もう迷わない!このデニム一本ですべてのシーンをカバーできる!SOLIDO(ソリード)のプレミアムモデル

Pocket
LINEで送る

既に知っている方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、
『SOLIDO -ソリード-』というブランドをご存じでしょうか?

まだまだ若いブランドで、今、勢いのあるブランドなんです。

イタリアらしいテーパードの美脚シルエットなんですが、正直キレイなシルエットのブランドは、数多く存在します。(イタリアブランドのPT01、ヤコブコーエン、シビリアなど…)
日本において、その名だたる重鎮たちにも負けず劣らずの勢いの訳、そして、老舗が多いアパレル業界で、生き残っている最もな理由は、生地開発と日本人向けに作っているということが大きな理由です。

定番生地の【度詰め天竺】という素材があるんですが、これはいわゆるスウェット生地のことです。
ただのスウェットではなく、極限まで目を詰めることで、光沢感、丈夫さが生まれ、穿き心地は、スウェットだけど、見た目は、スラックスという今トレンドである、ドレススウェットパンツのパイオニア的存在の生地なんです。
こちらが【度詰め天竺】生地使用のパンツ

度詰め天竺

そして、他には【コットンマナード】というソリードの独自開発の生地。
なんと洗えるスラックスでありながら、センタープリーツが未来永劫消えることのない、ソリードでしか作れない特別な素材なんです。
こちらが【コットンマナード】生地使用のパンツ

コットンマナード

ONもOFFもこなせるような、提案をしており、
昨今では、ジャケットやジレなどセットアップでの展開が多くなってきました。

技術の集大成!履き心地スウェットななんでも使えるデニムパンツ。

デニムパンツデニムパンツ

アイテム:ネイビー
アイテム:ブラック

「気付いたらいつも手に取っている相棒」
そんな想いのつまった一本。
ご覧の通り、デニムパンツなんですが、ノンウォッシュで仕上げているので、スラックスのようなドレッシーな着こなしも可能ですし、タイドアップスタイルももちろん。
生地はもちろんデニムなんですが、作りはワンタック、サイドポケットの仕様など、ディティールにおいては、スラックスで作り上げているからこそどんなシーンでも着こなすことができる一本を作ることができたんです。

ノンウォッシュですので、穿けば穿くほど、色落ち、あたりが出てくるんです。
これも含めて、一緒に成長していく。そんな風にあなたに寄り添う一本となっております。

そしてうれしいのは、ただのデニムではなく、スウェットのような穿き心地なんです。
スウェット×デニム、つまり【デニット】素材として、ラフに穿けますよ。

ドレスシーンの着こなし例

ドレスシーンの着こなし例ドレスシーンの着こなし例

シャツスタイルで少しエレガントな着こなしがお好きな方はこんな着こなしはいかがでしょうか?
テーパードの効いたシルエットなので、スラックスのような雰囲気で着こなせるのが特徴です。トレンドのワンタック仕様なので、お尻周りに少し余裕があり、日本人の体型にはしっくりくる形となっております。


カジュアルシーンの着こなし例

カジュアルシーンの着こなし例カジュアルシーンの着こなし例

カジュアルシーンといえば、襟なしのトップスやパーカーなどラフな着こなし、足元は軽快なスニーカーを選ぶことが多いですよね。
上記で、スラックスのディティールをたくさんお話させていただきましたが、どうですか?
カジュアルなデニムに見えませんでしょうか?
ウエスト内側にはドローコードが隠されており、カジュアルに穿く場合はドローコードを外にだし、スウェットのように穿きこなしてほしいんです。そして、デニムらしくロールアップしてあげるとよりカジュアルライクに見えてGOODです!

その他着こなし例

その他着こなし例その他着こなし例

左側のコーディネートは、少し難易度の高い、淡色を使った爽やかなコーディネート。
春夏シーズンは、重いカラーではなく、明るい色を選びますよね。
そこで間違いなく活躍するのが、2017春夏のトレンドカラーでもある「ディープブルー」を使った濃紺デニム。
全体的に淡色のコーデでまとめると軽くなりすぎるので、ボトムスでバランスをとってあげるとまとまりがでます。

そして右側は、ジャケットジレのセットアップ。
シャツを合わせてしまうとどうしてもスーツらしい着こなしになってしまうので、カットソーと足元にもスニーカー合わせで。
春のカジュアルスタイルには、ジャケット+デニムコーデが旬ですよ。

最後に

皆様いかがでしたか?
これ一本でどんなシーンでもコーディネートできてしまいます。
生デニムのような育てていく楽しみもありながら、
スウェットのように柔らかい生地でラフに気負わず穿けるなど
男のデニムとして、休日スタイルの強い味方になりそうですね。
クールビズがカジュアルになってきつつある中、ビジネスでも穿ける可能性もありますよね。
ぜひ、万能な一本としていかがですか?
武田

Pocket
LINEで送る