ダウンジャケットで遊び心を!一風変わったデザインが特徴のダウンジャケットブランド5選

d0b6afb48837be7aee8c12a77cde8627
Pocket
LINEで送る

ダウンジャケットは冬に欠かすことができないマストアイテムとして人気が高いですよね。まるで羽毛布団に包まれているかのような暖かさがありつつ、軽く作られているので着ていても負担になりにくいのが特徴です。更には、リーズナブルな価格設定となっているものが多いので、複数キープしておいて着回すこともできますよね!もう冬はダウンジャケットしか着ない!という方も多いのではないでしょうか?

そんなダウンジャケットですが、決まりきったパターンがある一方で、個性的なデザインを採用したダウンジャケットも稀に見られます。普通のダウンジャケットじゃあつまらない!と言わんばかりに、個性的なデザインのものばかりリリースしているブランドも存在しています。では、どんなブランドが個性的なダウンジャケットをデザインしているのでしょうか?

今回は、あまり見られない面白いデザインのダウンジャケットと、それをデザインしているブランドについて紹介します。

見ていて楽しい!個性的なダウンジャケットをデザインするブランド5選

メジャーなMONCLER(モンクレール)も個性的なダウンを!

メジャーなMONCLER(モンクレール)も個性的なダウンを!

出典:Pinterest

フランスが世界に誇るブランドであるMONCLER(モンクレール)ですが、スタンダードなダウンジャケットが多い印象です。ただ、中には他では見られないような超個性的なダウンをデザインして、ファンのハートをガッチリ掴んでいる印象です。今シーズンのモデルでも、このダウンのようにまるでジャケットのようなデザインを採用しているのが印象的です。

反り襟を付けることで、一見ジャケットに見えますが、二重構造でしっかり首元までサポートしているので、暖かさが半端ないのです!ダウンフェザーをこれでもかと充填していますが、決してボリュームがありすぎる感じではなくスッキリしたデザインをキープしています。撥水性の高いナイロンを使用することで、雪の降りしきる中でも何も気にすること無く着ることができますよ!

クラシックブレザーと位置づけされていますが、これはダウンジャケットそのものです!寒い冬で個性的なアイテムをお望みであれば、こんなダウンジャケットはいかがでしょうか?

上品な迷彩柄が印象的!Isaora(イサオラ)

上品な迷彩柄が印象的!Isaora(イサオラ)

出典:SSENSE

Isaora(イサオラ)は、アメリカで誕生したブランドです。2009年に誕生とまだまだ新しいブランドですが、既に個性的なアイテムが多くファッショニスタから認知されているのです。アドバンスドスポーツウェアを作らせたら天下一品なブランドですが、ダウンジャケットにもスポーティーなテイストと個性的なデザインを上手く有効させているのです。

このダウンジャケットは、ブロックが細かくスッキリした印象を強く持ちますね。そこに、カモフラージュプリントを入れることで、遊び心満載の逸品に仕上がっています。適度に入ったシルバーもすごく渋くてかっこいいですね!スタンドカラーとなっていて、ジャケット的な着こなしも可能ですが、短めのカラーなので嫌らしさも感じません。どうしても寒いと感じれば、マフラーをコーデすればこのダウンジャケット自体も更に引き立てることができるでしょう!

適度な身丈とボリュームであり、ちょっとしたお出かけにも最適なアイテムです!更にアウターを着込むこともできそうですね。

カナダグースのブルーダウンは枕としても!

カナダグースのブルーダウンは枕としても!

出典:Pinterest

カナダグースは1957年にカナダのトロントで誕生したブランドです。トロントと言えば、繊維産業が盛んな地区として知られており、必然的にハイレベルなファッションアイテムが多いのです。エべレスト登山隊や南極探検隊が使用するウェアを提供していることでも有名で、圧倒的な防寒性の高さを誇ります。そんなカナダグースのダウンジャケットも、実に個性的なのです。

このダウンは、ブルーカラーが印象的ですね!嫌味のない光沢も実感でき、よりオシャレ感が見られますね。その中で、極寒の地でも耐えることができるテクノロジーを数々採用しているのです。腰回りには、防寒防風性向上のためのドロップテイルを採用したり、首部分には2方向に調節可能なトンネルフードを採用することで、風から顔を保護することもできます。

更には、ジッパー付き内ポケットに本体を収納できるので、丸めれば枕としても利用することができます!一石二鳥とはこのことを言いますね!アウトドアでも大活躍すること間違い無しのアイテムに仕上がっています。

ロッキーマウンテンのデニムダウン?

ロッキーマウンテンは、かつて存在したロッキーマウンテン フェザーベッドというブランドの復刻ブランドです。ダウンジャケットを中心的に展開していたブランドですが、その流れをロッキーマウンテンも引き継いでいるのです。ダウンベストが中心となりますが、その他にはこのようなデニム系のダウンカーディガンもラインナップしているのです。

日本人デザイナーらしく、デニムに関しては岡山デニムを採用することで、深みのあるカラーリングが実現しています。その中で、裏地には特注の70デニールのナイロンを使用することで、見た目以上に暖かさがあるのです。使用するダウンはヨーロッパ産の撥水ダウンを採用し、軽さとふわふわ感をいつまでもキープすることができます。

単なるカーディガンとして使用するにはもったいなさすぎます!ダウンジャケットとして、ヘビーローテーションで使用するのが正解です。更に色落ちが進めば、より違ったスタイルを楽しむこともできそうです。

ニットを上手く配合!DUVETICA(デュベティカ)

ニットを上手く配合!DUVETICA(デュベティカ)

出典:DUVETICA

DUVETICA(デュベティカ)は、イタリアのダウン職人が集まって立ち上げたブランドです。よって、ハイセンスでレベルの高いアイテムが多く、ファッショニスタからも高く評価されています。そんなDUVETICA(デュベティカ)の中でも、個性的なアイテムとして認識されているのが、ドラウグルインというモデルです。

前面から見ると、普通のダウンジャケットのように見えますが、腕や背面を見るとニットを全面に押し出しているのがわかります。ダウン部分と違和感なく融合させている当たりが、DUVETICA(デュベティカ)のレベルの高さを伺わせます。フード付きのモデルですが、フードトップまでジップがついているので、顎までしっかりジップを上げれば冷風をシャットアウトすることができますね!

裏地には大きめのポケットが付いているのも特徴です。今のトレンドである長財布を収納できるだけでなく、スマートフォンを入れてもまだまだ収納が可能です。実用的な感じも最高で、使い勝手が良い逸品に仕上がっています。

最後に

いかがでしたでしょうか?ダウンジャケットにはこれだけの種類があるとは結構意外ですね。単に奇抜というわけではなく、しっかり最新のファッションコーデの中心として吸えることができるものばかりです。冬はまだ始まったばかりですので、今からダウンジャケットを探して購入しても遅くありません!今回紹介したブランドを中心に探してみてることをおすすめします。

Pocket
LINEで送る