内羽根に外羽根?プレーントゥにストレートチップ?ドレスシューズってデザインが一杯で分からない!それぞれのデザインには想定シーンがあるんです!

Pocket
LINEで送る

社交の場では、やはりファッションには細心の注意を払う必要がありますよね。とりあえずスーツにレザーシューズを履いておけば問題ない!と考えるのはとても危険です。スーツはどんなシーンでもなんとなくフィットするものですが、シューズに関してはレザーと一括りに言っても実に種類が多く、そのシーンに応じたものをチョイスする必要があります。

社交の場で最もフィットするシューズと言えば、ドレスシューズが挙げられます。よって、ドレスシューズを履いておけばいいんだ!というわけにも行かないのです。実は、ドレスシューズの中でもジャンルが細分化されているので、ジャンル別で適用するシーンが異なってくるのです。よって、ドレスシューズにはどのような種類があって、その種類別に適合するシーンを頭に思い浮かべる必要があります。

そこで今回は、意外と知られていないドレスシューズの種類について解説し、種類別の想定シーンを紹介します。

絶対間違わない!ドレスシューズの種類別使用シーンを紹介

内羽根はフォーマルシーンで使える!

内羽根はフォーマルシーンで使える!

出典:でらでら

鳩目を乗せる革の部分が内側に隠れているものの事を、内羽根と呼んでいます。この内羽根のデザインを採用しているドレスシューズの場合、控えめな印象を与えることができるのです。また、清楚に見えるのも特徴となるので、基本的にはフォーマルなシーンで使用することを想定したデザインになります。パーティーや結婚式などで積極的に選びたいデザインなのです。

このシューズはプレディビーノというブランドのドレスシューズになります(プレディビーノの詳しい解説はこちら)。デザイン的にはスクエアな印象がありますし、単純にフォーマルシーンだけでなく、ビジネスシーンでも活躍すること間違いなしなデザインとなっています。また、カラーリングもダークブルーを採用することで、他には無い個性を演出することもできます。光のあたり具合で微妙に色合いが変化して、より青みが強調されるのも良いですね!

控えめな内羽根デザインの中でも、少し違いを出したいと思うのであれば、このようなシューズをチョイスするのもおすすめです。

外羽根は営業系の仕事に最適!

外羽根は営業系の仕事に最適!

出典:でらでら

内羽根と真逆で、鳩目を乗せる革の部分が外側に露出しているデザインの事を外羽根といいます。靴紐を解くことで、鳩目の下の革が完全露出するのも特徴的で、脱着のしやすさが魅力的です。そんな外羽根デザインのシューズの場合、開放的なイメージを印象付ける事ができるので、外回りを主に行うビジネスマンに最適なシューズと言えます。また、脱着しやすく歩きやすく、しかもデザイン的に秀逸なので営業マンにも大人気なのです。

このシューズはIL CAMPAGO(イルカンパゴ)の最新モデルになります(IL CAMPAGOの詳しい解説はこちら)。カーフレザーを更にソフトに仕上げることにより、外羽根の特徴である履きやすさをよりアップさせているのが特徴です。なんと、手で軽く力を入れて曲げるだけで、くの字に変形させることができるほど、柔軟な仕上がりになっています。硬いレザーシューズを履くと、足の自由がなくなって疲労につながるのですが、このシューズならそんな心配は必要ありません。

IL CAMPAGO(イルカンパゴ)はハンドメイドにこだわっていて、色斑をこしらえたカラーリングは他にはないゴージャス感を醸し出します。営業周りをしていても、いい意味でひと目を引くのは間違いありません!

プレーントゥはオールマイティに活躍!

プレーントゥはオールマイティに活躍!

出典:ZOZO

ドレスシューズの中でも、癖が少なくどんなスタイルにも適合させることができるのが、プレーントゥです。プレーントゥとは、その名の通りつま先に癖がなくつるっとしているのが特徴です。逆に言えば個性がなく目立たないとも言えるのですが、ドレスシューズ選びでお困りであれば、まずは入門編としてプレーントゥを選ぶと良いでしょう。

こちらはBUTTERO(ブッテロ)のプレーントゥシューズです。BUTTERO(ブッテロ)の代表モデルであるBROKEとCADORNAの良いとこどりでデザインされているシューズとなっています。かかと部分がシャープにシェイプアップされているので、パーティーシーンでも問題なく使用できますし、カジュアルなシーンでも大活躍間違いなしなのです。

BUTTERO(ブッテロ)の得意分野である、ウォッシュ加工をかけたベジタブルなめしの牛革を採用することで、他にはないオリジナリティを感じさせますね。どんなシーンでも必ずや活躍してくれること間違いなしですね!

ストレートチップはよりフォーマルシーンで!

ストレートチップはよりフォーマルシーンで!

出典:でらでら

ストレートチップはつま先に横一文字のラインが入ったシューズの事を言います。ストレートチップは、最もフォーマルシーンで活躍するシューズとして有名であり、就職活動や冠婚葬祭など礼儀を重視する場所に適したものとなっています。逆に言うと、パーティーなどで履くと、お固い印象が強くなるのであまり適しているとはいえません。

こちらはPREDIBINO(プレディビーノ)の大定番モデルになります(プレディビーノの詳しい解説はこちら)。ストレートチップで内羽根となっているので、フォーマルシーンのために生まれたシューズと言っても過言ではありません。PREDIBINO(プレディビーノ)はハンドメイドの生産にこだわっていて、独特な色彩があるので、ちょっとした社交の場であればスマートに履きこなすことができます。

コルクやフェルトなどのクッション材を入れたインソールを採用することで、履き心地も抜群です。また、通気性の良さも確保しているので、長持ちしやすいのも素晴らしいですね。

ウィングチップは個性をアピールしたい場合に便利!

ウィングチップは個性をアピールしたい場合に便利!

出典:ZOZO

ウィングチップはメダリオンが翼のようにWの形にデザインされているのが特徴です。かなり個性的なデザインとなりますので、パーティーシーンでは間違いなく目立つことができます!ビジネスシーンでもコーディネート次第では使えるのですが、流石に冠婚葬祭や就職活動では場違い感がでてしまいますので、TPOに特に気を付けたいモデルとなります。

Crockett&Jones (クロケット&ジョーンズ)のこのシューズは、ウィングチップにしては控えめな印象があります。ただ、よく見るとシューズ前面に模様を入れているので、他とは違う個性が感じられます。Crockett&Jones (クロケット&ジョーンズ)は、デザインの良さも然ることながら、足を保護するシューズづくりを意識しているのです。よって、足への疲労を最小限に食い止めるデザインを採用しているのも評価できます。

しっかり戦略性を持って履けば、間違いなくドレスシューズの中で最もオシャレなデザインであることは間違いありません!

最後に

いかがでしたでしょうか?ドレスシューズと一概に言っても、これだけの種類があるのには驚きですよね!実は、まだまだ種類があるのですが、それぞれに個性があってうまく使い分けることが重要になります。一方で、プレーントゥのように癖が少なくどんなスタイルにも合わせやすいものもあるので、まずは自分の使用するシーンを想像して、それに似合ったドレスシューズを選ぶようにしてくださいね。

Pocket
LINEで送る