ブリーフケース、アタッシュケース、ドクターズバッグ…デキる男はしっかり選ぶ!ビジネスシーンでぜひ使いたいビジネスバッグをご紹介

Pocket
LINEで送る

「デキる男」っていう言葉って、とても惹かれるものがありますよね!デキる男はかっこよく、仕事もスマートにこなす印象があります。女性にもモテて、人生何一つ苦労していないイメージがありますが、実はその裏には絶え間ない努力をしている人が多いのです。例えば、ファッション一つ取っても、細部にまでこだわりを見せているものなのです。

ビジネスシーンでデキる男と言えば、身なりがきちっとしていて、全く隙を見せないものです。例えば、スーツは細部のディテールに拘りますが、バッグにも強いこだわりを見せているのです。それは、まずはバッグの種類一つからも見て取れ、アタッシュケースやドクターズバッグなどもスマートにコーディネートに溶け込ませ、イケてる男性を演出するのです。

そこで今回は、デキる男こそこだわりたい、ビジネスバッグを5つに厳選して紹介していきます。これを読めば、おしゃれを磨くだけでなく仕事でもデキる男を印象付ける事ができるはずです。

デキる男はビジネスバッグにもこだわる!オススメのビジネスバッグ5選

ナチュラルレザーにグッとくる!Felisi(フェリージ)の定番ブリーフケース

ナチュラルレザーにグッとくる!Felisi(フェリージ)の定番ブリーフケース

出典:Felisi

ブリーフケース界で知らない人はいないほどのブランドとして、Felisi(フェリージ)があります。Felisi(フェリージ)は1973年にイタリアのフェラーラで創業したブランドで、革職人が多く結集しているブランドです。よって、Felisi(フェリージ)が作り出すアイテムは、上質で使いやすいレザーアイテムが中心となります。もちろん、その代表がブリーフケースというわけです。

Felisi(フェリージ)の定番とも言えるこのバッグは、最高峰のタンナーで丁寧に鞣されているナチュラルレザーを採用しています。よって、びっくりするくらいの柔軟性がありながらも、耐久性に優れているのです。デイリーユースとなると、どうしても使っていて破損が目立ったりするのですが、このナチュラルレザーはそんな心配ご無用です。

また、シルクに近い光沢を持つナイロンを使用しており、見た目も非常にゴージャスでクールな印象です。スリムでかっこいいのですが、それだけでなく大ポケット、小ポケット、マチ付きポケット、フラップ付きポケット、ペンポケットを内側に配置しているので、想像以上に収納力がある点も高く評価できます。持っているだけでも自慢できるような、一生モノのバッグとしておすすめできます。


独特なカラーリングにも注目!Orobianco(オロビアンコ)のブリーフケース

独特なカラーリングにも注目!Orobianco(オロビアンコ)のブリーフケース

出典:Orobianco

同じくブリーフケースをメインに据えているバッグ系ブランドとして、Orobianco(オロビアンコ)も有名です(Orobiancoの詳しい解説はこちら)。イタリアの熟練した職人がその腕を惜しみなく披露して製造したOrobianco(オロビアンコ)のバッグは、大人の男性を強く印象付けます。made in Italyの心意気を感じつつ、スマートに使用するのが、Orobianco(オロビアンコ)との正しい付き合い方といえます。

DUPLIKA-Gというモデルになりますが、見た目は非常にスマートで、日常使いに向いていそうですよね。ただ、圧倒的な収納力があるので、下着なども余裕で収納できます。よって、ちょっとした出張にも全く問題なく使用できるのが特徴です。リモンタ社製のナイロン生地を使用しており、スタイリッシュな印象の中にも大人の味わい深さを兼ね備えています。

また、Orobianco(オロビアンコ)の代表カラーと言えるネイビーのカラーリングが印象的です。ブラックのバッグも悪くありませんが、密かな注目を集めること間違いなしなネイビーを自慢げに選ぶのが、Orobianco(オロビアンコ)では正解なのです。

あのロナウジーニョも愛用!ビジネスでも一線級なゼロハリバートン

世界的なサッカー選手である、ブラジルのロナウジーニョをイメージキャラクターに据えているのが、ゼロハリバートンです。ロナウジーニョと言えばカジュアルなファッションに身を包んだ選手ですが、それとは裏腹にゼロハリバートンはビジネスシーンでも使えるアタッシュケースも続々とデザインしており、密かな人気を呼んでいます。

ZRP-AⅡと呼ばれるこのモデルは、ポリカーボネート樹脂を使用したアタッシュケースです。樹脂と言えば見た目がいまいち・・・と思いがちですが、ポリカーボネート樹脂の場合は透明性も高いので、高級な印象があります。また、衝撃にも非常に強く、アタッシュケースの弱点である衝撃によるへこみも心配する必要がありません。

取っ手部分は、四角く縁取られていますが、持ちやすく疲れにくい工夫がされています。ケースの内部には、多くのポケットを兼ね備えていて、ペンケースも付属しています。日々のビジネスシーンでも、こんなにかっこよいアタッシュケースを持っていれば、間違いなく注目を集める事でしょう!

これは意外?吉田カバンはドクターズバッグもデザインしている!

これは意外?吉田カバンはドクターズバッグもデザインしている!

出典:吉田カバン

吉田カバンと言えば、ビジネスバッグも多くデザインしているのですが、ドクターズバッグもラインナップに入れているのです!これは少し意外ですが、実物を見ると、さすがのクオリティに仕上がっています!エンボス加工レザーを使用することで、しなやかなイメージを付けることに成功しています。水面を連想させる型押をすることで、上質なイメージもアップさせています。

ドクターズバッグの場合、底をフラットにして地面に置いても倒れないようなデザインを採用しています。このバッグも、どんなに荷物を収納しても床置できるのも魅力の一つです。更に、切り目の革を重ね合わせてから縫い上げているので、とにかく丈夫でほつれる心配などありません。フロントには施錠できるバックルを採用することにより、セキュリティ面でも高いレベルにあるのです。

いい意味で吉田カバンらしくない、より大人が嗜好するデザイン性に魅力を感じますね。重量も軽めになっているので、ついつい使いたくなる魅力的なバッグなのです。


デキる男はリュックサックもスマートに!

リュックサックはビジネス界では似つかわない印象もあるのですが、デザイン次第ではビジネスでも問題なく使用できます。むしろ、デキる男感が一層増して、かっこよく見えるのです。そんなビジネス系のリュックサックを多くデザインしているブランドとして、MANHATTAN PASSAGE(マンハッタン・パッセージ)があります。

このバッグはLux2というモデルですが、シティーバッグと命名されているだけあって、一見するとカジュアルなバッグになっています。高密度ナイロンを採用することで、抜群の撥水性を誇ります。リュックサックと言えば、どうしても雨などに濡れてしまうものですが、これなら安心ですよね!しっかりとノートパソコンを収納できるスペースを確保したり、ガジェットも入れるポケットの採用により、ビジネスシーンでも大活躍する事間違いなしです。

最後に

いかがでしたでしょうか?ビジネスバッグにも様々な種類があって、それぞれに特徴が異なります。一概にビジネスと言っても、意外と多くのジャンルがあるものです。よって、そのジャンルに応じて、今回紹介したようなビジネスバッグを自身の使用するシーンに応じて、柔軟にチョイスすることが重要ですよ!

Pocket
LINEで送る