ゾックゾクしちゃう?買い物をする前に絶対やっておくべき7つのこと〜リアルショッピング編〜

アイキャッチ
Pocket
LINEで送る

イケてるメンズを目指すみなさん!お買い物、していますか?

季節の変わり目だし、新しい服を買おうかな
今年はベージュのコートが欲しい
定番のニットだけは抑えておきたい!

お買い物欲がゾクゾク沸き上がってくる秋から冬の季節。自然と重ね着が多くなって、一年の中でもファッションが楽しい季節ですよね。

ファッションを楽しむために、まずはお買い物を楽しみたいものです。今回は、「準備が買い物を10倍楽しくする!買い物をする際にやっておくべきポイント」を7つにまとめました。これから服を買おうと考えている人、要チェックです!

買い物をする際にやっておくべき7つのこと!

1:買い物の前に、欲しいものを決めておけ!

アイテム
photo by pinterest)
買い物をする際によく陥りがちなのが、「漠然と買い物に行き、何も買わないこと」。何も買わないことは、悪いことではありませんが、「せっかく買い物に来たのだから」と大して欲しくもないアイテムを買ってしまう、ということに繋がる恐れがあります。

そんな時、あらかじめ欲しいアイテムをいくつか考えておくことで、買い物をスムーズにすることができますよ。
もちろん衝動買いもアリですが、抑えておきたいポイントです。

2:予算を決めよう!

財布
いざ、「コートが欲しい!」と決めたとしても、比較的安価なコートから、超高級なコートまでさまざまな値段感のアイテムがあります。買い物に行く前には、自分のお財布と相談をしておきましょう。

また、ここでderamagaアドバイス。欲しいアイテムの予想金額と、「ここまでなら出せる!」という金額を決めておくと、予想外の出費を防ぐことができますよ。

3:行きたいスポット、ショップを絞っておこう!

ショップ内
photo by pinterest)
欲しいアイテムが決まり、予算も決まったところで、買い物に行くスポットショップを絞りましょう。ブランドによっては、アイテムによって得意不得意があるので、欲しいアイテムが決まったところで買い物に行くショップを決めると効率的です。雑誌やインターネットなどでリサーチし、お店の新規開拓をするのもおもしろいですね。

4:取り置きが最強の術!?

取り置き 服
photo by pinterest)
買い物に行く際、必ずと言っていいほど訪れる、「この服は買う?買わない?」という迷い。

あの時買っておけば……」「あの時買わないでおけば……

と後悔したことはありませんか?
そんな時おすすめなのが、「取り置き」をしてもらうこと。お店の人に取り置きをしてもらい、他のお店に行って同じアイテムを比べたり、冷静になって考える時間を持ちましょう。

※お店によって取り置きができないお店があります。

5:ショップ店員は、上手に利用せよ!

ショップ店員
(photo by pinterest)
ショップ店員と話すのが苦手」という人がいると思いますが、ショップ店員はファッション好きな人ばかりです。お店の売れ筋や、今季のおすすめ商品などを尋ねると、快く教えてくれますよ。

また、ショップ店員は、そのお店の商品を着用していることが多いです。そのため、ショップ店員のコーデを参考にするというのもよいかもしれませんね。
ショップ店員を上手に利用して、お互いwin-winになりましょう。

6:素材を肌で感じよう

服 裏地
photo by pinterest)
リアルショッピングでのよいところのひとつは、実際に商品に触れられること。品質表記や裏地の良さ、素材などをチェックしつつ、肌感覚で良さを判断しましょう。良いアイテムは、素材までこだわっているということを、肌で感じることができますよ。

7:試着しやすい服装、買いたい服に合わせたい服を着ていこう

白シャツ
photo by pinterest)
長く着たいものは、何度も試着して、念入りに選びたいですよね。そんな時、着替えにくい服装をしていると、なかなか試着しにくいもの。わざわざネクタイをはずすようなことが起こらないように、試着しやすいアイテムを身につけておきましょう。

そして、試着しやすいということを意識するだけでなく、買いたい服に合わせたい服や、比較的合わせやすいジーンズ白Tシャツなどを着ていくことで、コーデをつくりやすいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「服が欲しい!と思い立ったが吉日!」とすぐに買い物に向かうのではなく、長く着られるお気に入りの一着を手に入れるために、7つのポイントをおさらいしてからお買い物をしてみてください。きっと最高のアイテムに出会えるでしょう。

また、今回の記事はリアルショッピング編ですが、気になるネットショッピング編も紹介する予定ですので、期待していてくださいね。

(でらマガ編集部)

Pocket
LINEで送る