王道をあえて外す勇気!社会人として腕時計は必要だけど、ありきたりは嫌だ!そんな人にオススメな腕時計ブランド集!

Pocket
LINEで送る

人間心理として、人と違うことをするのって結構勇気がいるものですよね。特に、日本人にはその傾向が見られ、流行りに乗っかるのが大得意なのです。また、熱しやすく冷めやすいのも特徴ですよね。ファッション界でも、王道スタイルというものがあり、あまり冒険したくない人は王道スタイルをチョイスする傾向があります。そんな王道スタイルをあえて外しておしゃれに見せてこそ、真のファッショニスタであるといえます!

携帯電話の普及で腕時計需要は確実に減少していますが、やはりファッションアイテムとして重要なウェイトを占めているのです。時計として使用するだけでなく、アクセサリー感覚で使用できるのも魅力的で、社会人にとってもマストアイテムです。そんな腕時計にも王道があり、一方であえて王道を外しておしゃれに見せるのもファッショニスタとして重要なのです。

そこで今回は、ロレックスなどの王道ではなく、ありきたり感が無い腕時計ブランドについて紹介します。この記事を読んで、ぜひ人と違う道を歩んでみるのも悪くありませんよ!

脱ロレックス!ありきたりな感じが無い腕時計ブランド5選

日本が誇る腕時計ブランド!グランドセイコー

日本が誇る腕時計ブランド!グランドセイコー

出典:a blog to watch

日本が世界に誇る高級腕時計ブランドとして、グランドセイコーがあります。グランドセイコーは1960年に誕生したブランドで、スイス・クロノメーター優秀規格を社内規格として採用して、とにかく上質な時計を目指して腕時計作りを続けています。初期の名作は44GSで、後のセイコーインスツルとなる第二精工舎で初めて製造したものとなります。

5振動の手巻時計として当時世界最高精度を達成した44GSは、国内外で高く評価されましたし、その後も続々と精密な腕時計を販売し続けています。デザイン的にあまり凝ったものは少ないものの、社会人としてのステイタスを高めてくれるラグジュアリー感がグランドセイコーの最大の魅力と言えます!

価格的にも手の届きやすいものが多いので、まずは社会人のスタートを切る時の腕時計として推奨できます!超高級ブランドにはない、気軽に身につけることができる点も評価したいですね。


時計王国スイスが誇るブランドIWC!

時計王国スイスが誇るブランドIWC!

出典:watchonista

時計を製造している国で思い浮かべるのはスイスですよね!実際に、スイスには多くの高級腕時計ブランドが犇めいていることで有名ですよね。その代表格がロレックスなわけですが、より庶民に近いブランドとしてIWCもおすすめです。IWCは1868年にスイス チューリッヒ近郊のシャフハウゼンで誕生したブランドです。創設者のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズはアメリカ人ですが、E・ハワード・ウォッチ・カンパニーで学んだ技術をこのIWCに注いだのです!

IWC最大の特徴として、常に新しい試みにチャレンジしている点です。ダ・ヴィンチ クロノグラフというモデルがあるのですが、このモデルは常に新技術を用いるものとして知られています。また、このパイロット・ウォッチ・クロノ・オートマティックは、大きめの文字盤で見やすく、また角度によってブルーに変化する点もオシャレさんに人気です。ビジネスにでも十分使えますよ!

そして、何よりも周りと被りにくいのが良いですね!スイスにはこんな隠れた名ブランドがあるということは、絶対に覚えておきましょう。

航空クロノグラフと言えばブライトリング!

航空クロノグラフと言えばブライトリング!

出典:watchuseek

1884年にレオン・ブライトリングが立ち上げたのがブライトリングです。実は、ブライトリングは世界で初めて腕時計を製造したブランドとして有名で、1915年にクロノグラフを発表しました。その後も、クロノグラフは進化を続け、2個のプッシュボタンでスタート/ストップとリセットを操作する機構も世界で初めて採用しています。

また、ナビタイマーを始めとして航空時計を多くデザインしているのも特徴です。航空機のパイロットは、実は腕時計に多くの機能を求めるのですが、この時計のように、航空計算尺を備えているものが必須となります。本来はより正確な時間を確認するための機能でありますが、これがデザイン的にもかっこいいので、ファッショニスタからも一目置かれているのです。

1985年に、ナビタイマーを復刻したオールド・ナビタイマーを発表して以降、今現在でもナビタイマーは進化し続けています!特に、エンジニア系の社会人には、ブライトリングを付けているだけでできる男!を印象付けることができるはずです。

イタリアとスイスの融合!パネライ

イタリアとスイスの融合!パネライ

出典:B52 Two

パネライは、ジュゼッペ・パネライが1860年に立ち上げたブランドです。元々は軍用にデザインしたクロノグラフ懐中時計を製造していましたが、1913年にラジオミールという物質の生成に成功します。ラジオミールは、硫化亜鉛と臭化ラジウム、メソトリウムを合成することでできる物質ですが、高い蛍光性があるのが特徴です。これにより、特に暗闇で任務していたイタリア海軍に愛されていました。

腕時計事業は、当初はロンジンやモバードなどのブランドを取り扱うショップからスタートし、やがて修理業に参入してそのノウハウを持って自ブランドの腕時計作りをはじめるのです。パネライの特徴は、デカ厚時計に尽きます。この時計はあまり大きいように見えないのですが、実際に付けて見るとその大きさに驚かされます!しかも、ねじ巻き部に円形のカバーが付いていて、これが良いアクセントとなっています。

更に、革製のベルトというのも渋いですね!ビジネスシーンでもカジュアルシーンでも使えるので、こんな時計を持っておくとコーディネートに困りませんね。


より個性派な時計が欲しいならジャガールクルト!

より個性派な時計が欲しいならジャガールクルト!

出典:moneyinc

より個性派な腕時計をして、他とは違う自分を演出したい!そんな欲求を満たしてくれるブランドとしてジャガールクルトがあります。1833年にスイスで誕生したブランドですが、「科学によって立つ」というコンセプトの基で、早い段階で製造ラインの構築に成功して、正確かつ大量生産できる態勢を手に入れたのです。作り出す部品も高精密なものばかりで、スイスの多くのブランドからも信頼を集めていました。

1930年に販売開始したレベルソは、今でもジャガールクルトの代名詞となるモデルです。他にも多くのモデルが有るのですが、総じて個性的なデザインとなっているのが特徴です。このグランド レベルソ カレンダーは、スクエアなデザインが個性的ですし、その中でもデイ・デイト表示、スモールセコンド、ムーンフェイズ表示を兼ね備えるなど多機能な面も魅力的です。

スーツスタイルにもベストマッチする、超個性派なジャガールクルトも検討の余地があるブランドとしておすすめします。

最後に

いかがでしたでしょうか?どうしてもロレックスなどに目が行きがちですが、密かにおしゃれなブランドってあるものですね!ブランドが人を作ることもありますが、人がブランドを引き立てるという側面もあります。ぜひ、個性的な腕時計を付けて、ブームを先取りするのも悪くありませんね!

Pocket
LINEで送る