ゆるファッションの代名詞「ビッグシルエット」!ノームコアとも相性のいい無理しすぎない春夏ファッションにオススメ!

Pocket
LINEで送る

ゆるいというフレーズを聞くと、みなさんはどのようなことをイメージしますか?ネガティブな意味合いで使うゆるいは、生ぬるいと同義語で使用されるケースが殆どで、本来要求されていることよりも低いレベルのことを指すものです。一方で、ポジティブな意味で使用されるゆるいは、無理していないという意味で捉えられます。特に、ファッション界で使用されるゆるいは、良い意味で取られられるケースがほとんどです。

そんなゆるいという意味で、昨シーズン辺りからブレイクしているビッグシルエットファッションが、ゆるいファッションの代名詞となっています。ビッグサイズシルエットとは、その名の通り大きなサイズのファッションアイテムを指します。通常では、ジャストサイズで着るのが鉄則なのですが、あえて身幅が大きかったり着丈が長いものをコーディネートするファッションのことを言います。

今までも、ノームコアなどが流行していましたが、ビッグシルエットはまた違った発展を遂げようとしているのです!では、ビッグシルエットとは一体どのよおうなメリットを持ち、どのような違いを生み出すのでしょうか?今回は、ビッグシルエットファッションの真髄に迫っていきます!
(ビッグシルエットの詳しい解説はこちら)

ビッグシルエットで最新トレンドを先取り!

オーバーサイズシルエットとの違いは?

ビッグシルエットを語る上で、オーバーサイズシルエットとの違いを明確にする必要があります。実は明確な違いはないのですが、唯一違う点として、オーバーサイズシルエットのアイテムはベースでは通常のサイズ感で作成されているアイテムである点です。イメージ的には、通常のサイズより2サイズ程度大きなものをそのまま着用するイメージですね。

一方のビッグシルエットは、通常のサイズ感である部分だけ大きめに作られたり、長めに作られているものとなります。代表例として、着丈が異常に長いものがあります。このシャツのように、袖丈と着丈が長くデザインされているものとなっていますが、身幅は通常レベルのサイズ感ですよね。これこそがビッグシルエットなのです!

どちらもゆったりしている印象を与えますが、オーバーサイズシルエットの場合は単純にサイズ感が合っていないという印象を与えるケースもありますので、コーディネートが難しいのですが、オーバーシルエットの場合はそんなことは気にする必要はありません。


ノームコアとの違いは?

ゆる系ファッションの先輩格としてブームとなっているのがノームコア系のコーディネートノームコアとは「Normcore」という造語で、ノーマル(Normal)+ハードコア(Hardcore)をかけ合わせたものとなります。究極の普通という意味であり、とにかく無理していない感じを前面に押し出したコーディネートです。元々はアメリカで火が付いたトレンドですが、日本でも愛用者が続出中です。
(ノームコアの詳しい解説はこちら)

ノームコアは確かにゆるい感じがありますが、あくまでも背伸びしていない感じを出すスタイルなのですが、一方のビッグシルエットは相当な無理をしているファッションなのです!最終的な到達目標は同じでも、アプローチが全く異なると言えます。このビッグシルエットの例を見ても明白ですが、派手な花柄のアイテムをビッグサイズに仕立ててデザインしています。ノームコアでは、このような派手な柄はまずデザインしませんが、最終到達点であるゆるさはやはり感じられますね。

別に、ノームコアが悪いというわけではありませんし、ノームコアの中でもビッグシルエットの要素があるアイテムも多く存在しています。お互いの良さをうまく引き出して、コーディネートしたいものです。

春先はトレーナーをビッグシルエットに!

春先はトレーナーをビッグシルエットに!

出典:ZOZO

ではここからは、具体的なアイテムを例に挙げて、ビッグシルエットの魅力を伝えていきます。ビッグシルエットの基本は、トップスにあります。トップスと言っても、Tシャツやトレーナーなどのインナーで使用するアイテムをビッグサイズとして用いるケースがほとんどです。トレーナーというと、女子の場合はわざとそれが長いものを着用して、ゆるカワをアピールしていましたが、それが男性向けにアレンジさせたというイメージです。

このトレーナーはヒステリックグラマーのトレーナーです。トレーナーと言っても薄手で重ね着も容易に行えるセーターのようなアイテムになっています。昨シーズンまでですと、無地系のデザインがもてはやされていたのですが、このトレーナーのようにヒステリックグラマーの魅力を余すところなく押し出した派手めなものの方が流行するのです!

このコーディネートの場合、長い着丈っとなっていますが、あえてそれをタックインしてコーディネートしているあたりが心憎いですね。これにより、ウェスト周りにシワができるので、よりシエルエット的に他とは違う感じを押し出すことに成功しているのです。

流行のグリーンも入っているスウェット!

流行のグリーンも入っているスウェット!

出典:ZOZO

トレーナーと並んで、ゆる系ファッションには欠かすことができない素材として、スウェットがあります。スポーツミックススタイルが流行する中で、特にバスケットボール界で流行しているスウェットがもてはやされたわけですが、ビッグシルエット界でも注目の的となっています!スウェットはアメリカでも大人気アイテムですので、アメリカ版のビッグシルエットのアイテムも多いのですが、実際には日本人の体型には合わないことが多いのです。

その点で言えば、このスウェットはアメリカのブランドがデザインしたものを、ユナイテッドアローズがリデザインして、日本人にマッチしたアイテムにしているのです。よって、コーディネートし易いものとなっていますし、何よりもカラーリングに惹かれます。2017年春夏はグリーンが流行するのは間違いない状況となっています。そのトレンドをしっかり抑えている点も高く評価できるのです。

また、スウェットですので価格的にもリーズナブルなものとなっています。数色のカラーバリエーションを揃えてコーディネートするのも悪くないですよね!


シャツ?アウター?不思議な魅力を持つトップス

シャツ?アウター?不思議な魅力を持つトップス

出典:ZOZO

このトップスは、実に不思議な魅力を持ったものとなります。一見するとシャツっぽく見えるのですが、ジップは首元までしか下りません。また、トップスにしては少し薄手で寒さしのぎには少し厳しい印象を受けます。実際のところ、正解はシャツに近い着こなしをするためのアイテムとなります。素材はデニムで構成されていますが、実に伸縮性の高いものとなっているので、タイト目ではなくゆるく着こなすことができます。

カラー的にもインディゴ系でどんなスタイルにも適合させやすい物となっていますね。防寒性に乏しいように見えますが、実はBIG BILLというアウトドアブランドのアイテムなので、見た目以上に防寒性が高くこれ一枚で春先でも問題なく過ごすことができます!他にも、耐久性が高いというメリットもありますし、コートのインナーで使用してもすんなりコーディネートできる点も高く評価できます。

最後に

いかがでしたでしょうか?ビッグシルエットは間違いなくブームとなるのですが、単にゆるいだけでなくしっかりコーディネートすれば大変オシャレに見えるものです。一歩間違うと、だらしない印象を与えるリスクもありますので、戦略性を持ってコーディネートして、最新トレンドを楽しみましょう。

Pocket
LINEで送る