乗するパイロットや作業員向けに開発されたジャケットです。戦闘機や軍用機の場合、飛行高度が高いところをフライトするのですが、トップスに付着した水分が冷気によって凍り、ジャケットの可動域が狭くなるような現象が見られます。

特に、革製のトップスを着ると、より大きな影響を受けてしまうので、そもそも水滴を吸収しにくいナイロン製のフライトジャケットが開発されました。第二次世界大戦以降の1950年に、B-15の後継モデルとしてMA-1が誕生しました。B-15の後期モデルであるB-15Dでナイロン自体は採用されていましたが、より寒冷なコンディションでも耐えることができるようにアップデートされたのが、MA-1です。

ボマージャケットとも呼ばれるMA-1は、アメリカ空軍が開発したものですが、アメリカ海軍やアメリカ陸軍にも採用されて、1980年代まではフライトジャケットの定番モデルとして定着していました。

落ち着いたカラーリングが渋さを演出!

MA-1は、元々は軍事系のアイテムとして発展しているので、カラーリングは派手なものはなくグリーンで統一されています。これは、地上戦となった場合に目立ちにくくするためにこのカラーリングが採用されているのです。その一方で、内側はオレンジと目立つカラーリングを採用しています。これは、仮に事故などで怪我をした場合、見つけやすくするために派手な色を採用しています。その成り立ちから、レスキューオレンジと呼ばれています。

表側のグリーンも、単なるグリーンではなくナイロン系の素材と相まって光沢があって高級に見えるのが特徴です。このMA-1も、シワのより具合によってカラーリングが微妙に異なっていることが見て取れます。基本的にカモフラージュカラーなのですが、今風にアレンジされたMA-1の場合は、これだけスタイリッシュに見せることができるのです!

ウェストや手首には、濃いめのグリーンを入れてよりメインのグリーンを引き立てていますね。グリーンはどんなカラーとも相性の良さを示すので、コーディネートにも困らない点も高く評価できます。

防寒性に優れている!

MA-1はフライトジャケットとして開発されたこともあり、より戦闘地区で最大限の機能を発揮するものとしてデザインされています。特にこだわってデザインされた点として、防寒性や保温性という点があります。戦闘機の中は、私達が想像する以上に寒い環境となるので、パイロットが寒さで凍えてしまうことも想定されます。本当に凍えてしまっては、飛行パフォーマンスにも大きく影響してしまうので、絶対にあってはならないのです!

MA-1はすでに誕生してから50年以上経過しているアイテムですが、誕生当初からすでに保温性に優れているナイロンを採用しています。今も進化していますが、それでもベースとなるナイロンは誕生当初から大きく変わっていないのです。それだけ、完成度の高いナイロンなのです!また、ジッパー内側が比翼仕立てとなっているデザインのものもあり、冷気をしっかり内部に侵入させない工夫もされているのです。

真冬の極寒のコンディションで、最大限のパフォーマンスを発揮するのがMA-1の特徴なのです。

細身のスタイルをキープできる!

冬ファッションの最大のポイントは、如何に着ぶくれしないですっきり着こなすことができるかです。もちろん、あえてボリュームを出しておしゃれに見せるテクニックもありますが、基本はそれぞれのアイテムの持つサイズ感をキープしてコーディネートするのが一般的です。冬ファッションでは、寒さ対策からインナーを着込んでしまいますが、それを最小限に抑えることができるのが、MA-1のポイントです。

防寒性の高さから、このコーディネートのように薄いインナーを着込むだけでも、十分寒さを凌ぐことができます。また、このコーディネートでは、今のトレンドであるオーバーサイズシルエットを実践しています。オーバーサイズシルエットをインナーで実践する際、アウターはスッキリしたデザインのものを採用したくなります。その点で、MA-1のような細身のシルエットを採用すると、オーバーサイズシルエットも手軽に実践できるのです!

MA-1自体、狭い戦闘機の中でも動きやすくするために細身にしている点もあり、それが多くの人に受けているのです。

ポケットが多く機能的!

MA-1は、多くの機能を誇っているジャケットとしても有名です。有事に大きなバッグを持って活動するなんてありえない話で、必要最小限なスタイルで戦闘に向います。よって、ジャケットになるべく多くのアイテムを収納できた方が、より実践で活用しやすいジャケットと言えます。その点で、MA-1は多くのポケットをデザインして、そこに必要なものを収納できるようになっているのです。

このMA-1では、腕にジップがあるのが見て取れます。このように、MA-1では腕にもポケットがあるのが一般的となっています。決して多くのものを収納できるわけではないのですが、ポケットが有るのと無いのとでは全く利便性が異なります。また、収納性というだけでなく、デザイン的にもこのポケットがあるとよりミリタリー感が出てかっこよく見えるのです!

ファッションアイテム向けに、よりポケットを目立つようにデザインされたものもあるので、ご自身が好むデザインのものを選ぶと良いでしょう!

最後に

いかがでしたでしょうか?MA-1は歴史あるアイテムですが、今でも進化し続けて最新のファッションでもコーディネートされています。それは、やはりMA-1が持つ機能性の高さや、スタイリッシュなデザイン性が多くの方に評価されているからに他なりません。今後も、最新のトレンドを入れつつ進化していくことでしょう!

Pocket
LINEで送る