ネクタイは顔を変える!?ネクタイの色で相手に与える印象は様々!アピールに合わせた色選びを!

Pocket
LINEで送る

ビジネスマンには必須のアイテムとしてネクタイがありますよね。ネクタイを締めるとどこか大人びた印象がありますし、心もギュッとしまった感じがするのは気のせいではないですよね。もちろん、首元が締まって息苦しさを感じるのも事実ですが、かと言ってビジネスシーンではクールビズ以外では絶対に欠かせないものとなっています。

そんなネクタイですが、種類こそそんなに多くないのですが、カラーバリエーションは非常に多く存在しているのが特徴です。自分のお好みのカラーを選んで着用するのも悪くありませんが、TPOやその日の気分でネクタイの色を使い分けるとよりファッションの幅が広がるのは間違いありません。では、ネクタイのカラーリング別にどのような印象をあたえるものなのでしょうか?

今回は、ネクタイのカラーリング別にどのようなイメージがあるのかについて解説します。この記事を読んで、明日からネクタイのカラーリングを意識してファッションを楽しんでみましょう。

ネクタイのカラーリングで遊べ!カラー別のイメージを知っておこう

ブルー系のネクタイは信頼感を与える!

ネクタイのカラーリングに迷ったら、とりあえずブルー系のネクタイを選べ!と世間一般的に言われています。それは何故かと言うと、ブルーは相手に信頼感を与えるカラーリングであるからです。一見して派手めに見えてしまいますが、実は様々なシーンで使いまわせるカラーですし、知的なイメージも持たせることができます。よって、ビジネスマンにも高い人気を誇るカラーです。

ブルーと言っても、明るめのカラーですと相手に活発なイメージを与えますし、ダークトーンのブルーの場合は少し堅物なイメージがでます。営業職の方であれば、明るめのブルーをチョイスすると、好印象を与えることができるのです。例えば、このコーディネートではかなりラフな印象があるのですが、ブルーのネクタイを着用することで一気に知的なイメージが出ますよね!メガネとの相乗効果も見逃すことができませんよね。

濃い目のブルーでも、ホワイトのストライプが入っていると少しライトに見えます。とにかく明るめのカラーすぎるくらいが、ブルーの場合は良いのではないでしょうか?

イエロー系は若々しく見られる!

中年男性ともなると、如何に若く見られるかに重きを置くものです。無理に若い女性と話を合わせてネタを仕入れても、見た目がおじさんでははっきり言って無理しているようにしか見えません!そんな時に、ネクタイに少し若い印象を与えるカラーをチョイスすると、女性の視線も確実にかわってくるのではないでしょうか?

若々しさを出すカラーとして、イエロー系のネクタイがあります。イエローには若々しさを出すだけでなく、相手を和ませる効果があることでも知られています。確かに、イエローは注意という意味合いもありますが、嫌いという人はいませんよね!この例では、ド派手なイエローのネクタイをチョイスしていますが、嫌味を全く感じさせませんね!むしろ、微笑ましい感じを与えることができるイメージですね。

もう少しビジネスライクで使うのであれば、薄めのイエローにホワイトのストライプのネクタイをチョイスすると、無理していない感じで和みの印象を与えることができます。

ブラックはクールな印象がある!

ブラックはクールな印象がある!

出典:SHOP LIST

ブラックというと、どこか冷たい印象もあるカラーですが、ポジティブに考えれば落ち着いた感じを与えるカラーです。葬儀にも用いられるカラーでありますので、少し遊び心に乏しい印象もあるのですが、クールなイメージもありますね。女性が好む男性のタイプとして、クールというものがありますが、まさしくそのイメージをそのまま表現できるカラーです。

また、スーツが基本的にダークトーンということもあり、それにマッチするのも強みですね。このネクタイはVANQUISHというブランドのネクタイなのですが、ネップ調のツイード生地を使用していることで、若々しさも出すことに成功しています。ブラックのネクタイはどこかおじさんを連想させますが、適度にホワイトを散りばめたカラーリングで、クールな中にも活発さを感じさせます。

ブラックと同様に、グレーもクールな印象があるカラーリングです。但し、無難すぎるというのが玉に瑕ですので、その点を踏まえてドット柄を入れたりして工夫して着こなすようにしましょうね。

茶色は落ち着いた男性を印象付ける!

茶色は、基本的にブルーと同じ印象のあるカラーリングとなります。人の心を落ち着かせる効果を発揮するので、信頼感を持たせるようなお仕事をされている方にぴったりなカラーリングです。また、嫌味がないので、どんな人でもコーディネートしやすいのも良いですね。一方で、堅実な印象が強すぎて堅苦しい印象もあるので、濃淡はしっかり意識して選びたいですね。

こちらは、大きめのドットが印象的なネクタイですね。シャツのカラーと実に良くマッチしている印象がありますが、注目すべきはシャツのストライプとドットの融和性の高さです。茶色以外のネクタイですと、柄がバッティングしてアンマッチな印象がでてしまいますが、うまく茶色がまとまりを出しているのです!シャツはアクティブで、ネクタイは落ち着かせる効果を出しているのも印象的です。

但し、もう少しダークなカラーのネクタイをチョイスすると、少し年老いた印象が出てしまいます。もちろん、クラシカルなコーディネートにおいては大活躍するのでしょうが、若者には少々似合わない感じですので注意してチョイスしましょう。

レッドは情熱を与える!

レッドは情熱を与える!

出典:FORTUNA Tokyo

赤は人を燃え上がらせる!誰もがそのように感じていますよね。活発な印象をより出したいのであれば、まずはレッドをファーストチョイスしたいですね。レッドには警告という意味もありますが、人とは違うんだぞ!とアピールするにもってこいのカラーリングです。特に、華やかなパーティーシーンでは、レッドカラーが映えますよね。

そんなレッドの中でも、ワインレッドともなれば落ち着いた大人の印象がありますので、ビジネスシーンでも大活躍する事間違いなしです。また、このネクタイのようにワインレッドの中にチェス柄を入れることで、ビジネスでも少し砕けた印象を出すことができます。”Enjoy the game. Fortune favours the brave.”というテーマで、遊び心を存分に出したネクタイなのです。

人によっては嫌味に感じる方もいるかもしれませんが、パーティーシーンで大活躍することは間違いありませんね!

最後に

いかがでしたでしょうか?ネクタイのカラーリング一つで、これだけ多くの印象を持たせるものなのですね。ネクタイなんて一つあればそれですべて満たされる!なんて人もいますが、しっかりカラーリングまで意識すれば、ファッショニスタにより近づけるのは間違いありませんよ!

Pocket
LINEで送る